組み込み ID プロバイダでのサービスの認証方法を構成します。

次の認証方法はコネクタを必要としません。[ID とアクセス管理] > [認証方法] ページで認証方法を有効にして構成し、組み込み ID プロバイダに認証方法を関連付けます。

  • Workspace ONE UEM の外部アクセス トークン
  • iOS 版モバイル SSO
  • 証明書 (クラウド デプロイ)
  • AirWatch コネクタを使用するパスワード
  • 二要素認証のための Workspace ONE Verify
  • Android 版モバイル SSO
  • Workspace ONE UEM とのデバイス コンプライアンス
  • パスワード(ローカル ディレクトリ)

認証方法を有効にしたら、これらの認証方法に適用するアクセス ポリシーを作成します。

組み込み ID プロバイダに関連付けられた認証方法を無効にする

[認証方法] ページから構成された認証方法を無効にすることができます。認証方法が任意の ID プロバイダに関連付けられている場合、認証方法を無効にすると、認証方法はその ID プロバイダで無効になります。また、認証方法はすべてのアクセス ポリシー ルールのオプションとして削除されます。

重要: 無効にした認証方法がアクセス ポリシー ルールで構成されていた場合は、アクセス ポリシー ルールを更新して別の認証方法を選択する必要があります。アクセス ポリシー ルールを更新しないと、ユーザーがアプリのポータルにログインできない、またはリソースにアクセスできない可能性があります。

特定の組み込み ID プロバイダの認証を無効にするには、組み込み ID プロバイダの構成ページで、関連付けられた認証方法のボックスをオフにします。