Workspace ONE Access でローカル ディレクトリを ID プロバイダと関連付け、そのディレクトリのユーザーを認証できるようにします。タイプが [組み込み] の新しい組み込み ID プロバイダを追加し、そこでパスワード(ローカル ディレクトリ)による認証方法を有効にします。

前提条件

パスワード (ローカル ディレクトリ) の認証方法を、[ID とアクセス管理] > [認証方法] ページで構成する必要があります。

ローカル ユーザーが設定できる定義済み IP アドレスのネットワーク範囲。

手順

  1. [ID とアクセス管理] タブで、[ID プロバイダ] タブをクリックします。
  2. [ID プロバイダを追加] をクリックして、[組み込み IDP を作成] を選択します。
  3. 以下の情報を入力します。
    オプション 説明
    ID プロバイダ名 ID プロバイダの名前を入力します。たとえば、「Local Users」のようになります。
    ユーザー 作成したローカル ディレクトリを選択します。
    ネットワーク この ID プロバイダにアクセス可能なネットワークを選択します。
    認証方法 [パスワード(ローカル ディレクトリ)] を選択します。
    KDC 証明書のエクスポート Workspace ONE UEM により管理される iOS デバイスに対しモバイル SSO を構成していない限り、証明書をダウンロードする必要はありません。


  4. [追加] をクリックします。

結果

ID プロバイダが作成され、ローカル ディレクトリと関連付けられます。後で ID プロバイダでその他の認証方法を構成できます。

同一の ID プロバイダを複数のローカル ディレクトリに使用できます。

次のタスク

ローカル ユーザーとローカル グループを作成します。Identity Manager コンソールの [ユーザーとグループ] タブで、ローカル ユーザーとローカル グループを作成します。詳細については、Workspace ONE Access でのユーザーとグループの管理を参照してください。