従業員が Workspace ONE Intelligent Hub を使用して、Hub サービス コンソールから企業のリソース、チーム、およびワークフローにアクセス、検出、および接続する方法を設計および設定します。Web ブラウザで Workspace ONE® Intelligent Hub アプリケーションまたは Intelligent Hub ポータルを使用して、これらのリソースにアクセスします。

Workspace ONE Access コンソールの [カタログ] > [Hub の構成] タブから Hub サービス コンソールに移動します。

Workspace ONE Access 20.10 のオンプレミス展開からは、オンプレミス展開で Hub サービス機能を利用できます。この表は、クラウドおよびオンプレミス展開で利用可能な機能を示しています。

表 1. Workspace Cloud と Workspace ONE Access オンプレミス展開の Hub 機能
Hub 機能 クラウド展開の可用性 Workspace ONE Access のオンプレミス展開の可用性
統合された利用可能な p カタログ はい はい
通知 はい はい*

* Workspace ONE Mobile Flows はオンプレミス展開では使用できません。

People Search はい はい
従業員のセルフサービスによるサポート はい はい
Hub 仮想アシスタント はい いいえ
[カスタム] タブ はい はい
ブランディング はい はい
テンプレート はい いいえ
新しい採用案内の導入 はい いいえ

Hub カタログ

Hub カタログは、Workspace ONE Access サービスで使用される Hub サービスのコンポーネントであり、ユーザーが Web アプリケーションや仮想アプリケーションにアクセスするための単一の宛先を提供します。

カタログ ページのレイアウトを調整することで、ユーザーが Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションおよび Hub ポータルからアプリケーションを検索することが容易になります。[アプリケーション] タブには、[新しいアプリ]、[推奨]、および [カテゴリ] セクションが表示されます。[アプリケーション] タブのビューをカスタマイズして、プロモーションやお気に入りなどのセクションを表示できます。アプリケーションの評価機能を有効にすると、ユーザーがサムアップとサムダウンのアイコンをクリックして、アプリケーションを評価できます。

Hub サービスでの Hub カタログの設定を参照してください。

通知

Hub サービスの通知サービスは、リアルタイムの通知を生成し、従業員に提供するために設計されたクラウドホスティング サービスです。Hub サービスでは、組織内の選択されたグループに送信するための情報と実行可能なカスタム通知を作成できます。

この機能を有効にして、毎週の新しいアプリケーション通知をすべての従業員に送信できます。

ユーザーは、Workspace ONE Intelligent Hub のアプリケーションおよび [ユーザー] タブの Hub web ポータルで、通知を受信して表示できます。アクションを実行するか、通知を破棄して、[履歴] セクションに移動することができます。

プッシュ通知が有効になっている場合、ユーザーは通知を受信するために Intelligent Hub アプリ内に存在する必要はありません。

Workspace ONE Access オンプレミス展開で Hub サービス通知サービスのプッシュ通知機能を使用するには、Workspace ONE Access をクラウド通知サービスに手動で登録する必要があります。Workspace ONE Intelligent Hub でプッシュ通知を使用するために証明書をプロビジョニングする方法(オンプレミスのみ) を参照してください。

注: Workspace ONE Mobile Flows は、Workspace ONE Access のオンプレミス バージョンとの統合には使用できません。

Workspace ONE Hub サービスでの Hub 通知サービスの使用を参照してください。

人員

Hub サービスの People サービスを使用すると、ユーザーは、Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションまたは Hub ポータルの [ユーザー] タブから同僚を検索したり、ユーザーの詳細および組織図を表示したりできます。

Workspace ONE Intelligent Hub で People サービスを使用するには、[Workspace ONE Access カタログ] > [設定] ページで People Search 機能を有効にします。次に、People Search 結果に表示するユーザー プロファイル属性を選択します。属性は、対応する Active Directory 属性にマッピングされます。Workspace ONE Access ディレクトリは、Active Directory と同期するときにこの情報を使用して更新されます。

Workspace ONE Access でユーザーを設定するには、Workspace ONE Access での People Search の設定を参照してください。

従業員のセルフサービスによるサポート

Hub サービスの [従業員セルフサービス] ページでは、Workspace ONE Intelligent Hub で利用できるセルフサービス サポートのタイプをカスタマイズできます。

セルフサービス サポート タブへ役立つリンクを追加して、基本的なデバイス管理タスクの実行、問題の調査、および問題の解決方法について、ユーザーに対して支援および教育を行うことができます。

Hub サービスでの Intelligent Hub 従業員のセルフサービス機能の構成を参照してください。

Intelligent Hub アプリケーションをカスタマイズし、カスタム タブを追加します。

ブランディング デザインをカスタマイズして、Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーションおよび Hub ポータルで会社のロゴと会社の色を表示することができます。

デバイスの Workspace ONE Intelligent Hub アプリケーション ビューにカスタム タブを追加できます。カスタム タブを構成して、共有したい会社のリソースにユーザーを送信することができます。

注: [Workspace ONE Access コンソールのブランディング] ページからログイン画面をカスタマイズします。 Workspace ONE Access ブランディングのカスタマイズ を参照してください。

Hub サービスから Intelligent Hub レイアウトをカスタマイズを参照してください。

テンプレート(クラウドのみ)

Workspace ONE Cloud テナントとして、さまざまな機能と設定を持つ Hub テンプレートを作成して、Workspace ONE Intelligent Hub での厳選されたエクスペリエンスを実現できます。テンプレートに Workspace ONE Access ユーザー グループを割り当て、そのロール、場所、またはその他の条件に基づいてユーザーをグループ化することができます。

Workspace ONE Intelligent Hub の Hub サービス設定の初期構成は、グローバル レベルの設定です。ユーザーのニーズを満たすように、グローバル Hub サービス設定を構成します。ユーザーがグローバル構成とは異なる Workspace ONE Intelligent Hub 機能を必要とする場合は、テンプレートを作成します。Hub テンプレートを使用して、ユーザーのさまざまな Workspace ONE Intelligent Hub エクスペリエンスを設定するを参照してください。

Hub 仮想アシスタント(クラウドのみ)

Hub サービスの仮想アシスタントは Hub Assistant と呼ばれており、クラウド展開環境に展開して、従業員のセルフサービスツールを提供するためのデジタル チャットボットです。Hub Assistant のチャットボットは、一般的なワークフローを完了し、会社に関するよくある質問に対する回答を得るための魅力的な会話環境を、従業員に提供します。Hub Services Console で Hub Assistant を有効にすると、ユーザーは Intelligent Hub アプリケーションおよび Web ブラウザから仮想アシスタントにアクセスできます。

ユーザーは、Hub Assistant と対話して、ServiceNow ヘルプ チケットを開いて追跡し、福利厚生や会社のポリシーに関する質問への回答を得ることができます。Hub Assistant をすぐに使用することも、Hub Assistant をトレーニングして独自の内部ワークフローを構築することもできます。Workspace ONE Hub サービスでの Hub 仮想アシスタントのセットアップを参照してください。