Workspace ONE Access アプライアンスのインストール時に、デフォルトの SSL サーバ証明書が自動的に生成されます。実装環境に関する一般的なテストにこの自己署名証明書を使用できます。

CA は、証明書とその作成者の身元を保証する信頼された機関です。証明書が信頼できる CA によって署名されていれば、ユーザーは証明書の検証を要求するメッセージを受け取ることはなくなります。

[アプライアンス設定] > [構成の管理] > [SSL 証明書のインストール] > [サーバ証明書] ページで、署名された CA 証明書をインストールできます。

Workspace ONE Access を自己署名の SSL 証明書を使用して展開する場合は、Workspace ONE Access サービスにアクセスするすべてのクライアントがルート CA 証明書を信頼できる CA として使用できるようにする必要があります。この場合のクライアントには、エンド ユーザーのマシン、ロード バランサ、プロキシなどが含まれます。ルート CA は、[SSL 証明書のインストール] > [サーバ証明書] ページからダウンロードできます。

Workspace ONE Access Connector のインストール時に、デフォルトの自己署名 SSL 証明書が生成されます。ほとんどのシナリオでは、この自己署名証明書を引き続き使用することができます。コネクタの署名付き SSL 証明書は、コネクタ管理ページ (https://connectorFQDN:8443/cfg/login) からインストールできます。