Workspace ONE Access で特定の日付内のアクションのタイプなど、ユーザーに関連するイベントをリストする監査イベント レポートを生成できます。この機能は、トラブルシューティングの際に役立ちます。

手順

  1. Workspace ONE Access コンソールで、[レポート] > [監査イベント] を選択します。
  2. 監査イベントの条件を選択します。
    監査イベントの条件 説明
    ユーザー このテキスト ボックスを選択して、監査イベントの検索を特定のユーザーによって生成された対象に限定します。
    タイプ このドロップダウン メニューでは、監査イベントの検索を特定の監査イベント タイプに限定できます。ドロップダウン メニューには、可能性がある監査イベント タイプが必ずしもすべて表示されるわけではありません。リストに表示されるイベント タイプは、自身の展開環境で発生したことがあるイベント タイプだけです。LOGIN、LAUNCH など、すべて大文字で表示されている監査イベント タイプはアクセス イベントであり、これらでデータベースが変更されることはありません。その他の監査イベント タイプはデータベース内に変更をもたらします。
    操作 このドロップダウン メニューでは、検索対象を特定の操作に限定できます。リストには、データベースに特定の変更を加えるイベントが表示されます。[タイプ] ドロップダウン メニューでアクセス イベントを選択したら、それは操作イベントではないことを表すため、[操作] ドロップダウン メニューで操作を指定しないようにします。
    対象 このテキスト ボックスでは、検索対象を特定のオブジェクトに限定できます。オブジェクトとしては、グループ、ユーザー、デバイスなどがあります。オブジェクトは、名前または ID で特定されます。
    日付の範囲

    これらテキスト ボックスでは、「___ 日前から ___ 日前まで」の形式で検索対象を日付範囲で限定できます。最大の日付範囲は 30 日です。たとえば、90 日前から 60 日前は有効な範囲ですが、90 日前から 45 日前は最大範囲の 30 日を超えているので無効な範囲です。

    1 万レコードは、1 回の監査レポートでエクスポートできるレコードの最大数です。1 万件未満のレコードが生成された日付範囲をエクスポートし、結果を組み合わせます。

  3. [表示] をクリックします。
    指定した条件に従って、監査イベント レポートが表示されます。
    注: 監査サブシステムの再起動時に、監査イベント ページにエラー メッセージが表示され、レポートが生成されないことがあります。レポートが生成されないことを示すそのようなエラー メッセージが表示された場合は、数分待ってからやり直します。
  4. 監査イベントの詳細については、その監査イベントの [詳細の表示] をクリックして参照してください。