Workspace ONE UEM のアップグレード手順を開始する前に、SQL データベースが正しく構成されていることを確認します。ここでは、SQL ユーザーにデータベースの db_owner ロールが選択されていることを確認する方法について説明します。

手順

  1. SQL Server Management Studio を開きます。
  2. Workspace ONE UEM データベースが含まれる DB サーバにログインします。
  3. Object Explorer で [セキュリティ] > [ログイン] > [<データベース ユーザー名>] の順に選択し、右クリックして [プロパティ] を選択し、DB ユーザーを確認します。
  4. [サーバ ロール] タブに進みます。サーバ ロールを [パブリック] に設定します。
  5. [ユーザー マッピングAirWatch によりサポートされる ] は、Workspace ONE UEM データベースを選択します。次に、[db_owner] 役割を選択します。正常なインストールのためには、Workspace ONE UEM データベース スクリプトを実行する予定の SQL ユーザーにデータベースの db_owner 役割が選択されている必要があります。
  6. msdb データベースを選択します。[SQLAgentUserRole] および [db_datareader] ロールを選択します。

    Workspace ONE のインストールに使用した権限またはアップグレード中に選択した権限が高い場合は、今後のアップグレードでこれらの権限が引き継がれるようにしてください。