AirWatch 搭載 VMware Workspace ONE UEM™ リリース ノートでは、各リリースの新機能および改善点に関する情報を提供します。このページには、2111 で導入された新しい機能の概要、および解決済みの問題既知の問題が含まれます。

最新バージョンはいつ提供されますか。

高品質な製品を提供し、品質を確保しながらシームレスな移行を行うため、段階的に製品を展開しています。各ロールアウトの完了には最大で 4 週間かかる場合があります。各ロールアウトは、次のフェーズで提供されます。

  • 第 1 段階: デモと UAT

  • 第 2 段階: 共有 SaaS 環境

  • 第 3 段階: 専用の最新環境

段階的なロールアウトが完了したら、オンプレミスおよびマネージド ホストのお客様向け一般公開についてお知らせします。詳細については、ナレッジベース記事を参照してください。

Apple 2021 秋季リリースに向けての準備

Apple 向けの 2021 秋季リリースの詳細を確認してください。詳細については、「Getting Ready for Apple Fall 2021 Releases」を参照してください。

今後リリースされる機能とテクニカル プレビュー

テクニカル プレビュー中または近日中にリリースされる Workspace ONE UEM の機能について説明します。テクニカル プレビュー機能は完全にはテストされておらず、一部の機能が期待どおりに機能しない場合があります。ただし、これらのプレビューは、Workspace ONE UEM が現在の機能を改善し、将来の機能拡張を開発する場合に役立ちます。

  • macOS プラットフォームに対する Microsoft 条件付きアクセスのサポート

    管理者は、Azure ID プロバイダを使用して Microsoft Office アプリケーションへのアクセスを認証できるようになりました。これは、UEM から Azure に送信されるデバイスのコンプライアンスと管理状態に基づいており、セキュリティが強化されています (統合エンドポイント管理)。この統合の詳細については、「Use Compliance data in Azure AD Conditional Access policies by integrating Workspace ONE UEM with Microsoft」を参照してください。

  • テクニカル プレビューとして、Workspace ONE Drop Ship Provisioning(オンライン)は Windows デバイスの自己登録を提供します。

    OEM と連携して Windows デバイスを登録する現在の Drop Ship Provisioning(オンライン)プロセスの代わりに、このプロセスを使用してデバイスを自分で登録およびプロビジョニングできます。このプロセスは、プロビジョニングのリクエストを OEM に送信する前にいくつかのデバイスのプロビジョニングをテストする場合にも役立ちます。自己登録については、Windows デバイス上および Workspace ONE UEM console 内で作業します。Windows デバイスを Drop Ship Provisioning の汎用 PPKG で代理セットアップし、デバイスを登録し、コンソール内でプロファイルを構成します。このテクニカル プレビューの詳細については、次にアクセスしてください:Technical Preview: Self-Registration for Workspace ONE Drop Ship Provisioning (Online)

本リリースの新機能

Console

  • 新規のコンソール バナー通知で最新情報を受信。

    UEM console の上部に表示される新しいコンソール バナー通知で、メンテナンス上の問題、アップグレード、停止、および製品発表に関する最新情報を利用できます。詳細については、「Console Notifications」を参照してください。

  • Launcher デバイスを使用する際の認証プロセス全体を省略。

    2 つ目の Launcher プロファイルをゲスト セッション プロファイルとして指定できるようになり、ユーザーがディレクトリ認証をスキップし、インストールされているアプリケーションにすばやくアクセスできるようになりました。詳細については、「VMware Workspace ONE Launcher」を参照してください。

  • 改善された一括削除コマンドで、ワークフローを維持。

    以前は、ワイプ保護をトリガする一括削除コマンドを発行すると、一括削除コマンドが終了し、デバイスを手動で削除する必要がありました。ワークフローの改善により、ワイプ保護の解決後に一括削除が再開されるようになりました。詳細については、「デバイス リスト表示」を参照してください。

  • 新しい組織グループ削除ロジックで、デバイスおよびサブ組織グループが放棄されるのを回避。

    UEM console で組織グループの削除を試みたとき、削除しようとしている組織グループにサブ組織グループおよびデバイスがないかシステムでチェックされるようになりました。組織グループ ツリー内のいずれかにサブ組織グループまたはデバイスが見つかった場合、削除がキャンセルされます。詳細については、「Delete an Organization Group」を参照してください。

  • ドロップシップ プロビジョニング(オフライン)の暗号化された PPKG パッケージに、オペレーティング システムの言語を追加。

    ドロップシップ プロビジョニング(オフライン)の暗号化パッケージを構成するときに、オペレーティング システムの言語を追加できるようになりました。[Custom OS Language(カスタム OS 言語)] フィールドに、Microsoft によって承認された BCP 47 コードを入力します。この設定により、暗号化されたパッケージが正しい日時形式で確実に実行されます。[デバイス]> [ライフサイクル]> [代理セットアップ] > [Windows] で、この新しいフィールドを見つけます。新しいプロビジョニング パッケージを作成するか、既存のものを編集します。暗号化された PPKG を選択し、[構成] > [OOBE 構成] > [オペレーティングシステムの言語] > [その他] の順に移動します。詳細については、「Working with Provisioning Packages」を参照してください。

  • API の使用の中止

    API「/devices/{id}/sendmessage」は、Workspace ONE UEM Console バージョン 2010 まで機能していました。Workspace ONE UEM バージョン 2111 からは、この API が完全に廃止されています。API の詳細については、https://<API Server URL>/API/help を参照してください。

Freestyle

  • Freestyle Orchestrator にいくつかの機能強化を追加。

    Freestyle はテクニカル プレビューから、SaaS カスタマーの限定使用に昇格しました。今回のリリースでは、Freestyle Orchestrator には次の機能強化が追加されました。

    • 小型デバイス グループにワークフローを迅速に配信できるようになりました。つまり、2,000 台を超えるデバイスに展開されているワークフローで、ワークフローが公開されるとデバイスに即座に通知されます。

    • Windows のワークフローは、ユーザーがログインしていない場合でも、デバイスのチェックイン時にデバイスごとに取得できます。この動作には、Windows Hub 22.01 が必要です。

    • ワークフローの状態は、デバイスから頻繁に報告されることで、管理者の可視性を高めることができるようになりました。この動作には、Windows Hub 22.01 が必要です。

    • アプリケーションがワークフローからの割り当ておよび直接割り当ての両方の場合、ハブ カタログと割り当てステータスの動作に変更を加えました。

    • さらに、管理者はワークフローに変更ログを追加して、強制的に実行できるようになりました。

Android

  • パフォーマンスの強化を図り、Android パブリック アプリケーション展開のバッチ処理を改善。

    これらの改善は、より大規模なアプリ展開にメリットがあります。これは、自動化されている場合でも、オンデマンドの場合でも同様です。

  • Launcher にゲスト セッションを導入することで、チェックイン/チェックアウトをより柔軟に実行可能

    2 つ目の Launcher プロファイルをゲスト セッション プロファイルとして指定できるようになり、ユーザーがディレクトリ認証をスキップし、インストールされているアプリケーションにすばやくアクセスできるようになりました。詳細については、「VMware Workspace ONE Launcher」を参照してください。

  • Android Enterprise 以外のデバイスの加入をブロックしますか。

    [常に Android を使用] が有効で、デバイスが Android Enterprise の使用を承認していない場合、加入はブロックされ、ユーザーのデバイスに [このデバイスの場合、続行するには Android Enterprise 加入が必要です] というメッセージが表示されます。

    詳細については、「Android Device Enrollment」を参照してください。

  • カスタム XML を使用せずに Launcher 設定をカスタマイズする場合の解決方法を用意しました

    以前は カスタム XML を必要としていた 14 個の機能の UI コントロールを追加することで、Workspace ONE Launcher 構成を簡素化しました。これらの機能は、Android 向けの新しいデータ駆動型ユーザー インターフェイスで実装されています。Launcher プロファイル構成に、次の高度な Launcher 設定が含まれるようになりました。

    • Use Legacy Launcher APIs(レガシー Launcher API を使用)

    • Default to Usage Access(デフォルトで使用状況アクセスにする)

    • Require Write Settings Permission(書き込みの設定の権限を必須とする)

    • Enable App Data/Cache Clearing(アプリ データ/キャッシュ消去を有効にする)

    • Enable Admin Mode on CICO Screen(CICO 画面で、管理者モードを有効にする)

    • Allowlist Activities on Check-in Check-out Screen([返却と貸し出し] 画面での許可リスト アクティビティ)

    • Allowlist Specific Android Activities(許可リスト固有の Android アクティビティ)

    • Add Custom Device Settings(カスタム デバイス設定を追加)

    • Customize Single App Floating Button([シングル アプリ] フローティング ボタンをカスタマイズ)

    • Add Launcher Branding(Launcher のブランディングを追加)

    • Enable Speed Lockdown(速度ロックダウンを有効にする)

    • 再起動後のデフォルトのホーム アプリへの設定

    • Remove Floating Home Button Setting(フローティング ホーム ボタンの設定を削除)

    • Allow Popup Notifications(ポップアップ通知を許可)

    詳細については、「VMware Workspace ONE Launcher Profile Configuration」を参照してください。

iOS

  • App Store の必須アプリをサイレント インストール

    iOS 15.1 では、加入時に任意の単一 App Store アプリを必須アプリとして設定できます。Workspace One UEM または Workspace ONE Intelligent Hub を使用してアプリをインストールすると、監視対象外デバイス上でもアプリがサイレント展開されます。詳細については、「Configure Organization Settings」を参照してください。

  • アカウント駆動型ユーザー登録による個人デバイスの加入操作の簡素化。

    iOS 15 以降のデバイスでは、Safari で URL を開く代わりに、iOS の設定アプリから直接、管理対象 Apple ID でログインできます。これにより、ユーザーは、画面および複数のプロンプト間の切り替えではなく、エンタープライズ アカウントの設定に集中できます。詳細については、「Enroll an iOS Device Using Account Driven User Enrollment」を参照してください。

スクリプト

  • BYO デバイスのスクリプト機能のアクティベーションを解除。

    エンドユーザー プライバシーを保護するため、従業員所有の macOS および Windows デバイスはスクリプト割り当てから除外されるようになりました。

Chrome OS

  • SCEP 証明書展開のサポートを追加

    Chrome ユーザーまたはデバイス ネットワーク(または資格情報)プロファイルから、テンプレートベースの証明書を追加するときに SCEP 認証局およびテンプレートを選択できるようになりました。詳細については、「Supported Certificate Authorities」を参照してください。

解決済みの問題

2111 で解決済みの問題

  • RUGG-10851:Provisioning/PoliciesViewDevices グリッドの「最終確認日時」が、想定される管理者のタイムゾーンより 5 時間遅れて表示される。

  • AAPP-13759:VPP ライセンスの関連付けが解除されない。

  • AMST-34890:HardwareDeviceIdentifierForWindowsFeatureFlag を無効にしても、デバイス レコードがマージされる。

  • AGGL-11276:アカウントをクリアするためのパラメータが、チェックイン時にデバイス詳細/自動ログアウトから送信されない。

  • AGGL-11276:アカウントをクリアするためのパラメータが、チェックイン時にデバイス詳細/自動ログアウトから送信されない。

  • AAPP-12614:管理対象外の内部ブックをブック カタログから iOS デバイスにインストールできない。

  • AAPP-12248:iOS 15 で必須の MDM アプリ。

  • AAPP-12223:特定のシナリオで、Apple tvOS installapp リクエストが「12008 MDM リクエストが無効です」というメッセージとともに失敗する。

  • UM-1871:UEM バージョン 2105 以降で、高度なテンプレートを使用しているバッチ インポート用のユーザー アクティベーション E メールが HTML ではなくプレーン テキストで送信される。

  • CRSVC-25134:社内 iOS SDK アプリケーションが起動時にエラーを表示する。

  • RUGG-10301:代理セットアップ Wi-Fi プロファイル (WS1) の一部として構成されているプロキシ設定が適用されないため、加入が停止する

  • UM-313:ディレクトリ ユーザーがサブ組織グループへのバッチ インポートによって追加されると、グローバルで構成された既定のテンプレートが送信される。

  • UM-1845:REST API エンドポイントが正しくページングされない。

  • RUGG-10236:UEM console で [デバイス] -> [プロビジョニング] -> [プロダクト リスト表示] をクリックすると予期しないエラーが発生する。

  • RUGG-9961:API を介してプロダクトセット内の製品に「適用ルール」を追加できない。

  • MACOS-2609:macOS ブートストラップ パッケージが新規加入時にインストールのキューに登録されない。

  • PPAT-9841:コンソールとデータベースで、ポートを含むデバイス トラフィック規則セットが空白になる。

  • MACOS-2595:監視対象デバイスに、[削除を許可] を [要承認] に設定している iOS プロファイルをインストールできない。

  • FCA-200222:ユーザー アカウントのサービス拒否。

  • INTEL-33360:Intelligence のデータがない。

  • FCA-199468:console UI にメッセージ テンプレートのすべてのメッセージ本文が表示されない。

  • FCA-199991:「使用可能な最新バージョン」から以前のバージョンに戻すと、ワークフロー内のアプリケーション バージョンが適用されない。

  • FCA-200135:[エクスポート] ページからのレポート ダウンロード時のコンソール クラッシュ。

  • FCA-195293:[Create Organization Group(組織グループを作成)] 画面で、タイムゾーンが並べ替えられていない。

  • ENRL-3226:Workspace ONE UEM DB アップグレード エラー。

  • ENRL-3171:デバイス組織グループがネットワーク範囲に基づいて変更された後、スマート グループが更新されない。

  • ENRL-3153:デバイス アクティベーション テンプレート。

  • CRSVC-25100:UEM でベースライン ページをロードすると、ベースライン マイクロサービス接続エラーが発生する。

  • CRSVC-25044:DuplicateCertificate_Purge ジョブで、重複する証明書が事実上削除されない。

  • CRSVC-25020:スケジューラ サービスによる CPU メモリ使用率が高い。

  • CRSVC-24731:DesiredStateCalculator クラスでの System.ArgumentOutOfRangeException。

  • CRSVC-24709:UEM を 2105 および 2107 にアップグレードすると、Pulse VPN 接続が失敗する。

  • CRSVC-24607:api ノードで、awdevicecomplianceactionsqueue がバックアップされる。

  • CRSVC-24526:Web サービス参照を使用すると、SSL 証明書認証が一時キーで失敗する。

  • CRSVC-24437:Wi-Fi アダプタに正しい IP アドレスが表示されない。

  • CRSVC-24566:スマート グループをワークフローから削除できない。

  • CRSVC-24515:[プライバシー設定] が [表示] に設定されている場合でも、[電話]、[現在のキャリア]、および [ホーム キャリア] の情報が [デバイス リスト表示] でプライベートとして表示される。

  • CRSVC-24392:ワークフロー リスト表示からワークフローを削除できない。

  • CRSVC-24331:21.7.0.2 へのアップグレード後に API がロードされない。

  • CRSVC-19102:[順守] ページから非アクティブな順守ポリシーをアクティベーションできない。

  • CRSVC-24419:デバイス リスト表示に「プラットフォーム」フィルタを追加しても、[メッセージを送信] ウィンドウが表示されない。

  • CMEM-186533:エスカレーション:iOS デバイスを 14.8 および 15 にアップグレード(順守ポリシー)すると、Google E メール プロファイルが再公開される。

  • CRSVC-15742:FS テスト接続でネットワーク パスが正しくテストされない。

  • CMSVC-15843:SG から除外されたプロファイルが公開時に削除されない。

  • CMCM-189381:Content アプリで Office 365 Sharepoint のファイルが再ダウンロードされる。

  • CMCM-189369:メモリのストアド プロシージャ呼び出しが多い。

  • CMCM-189335:Sharepoint O365 との同期で問題が発生する

  • ARES-20841:重複キー挿入エラーが原因で内部アプリの公開に失敗する。

  • ARES-20824:テナント ストレージ構成 (PUT) を変更するための API で、メソッドが許可されていないという応答 405 を返す。

  • ARES-20564:割り当てランクが 255 を超えるアプリケーションが公開できない。

  • ARES-20556:Mam アプリ API が、加入解除されたデバイスでステータス コード 500 を返す。

  • ARES-20504:アプリのバージョンが公開されても、アプリケーション インストール コマンドが内部アプリのキューに登録されない。

  • ARES-20520:E メール テンプレートの参照値で、E メール アドレスが加入サポート メールではなく noreply@company.com になっている

  • ARES-20495:組織グループを割り当てに追加すると、コンソールがクラッシュする。

  • ARES-20442:アプリの割り当てを追加すると、500 内部サーバ エラーで失敗する。

  • AMST-34527:API で DSM フラグが提供されない。

  • AMST-34527:Windows デスクトップ ファイアウォール プロファイルで、プロファイルを保存した後に IP アドレス範囲を編集できない。

  • AMST-34444:Windows 10 アプリケーションを作成する /begininstall API 呼び出しで、RestartDeadlineInDays が設定されない。

  • AMST-34331:API ユーザーのアクティベーションの解除フローにより、特定のユースケースで Windows デバイスのワイプ保護がトリガされない

  • AMST-34393:デバイスの加入時に利用規約が正しく表示されない。

  • AMST-34373:[リモート アシスト] ボタンをクリックすると、コンソールにロード中のアイコンがいつまでも表示され、それ以上進まない

  • AMST-34329:デバイスの詳細表示の [センサー] ビューでページ ナビゲーションが正しく動作しない

  • AMST-34286:加入済みのユーザーに ProfilePayloadIdentifierOnDevice も割り当てられている場合、組織グループの削除に失敗する。

  • AMST-34074:企業情報リセット後、Windows アプリを 2105 以降にインストールできない。

  • AMST-33982:Windows 更新で、機能更新の承認が失敗したと表示される。

  • AMST-33988:デバイスが DSP 登録後に同期されない。

  • AMST-33903:Windows 10 x64 イメージで構築され、21.5.4 ハブとして加入した、新しく構築および登録されたデバイスが、アプリケーション インストール コマンドを処理しない。

  • AMST-33898:下位の組織グループを使用すると、TechDirect でドロップシップ プロビジョニングを認証できない

  • AGGL-10940:新しい DDUI 変更に伴い、Samsung Knox パスコード ペイロードの下のロック画面オーバーレイが機能しない。

  • AGGL-10950:保存して公開した後、ChromeOS キオスク ペイロードの下の自動インストール アプリケーションの追加が表示されなくなる。

  • AGGL-10922:レガシー デバイス加入時に Android OEM サービスのインストールに失敗する。

  • AGGL-10901:保存時に [向きをロック] チェックボックスが無効になる。

  • AGGL-10816:デバイスと DS が同期していない。

  • AGGL-10867:値を選択解除として保存できない。

  • AGGL-10815:新しいパブリック アプリの展開に時間がかかる。

  • AGGL-10797:2107 にアップグレードして DDUI FF を有効にすると、一部の Android Launcher プロファイルをロードすることができない。

  • AGGL-10772:DDUI Launcher のコピー プロファイルに構成がない。

  • AGGL-8201:データベースにデバイスの googleuserid がないため、AndroidWorkGoogleDeviceIdValidationJob の実行中にガードの失敗が複数確認される。

  • AAPP-12809:AirWatch Container と AirWatch Inbox に表示されるアプリケーション期限切れ通知の APN。

  • AAPP-12774:UEM 2105 で、ScheduleOSUpdate API が失敗する。

  • AAPP-12438:Apple の壁紙設定が、すべてのオプションがオフの状態で適用される。

21.11.0.2 パッチで解決済みの問題

  • FCA-200862:SKUORDER 更新 API を更新して、Freestyle の基本 SKU を古い UEM バージョンに追加できるようにします。

  • AAPP-13256:複数の環境で例外が発生する。

21.11.0.3 パッチで解決済みの問題

  • FCA-200968:移行スクリプト Notification.UpdateNotificationUUID が原因でアップグレードが失敗する。

  • UM-7238:dbo.UserGroup_SelectUserGroupMembers ストアド プロシージャのタイムアウトが原因でユーザー グループ リストのロードに失敗する。

21.11.0.4 パッチで解決済みの問題

  • AMST-34890:HardwareDeviceIdentifierForWindowsFeatureFlag を無効にしても、デバイス レコードがマージされる。

  • AGGL-11276:アカウントをクリアするためのパラメータが、チェックイン時にデバイス詳細/自動ログアウトから送信されない。

21.11.0.6 パッチで解決済みの問題

  • CRSVC-26469:ワークフロー - ワークフロー ステップ状態の理由における理由のサイズを制限する

  • RUGG-10563:ContentPullService ログに非常に多くの数の一意キー制約エラーが記録される。

  • CRSVC-26375:WMT PROD DB の SQL Blocked Process。

  • AMST-34954:Dropship Provisioning: パブリック アクセスのオーバーライドとデバイス E2E テスト

21.11.0.7 パッチで解決済みの問題

  • RUGG-10578:複数の getnextmanifest 呼び出しが行われ、DB 競合が発生する。

  • AAPP-13365:クラスルームに更新されたクラスがアップデート クラスタが表示されない。

  • SINST-175953:次のパッチで 22.01 Hub を 2111 にシードする

  • CRSVC-26589:グローバル組織グループ ID の代わりに、オプトインが行われるカスタマー組織グループ ID を使用するように、要求「org_location_group_id」を更新する。

21.11.0.10 パッチで解決済みの問題

  • FCA-201416:UEM バージョン 21.09 にアップグレードした後、デバイス検索が遅くなる

  • AAPP-13368:Apple Fast Lane Message Queue Throttler でメモリがリークする。

  • AMST-35116:暗号化タイプが常に Windows デスクトップ WiFi プロファイルの TKIP に戻る。

  • CRSVC-26679:ストアドプロシージャ CoreAndDefaultAttributes_Update の最適化。

  • AGGL-11328:Android DDUI で、その他のアプリをピン留めされた行に追加して Launcher プロファイルを編集するとページがクラッシュする。

  • PPAT-10455:内部 SDK アプリが Tunnel プロキシのエラー コード: 14 をスローする。

21.11.0.12 パッチで解決済みの問題

  • ARES-21698:DeviceProfile_SearchByDeviceDashboard_V3 により tempdb 競合が発生する。

21.11.0.11 パッチで解決済みの問題

  • RUGG-10571:JQuery の 1.12 へのアップグレード。

  • CRSVC-26834:ログ レベルが「verbose」に変更されても、Trust Service ログが出力されない

  • AMST-35181:新しく加入した Windows 10 台のデバイスに、x86 バージョンの AppDeploymentAgent がインストールされる。

  • AMST-35156:加入解除/再加入時のデバイス属性 - 加入タイプ ID - が正しくない。

21.11.0.13 パッチで解決済みの問題

  • FS-818:RB-2111-Freestyle Orchestrator には引き続きテクニカル プレビューのタグが付けられる。

  • RUGG-10704:既存のプロビジョニング プロファイルをコピーして編集すると、[デバイス] > [プロファイルとリソース] セクションの下にプロファイル コピーが作成される。

  • CRSVC-26920:インデックス IX_DeviceExtendedProperties_RowVersion が削除される。

  • CRSVC-27368:SMTP ユーザー名の上限を 64 文字から 255 文字に増やす。

  • AMST-35248:アプリとプロファイルの Windows インストール/削除コマンドの処理が遅れる。

  • AGGL-11382:ユーザー インターフェイスで選択されていない場合、Launcher の向きが XML でロックされるように設定される。

  • AAPP-13482:一部のアプリで VPP 自動更新が動作しない。

  • CMSVC-16026:Hub サービス - テンプレートに対する割り当て中に、WS one Hub サービス内のスマート グループが見つからない

  • AGGL-11415 [Passcode] COPE で Clear Device/Work App のパスコードを送信できない。

  • AMST-35270:キオスク プロファイルはデバイスにインストールするのに時間がかかり、デバイスがチェックインしていても数日かかる場合がある。

  • CMCM-189603:EnterpriseContent スキーマへの複数の呼び出しで DB 競合の問題が発生する。

  • AAPP-13367:iPad から Apple 教育プロファイルを削除する際に問題が発生する。

21.11.0.14 パッチで解決済みの問題

  • FS-800:システム コードで、ワークフローの再評価がデフォルトとして 4 時間に更新される。

  • FCA-201655:ディレクトリ管理者アカウントのコンソール ログインが「無効な認証情報」というエラーで失敗する。

21.11.0.15 パッチで解決済みの問題

  • AAPP-13556:VPP ブックが不明なアプリケーションとして同期される。

  • CRSVC-27631:基準から削除された無効なレコードを [デバイス状態] から削除する。

  • AGGL-11472:Android デバイスのモデルがコンソールに表示されず、代わりに「Android」と表示される。

  • CRSVC-27664:Dataplatform サービスで、代替インスタンスのセンサー キューからのメッセージが使用される。

  • AMST-35482:Windows 暗号化プロファイルで「スタートアップの拡張 PIN を許可する」が見つからない。

21.11.0.19 パッチで解決済みの問題

  • AGGL-11387:Android Q 制限チェック - 制限チェックの前に代理セットアップ レコードを検証する。

21.11.0.16 パッチで解決済みの問題

  • AGGL-11512:Android DDUI プロファイルの起動中に Spaceman エラーが発生する。

  • INTEL-37061:Intelligence - リカバリ キーのエスクロー値が UEM と一致しない。

  • AMST-35624:Windows シード アプリの MSI 展開パラメータを更新する。

  • AMST-35653:Dropship Provisioning: 加入ユーザーの重複。

21.11.0.20 パッチで解決済みの問題

  • INTEL-37768:複数の環境で無効な列名「RecoveryKeyPresent」が表示される。

21.11.0.22 パッチで解決済みの問題

  • FCA-202361:隔離レベルが原因で FK 修正エラーに変更される。

  • AGGL-11552:DDUI - Chrome ブラウザ設定プロファイルの [プロキシ バイパス ルール] フィールドの文字数上限を引き上げるための要求。

  • AGGL-11550:10 文字を超える Launcher 管理者パスコードを設定できない。

  • CRSVC-28135:センサーの割り当て中に「エラーが発生しました」と表示される。

21.11.0.23 パッチで解決済みの問題

  • AAPP-13655:iBeacon プロファイルがリージョン内のデバイスに自動的にインストールされない。

  • AMST-35757:VDI の加入時に、最新の加入済みデバイスが既存のデバイス レコードよりも優先される。

  • CMCM-189713:RepositoryTemplate ストアド プロシージャのパフォーマンス向上。

  • CRSVC-27973:ComplianceDeviceStateIntegrationFeatureFlag が有効になっている場合のコンプライアンス評価を修正する。

  • CRSVC-28169:加入証明書の方法で、プライベート キーを持つ証明書のみがチェーンに追加される。

21.11.0.26 パッチで解決済みの問題

  • AMST-35787:加入済みの Win 10 デバイスで Selective App List API 呼び出しを実行できない。

  • AMST-35814:加入前にスマート グループを評価するとドメイン参加に失敗する。

21.11.0.27 パッチで解決済みの問題

  • RUGG-10851:Provisioning/PoliciesViewDevices グリッドの「最終確認日時」が、想定される管理者のタイムゾーンより 5 時間遅れて表示される。

  • AAPP-13759:VPP ライセンスの関連付けが解除されない。

  • AMST-35938:Hub の v2107.9 パッチ バージョンが UEM にシードされる。

  • CRSVC-28398:コンプライアンス値が欠落しているため、デバイスの移行に失敗する。

  • CRSVC-28308:非同期 E メール通知により、スレッド プールが枯渇し、コンプライアンス評価が一時停止する。

  • AGGL-11679:Android プロファイルで DDUI が証明書の日付形式によって破損する。

  • AMST-35880:Windows アプリケーション展開コマンドは、UEM Console から手動クエリまたはアプリ サンプル クエリを実行した後にのみクリアされます。

  • CMCM-189750:ContentLockerSDKLibraryKey システム コードを削除すると、オーバーライドが発生する。

  • CRSVC-28932:「証明書が複数回使用されています」というエラーが原因で S/MIME プロファイルをインストールできない

  • AMST-35816:BLOB が CDN にあり、StorageType が 1 に設定されている場合でも、デバイス サービスによって提供される。

  • LUEM-472:Hub パッケージのダウンロードを使用した Web 加入時に失敗する。

  • FCA-202433:[デバイス] > [遵守ポリシー] > [イベント ログ] に移動すると、UEM Console がクラッシュする。

  • AAPP-13760:iOS デバイス更新ページのタイムアウトの問題。

  • RUGG-10851:グリッドの「最終確認日時」が、想定される管理者のタイムゾーンより 5 時間遅れて表示される。

  • CMSVC-16076:組織グループ ID が渡されないと、タグ更新 API が失敗する。

21.11.0.28 パッチで解決済みの問題

  • CRSVC-28589:パスワードが無効なために GSX 証明書の保存に失敗する。

  • UM-7450:自動同期または手動同期後に管理者グループが更新されない。

  • CMEM-186612:E メール リスト表示から許可リストにデバイスを追加する処理が遅れる。

21.11.0.30 パッチで解決済みの問題

  • AAPP-13878:MDM プロファイル エラー「プロファイルの復号キーがインストールされていません」が表示される。

  • AGGL-11879:Android DDUI Launcher プロファイルの保存時に [向きをロック] チェックボックスが無効になる。

  • AMST-35970:Dropship Provisioning - デバイス登録でバルク インポータ サービスを完了できない。

21.11.0.32 パッチで解決済みの問題

  • AMST-36008:Greater Than or Equal to のアプリケーション検出演算子が機能しない。

  • CRSVC-29265:時間枠にアクセスできない。

  • AGGL-11901:ハンズフリー R5 デバイスが DB および UEM に誤って表示される。

  • INTEL-38426:Intelligence - リカバリ キーのエスクロー値が UEM と一致しない。

21.11.0.33 パッチで解決済みの問題

  • AGGL-11949:Zebra デバイス モデルが不明として報告される。

  • ARES-22093:重複キー エラーが原因で外部アプリの割り当てに失敗する。

21.11.0.35 パッチで解決済みの問題

  • AMST-36174:一部の .appx ファイルの編集中に不足している依存関係をアップロードできない。

  • ARES-21942:Android Enterprise - 管理アプリ構成の送信に失敗した(ネットワーク障害の再試行メカニズムを追加)。

  • ARES-22094:重複キー挿入エラーが原因で内部アプリの公開に失敗する。

  • ARES-22158:2.3K アプリを含む許可リスト アプリ グループの編集に約 6 分かかる。

  • INTEL-38430:ETL | 特殊文字を含むタグのチェックサムエラーを分析して修正する。

21.11.0.37 パッチで解決済みの問題

  • FCA-203017:MVC > Angular のマイグレーション: アカウント > 管理者 > システム アクティビティ > バッチ ステータスにおける不正なエンドポイント。

  • CRSVC-29794:DB で S/MIME 証明書が破損しているように表示される。

  • MACOS-3153:macOS Web 加入で空白画面が表示される。

  • AMST-36170:加入時に AuthenticationToken_Load がタイムアウトになる。

  • AGGL-12049:Android 自動シード:Android デバイスのモデルがコンソールに表示されず、スクリプトの修正の代わりに「不明」と表示される。

21.11.0.38 パッチで解決済みの問題

  • AGGL-11944:Chrome URL 許可リスト / URL 拒否リストが最新の Chrome バージョンで動作しない。

  • AGGL-12082:Android Chrome ブラウザ設定プロファイルの [YouTube セーフ モードを強制する] および [Touch to Search を有効にする] の設定が UEM Console 2111 以降で保存されない。

  • AMST-36289:HardwareDeviceIdentifierForWindowsFeatureFlag を無効にする。

  • ARES-22164:BLOB アップロードのユースケースでスライドが強制され、アイドル セッションがタイムアウトになる。

  • CRSVC-29627:1 分より長い場合でも、1 分あたり 5,000 回の API 呼び出しがトリガされる。

21.11.0.39 パッチで解決済みの問題

  • AMST-36172:interrogator.windowsinformationsample_save SP でタイムアウトが大量に発生する。

  • AMST-36334:UEM Azure AD 統合ボタンのリンクが切れている。

  • FCA-203138:maintenance.AuditTable_Delete ストアド プロシージャのパフォーマンスを向上させる。

21.11.0.40 パッチで解決済みの問題

  • AAPP-14120:[デバイス状態] コンプライアンス ステータスが不明なデバイスの POST 呼び出しに対する加入例外。

  • CRSVC-30309:API devices/{deviceID}/commands には、customCommandModel クエリが必要である。

  • CMCM-189867:Intelligence | サンドボックス ETL ログの取り込みが非常に多い。

  • CRSVC-30281:UpdateSQLServerInfo ツールにデバイス状態補助ツールの構成ファイルを含める。

21.11.0.41 パッチで解決済みの問題

  • CRSVC-25449:ストアド プロシージャのデッドロックが修正される。

21.11.0.42 パッチで解決済みの問題

  • AAPP-14354:[アプリを非表示] ペイロードを含む iOS 制限事項プロファイルをコピーしても、[アプリを非表示] ペイロードが新しいプロファイルに追加されない。

  • AAPP-14362:デバイスの電源をオフにしてからオンにしても、[デバイスを見つける] オプションが表示されない。

  • CRSVC-30605:SDK 設定で Web の設定を変更しても、統合認証証明書が新しい CA にローテーションされない

  • CRSVC-30896:認証局を削除できない。

  • RUGG-11098:特定のケースで、製品コンプライアンス API が内部サーバ エラー (500) を返す。

21.11.0.43 パッチで解決済みの問題

  • INTEL-41601:SP およびタイプの削除中に ZDT DB のアップグレードに失敗した。

  • RUGG-11267:デバイスの OS バージョンが更新される際に、OS バージョン条件が設定されたスマート グループが更新されない。

  • CRSVC-31185:DB 認証情報の変更時にエンタイトルメント サービス移行ツールがデータベースへの接続に失敗する。

21.11.0.44 パッチで解決済みの問題

  • MACOS-3280:新しい「M2」Mac モデルのモデル情報をシードする。

  • CRSVC-31408:サーバとデータベースの照合が異なる場合、DSM アクション クリーンアップ ストアド プロシージャで照合エラーが発生する。

21.11.0.45 パッチで解決済みの問題

  • ENRL-3534:Intelligence で加入解除の日付が Null になる。

  • CRSVC-31783:GSX テスト接続が SSL エラーで失敗する。

  • CRSVC-31691:Mac OS X 条件付きアクセス UEM で、デバイスの状態が変更されると、device_type と operating_system を UNKNOWN として報告する。

  • RUGG-11333:プロダクトを Android デバイスに割り当てる処理が遅れる。

21.11.0.46 パッチで解決済みの問題

  • MACOS-3335:最新のデバイス状態サービスからプロセッサ アーキテクチャを読み込むと、Linux デバイスの [デバイス詳細] ページがクラッシュする。

  • CMEM-186700:PowerShell が次のエラー メッセージで失敗する:「User credential of the remote PowerShell server contains the special characters.」

21.11.0.48 パッチで解決済みの問題

  • ARES-23093:「期限切れのサンプル データの消去」ジョブの実行で大きな遅延が生じる。

  • CRSVC-32060:[証明書] リスト表示で [証明書の更新] が期待どおりに動作しない。

21.11.0.49 パッチで解決済みの問題

  • AAPP-14536:OS シード スクリプトの展開で遅延が発生し、データの不整合が発生する。

  • CRSVC-32319:署名なしのセキュア チャネル ペイロードの使用量をカウントするためのテレメトリが追加される。

21.11.0.50 パッチで解決済みの問題

  • CMCM-190120:DS エンドポイントからテンプレート ロードの使用量が削除される。

  • UM-7637:UEM console 21.11.0.37 以降で 100 ユーザーを一括で非アクティブ化すると失敗する。

21.11.0.51 パッチで解決済みの問題

  • AMST-37312:何らかの理由でデバイス ID と UDID が一致しない場合、デバイスを加入解除できるべきではない。

21.11.0.52 パッチで解決済みの問題

  • AAPP-14776:一部の VPP アプリケーションでデバイス割り当てを有効にできない。

  • CMCM-190218:Content アプリケーションがリポジトリ内の特定のフォルダのコンテンツを表示できない

21.11.0.53 パッチで解決済みの問題

  • AMST-37559:セキュリティ サンプルの向上。

  • CRSVC-33270:HMAC 正規コードにデバッグ ログを追加する。

21.11.0.54 パッチで解決済みの問題

  • ARES-24023:Android 公開アプリケーションの割り当てが期待どおりに動作していない。

  • AGGL-13505:Android の制限「Work プロファイルの位置設定の変更をユーザーに許可する」が機能しない。

  • AGGL-13410:Chrome ブラウザ設定プロファイルの URLAllowlist/URLBlocklist にエントリを保存できない。

21.11.0.55 パッチで解決済みの問題

  • AAPP-15118:一部の VPP アプリが「確認保留中」で停止する。

21.11.0.56 パッチで解決済みの問題

  • FCA-204432:レガシー レポートのダウンロード中にレポート名がランダム化される。

既知の問題

  • FCA-200853:すべてのタイプの管理者に対して、Angular アプリをロードする必要があります。

    Angular アプリケーションのロードの一部として呼び出される、リソースが保護された API があります。これらは、Angular アプリケーションの起動に必要な最小限の権限であるため、これらの権限がないと、カスタム ロールでアプリケーションのロードに失敗します。

    この問題の回避策は、管理者ロールに必要とされる権限を追加することです。詳細については、こちらを参照してください。

  • AGGL-11106:プロダクト内の Launcher プロファイルにバージョンを追加すると、Launcher がリロード画面のままになる。

    お客様は、プロダクトを介して Launcher プロファイルをインストールしようとしています。最近、お客様は、Launcher プロファイルを更新し、保存し直している(新しいバージョンを追加している)とき、再インストールの前にコンソールでデバイスのプロファイルが削除されることを経験しています。この問題が発生する前は、プロファイルの削除および再適用を行うことなく、デバイス上でプロファイルが更新されていました。これは、プロダクトを介して展開された新しいデータ駆動型プロファイル UI で新しいバージョンの Launcher プロファイルを追加しているときに、アクティベーション/アクティベーションの解除を行うオプションがないためです。

    対処方法: 新しいバージョンの Launcher は、プロビジョニング プロファイルの更新を通じてではなく、プロファイルとリソースを通じて展開できます。

  • AGGL-11108:Hub - Prod トラックとベータ トラックが存在する場合、カタログに正しくないバージョンが表示される。

    Google Play にクエリを実行して、カタログに表示するアプリのバージョンを特定すると、アプリケーション バージョンの割り当てやインストールを考慮せずに最初の結果が選択されます。これにより、ベータ バージョンがインストールされていない場合やユーザーに割り当てられていない場合でも、アプリのベータ バージョン番号が表示される可能性があります。

    対処方法: Google Play からベータ バージョンを削除するか、ベータ バージョンをデバイスに割り当てると、誤ったバージョンが表示されなくなります。

  • AGGL-11107:アプリ構成:値を選択解除として保存できない。

    Android アプリ構成は、「選択解除」である構成に対応するように設計されており、そのような構成は、Google に送信される構成から除外されます。何かを選択解除することは、データ タイプによって異なります(テキスト フィールドは空白のままにすることができ、ブール値は「選択」に設定できるなど)。ブール値の場合、「選択」に設定することは、保存しないことになりますが、デバイスに送信されるペイロードでは除外されます。このため、編集時は、選択解除値がフィールドのデフォルト値に設定されています。

    対処方法: 展開と、デバイス上で設定されているポリシーは影響を受けませんが、「選択解除」というブール値で展開されるアプリ構成を編集する場合は、編集時に「選択解除」に戻す必要があります。

  • FCA-200675:ワークフローを公開した後、Freestyle の詳細ページが切り詰められる問題が発生する。

    ワークフローの公開アクションが失敗した場合、またはワークフローを「一時停止」してワークフローの詳細ページに移動すると、ブレッドクラム ナビゲーション メニューがワークフローの詳細ページから切り詰められます。

    回避策:ページを更新すると、ブレッドクラム ナビゲーション メニュー全体が表示されます。

  • FCA-200676:翻訳された文字列「Console」と「Browser」がログイン履歴リストに読み込まれない。

    [ログイン履歴] ページの [ログイン タイプとアプリケーション] 列の値(コンソールとブラウザ)がコンソール ロケールに翻訳されません。

    対処方法: これはローカライズの問題であり、コンテンツは常に英語で表示されるため回避策はありません。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon