Workspace ONE UEM リリースノートについて

VMware Workspace ONE UEM リリース ノートでは、各リリースの新機能および改善点に関する情報を提供します。この画面には、2206 で導入された新機能の概要、および解決済みの問題既知の問題が含まれます。

最新バージョンはいつ提供されますか。

高品質な製品を提供し、品質を確保しながらシームレスな移行を行うため、段階的に製品を展開しています。各ロールアウトの完了には最大で 4 週間かかる場合があります。各ロールアウトは、次のフェーズで提供されます。

  • 第 1 段階: デモと UAT

  • 第 2 段階: 共有 SaaS 環境

  • 第 3 段階: 専用の最新環境

段階的なロールアウトが完了したら、オンプレミスおよびマネージド ホストのお客様向け一般公開についてお知らせします。詳細については、ナレッジベース記事を参照してください。

Apple 2022 秋季リリースに向けての準備

Apple 向けの 2022 秋季リリースの詳細を確認してください。詳細については、「Apple 2022 秋季リリースに向けての準備」を参照してください。

本リリースの新機能

Android

  • Android デバイスのゼロタッチ加入を開始するのがこれまでになく簡単になりました。

    Workspace ONE UEM はゼロタッチ加入ポータルと直接統合できるようになりました。ゼロタッチ加入アカウントを UEM Console にリンクすることで、登録済みデバイスのデフォルトの加入構成とサポート連絡先情報を設定できます。デフォルトの構成は、ゼロタッチ ポータルで関連付けられた加入構成がまだないデバイスに適用されます。この統合を設定するには、[Android EMM 登録設定] 画面の下にある新しい [ゼロタッチ] タブを参照します。詳細については、「Android EMM 登録」を参照してください。

macOS

  • macOS 12 デバイスを簡単にリストアできます。

    シンプルなワークフローを使用して、ドライブ全体と OS を消去することなく、使用済み Mac を別のユーザーに対して準備できるようになりました。iOS と同様に、[すべてのコンテンツと設定の消去 (EACS)] アクションを使用して、デバイスからすべてのユーザー データとユーザーがインストールしたアプリケーションを消去し、macOS Monterey でデバイスを簡単にリストアできます。すべて(OS を再インストールする必要なし)。詳細については、「すべてのコンテンツと設定の消去 (EACS)」を参照してください。

Freestyle

  • ワークフローのステップ メッセージが向上されました。

    トラブルシューティングの目的で、[デバイス詳細] 画面と [ワークフロー詳細] 画面の手順ごとに表示されるワークフロー メッセージを向上しました。エラー メッセージには、エラーの原因とコンポーネントに関する情報が表示されます。文字制限を超えるエラー メッセージについては、エラー画面のリンクをクリックすると、詳細なメッセージ モーダルが表示されます。

Windows

  • デバイス ワイプが改善されました。

    以前は、「暗号化を強制」などの特定の BitLocker プロファイル設定により、信頼性の高いデバイス ワイプが妨げられる可能性がありました。企業情報ワイプと企業情報リセットを使用して、デバイス ワイプを確実に実行できるようになります。

  • ユーザー セッションなしでアプリケーションのサンプルと証明書サンプルを取得できます

    ユーザーがログインしないまま実行されるデバイスでは、PC にインストールされているすべてのソフトウェア / 証明書を適切に反映するために、アプリケーションのサンプルと証明書サンプル(管理対象の証明書)が返されるようになります。以前は、アプリケーションのサンプルと証明書サンプルは、ユーザーがログインしたときにのみ送信されていました。 

解決済みの問題

2206 で解決済みの問題

  • CRSVC-30417:応答ヘッダーの API 呼び出しが過去の日付になっている。

  • AGGL-11892:SQL 例外により setAvailableProductSet EMM API 呼び出しと App Sync が失敗する - PRIMARY KEY 制約違反。

  • AAPP-14265:子組織グループにデバイスをチェックアウトすると、子組織グループの管理対象設定が CICO シナリオに反映されない。

  • UM-7512:オンプレミス ドメイン参加:割り当て画面で、入力したテキストに基づいて「組織単位」が自動入力されない。

  • UM-7511:ユーザーのイベント ログの画面遷移が正しく動作しない。

  • RUGG-11019:プロダクト プロビジョニング制限プロファイルに [データ ローミングを許可] チェックボックスが表示されない。

  • RUGG-11017:プロダクトを Android デバイスに割り当てる処理が遅れる。

  • RUGG-11012:プロダクトがデバイスに正常にインストールされているにもかかわらず、無限ループで Android にインストールされ続ける。

  • PPAT-11687:「未構成」の Windows トンネル クライアントと証明書が次の理由コードで失効する。

  • INTEL-38152:リカバリ キーのエスクロー値が UEM と一致しない。

  • FS-1408:ワークフローがブロックされた状態で停止し、処理が続行されない。

  • FS-1329:macOS オンデマンド スクリプトが実行されない。

  • FCA-203536:ユーザー インターフェイスから管理者のロールを削除できない

  • FCA-203516:[監視] > [レポートと分析] の [イベントの詳細] にアクセスできない。

  • FCA-203345:デバイス シリアル番号の customerattribute 検索の API デバイス数が正しくない。

  • FCA-203236:コンソール イベント -> ユーザー管理カテゴリを使用できない。

  • ENRL-3454:ディレクトリ サービスが構成されていない組織グループで既存のアカウントと管理対象アカウントが重複しているが、リンクできないはずの上位の組織グループにリンクされている。

  • CRSVC-30464:認証局を削除できない。

  • CRSVC-30455:DB 照合のエラーが発生する。

  • CRSVC-30051:SDK 設定で Web の設定を変更しても、統合認証証明書が新しい CA にローテーションされない。

  • CRSVC-29998:エクスポートされたコンソール イベントにアカウント情報が表示されない。

  • CRSVC-29893:UEM 2204 搭載の WS1 Access で、デバイス コンプライアンス チェックが失敗する。

  • CRSVC-29523:Entrust CA からの複数の証明書が Dell Federal デバイスにインストールされていることを示す。

  • CMCM-189862:コンテンツ アプリがリポジトリ内の特定のフォルダのコンテンツを表示できない。

  • ARES-22327:UEM console でアプリ削除ログを取得できない。

  • AMST-36472:Adaptiva へのコンテンツの公開中に ACC と AWCM がタイムアウトになる

  • AMST-36528:「HUB に表示 (オプション)」を有効にできない。

  • AMST-36293:UEM Azure AD 統合ボタンのリンクが切れている。

  • AMST-36254:ウイルス対策プロファイル ペイロードが意図したとおりに機能しない || ウイルス対策ペイロードに関するクエリ。

  • AMST-36226:ドメイン参加に関連付けられているスマート グループを削除できない。

  • AGGL-12272:コンソールのアップグレード後のデバイスの確認で遅延が発生し、デバイスがクエリ/同期されない限り、プロダクトがキュー状態になる。

  • AMST-36054:EnrollmentToken Purge で FK エラーが発生する。

  • AGGL-12253:Play ストアに追加されたアプリが Play ストアに表示されない。

  • AGGL-10916:Android デバイスのモデルがコンソールに表示されず、代わりに「Android」として表示される - 自動シード モデルとメーカー名を検証する。

  • AGGL-12006:Chrome OS デバイスが証明書 SCEP を受信しない。

  • AAPP-13372:[ユーザー情報を暗号化] 設定の動作を確認する必要がある。

  • RUGG-10937:PrinterDeviceStateIntegrationFF を有効にした後、周辺機器の API が PrinterSample を返さなくなる。

  • RUGG-10936:デバイスが OS バージョンを更新すると、OS バージョン条件が設定されたスマート グループが更新されない。

  • MACOS-3112:macOS プライバシー環境設定プロファイルの文字数制限。

  • MACOS-3109:MacOS デバイスのコンソールで VPP アプリのインストール状態が更新されない。

  • FS-1193:[デバイス詳細] 画面で、[ワークフロー] タブと [時間枠] タブを使用できない。

  • SD-1131:加入時に macOS ワークフロー エンジンがダウンロードされない。

  • FCA-203090:デバイス加入解除通知の理由が正しくない。

  • FCA-202984:デバイスにクエリを送信すると、デバイスのイベント ログのトラブルシューティングで、複数のデバイス クエリ要求イベントが発生する。

  • FCA-202861:管理者が途中でリクエストをキャンセルした場合でも、デバイスのデバイス ワイプが開始されます。

  • FCA-202706:コンソールからデバイスを削除できない。

  • FCA-202743:デバイス検索 API 呼び出しでクエリを実行し、HostName と LocalHostName を取得する。

  • FCA-202654:権限の高いカスタム ロールでは、ヘルプデスク ロールなどの権限の低いロールを表示できない。

  • ENRL-3438:Intelligence で加入解除の日付が Null になる。

  • ENRL-3427:ユーザー グループ マッピングに基づき、デバイスを別の組織グループに移動できない。

  • ENRL-3416:「なし」が所有者タイプとして送信され、加入制限が設定されていると、デバイス登録 API が失敗する。

  • CRSVC-29464:DB で S/MIME 証明書が破損している。

  • CRSVC-29391:1 分より長い場合でも、1 分あたり 5,000 回の API 呼び出しがトリガされる。

  • CRSVC-29325:デバイスの概要を表示できない。

  • CRSVC-29010:UEM 加入解除でユーザーの他のデバイスに再認証が送信されない。

  • CRSVC-28803:「証明書が複数回使用されています」というエラーが原因で S/MIME プロファイルをインストールできない。

  • CMSVC-16132:/API/mdm/smartgroups へのスマート グループ POST で、重複するデバイス ID に関するエラーが発生する。

  • CMEM-186608:E メール リスト表示からデバイスをホワイトリストに登録する際に遅延が発生する。

  • ARES-22202:VPP アプリに関するクエリ/シナリオ。

  • ARES-22078:セキュリティ プロバイダの起動に失敗する。

  • ARES-22055:Profile V2 Search API が、デバイス プロファイルでのみ動作する。

  • AMST-36222:UEM Console の [デバイス詳細] に Bitlocker の [サスペンド/レジューム] オプションが表示されない。

  • AMST-36157:[内部アプリケーションの編集] 画面で、多数のデバイスが割り当てられているアプリの読み込みに時間がかかる。

  • AMST-36126:ネイティブ加入が MultiUserFFSetup のエラーで失敗する。

  • AMST-36040:一部の .appx ファイルの編集中に不足している依存関係をアップロードできない。

  • AMST-36003:プッシュ通知がコンプライアンス アクションとして機能しない。

  • AMST-35942:インストール完了を呼び出す場合、ProductVersion を使用しない。

  • AMST-35958:内部アプリ リストの更新通知フィルタでレコードがフィルタリングされない。

  • AMST-35941:一部の Windows アプリケーションの内部アプリ割り当てを更新できない。

  • AMST-35933:Dropship Provisioning: デバイス登録でバルク インポータ サービスを完了できない。

  • AMST-34405:SSL ピン留めが同期していないと表示される。

  • AGGL-12001:レガシー アプリに除外が追加されると、Android Enterprise パブリック アプリが AE デバイスから削除される。

  • AGGL-12014:ユーザー インターフェイスのロケール言語が日本語、中国語、または韓国語の場合、システム更新プロファイルを保存して公開すると、このプロファイルに記載されている時間が PM から AM に変更される。

  • AGGL-11972:Android デバイスのモデルがコンソールに表示されず、代わりに「不明」と表示される。

  • AGGL-11930:Android Chrome ブラウザ プロファイルで URL ブロックと例外の保存に失敗する。

  • AGGL-11924:GET profiles/[profileID] API がランダムなプロファイルで動作する。

  • AGGL-11868:60 万台以上のデバイスが割り当てられた状態で公開されたパブリック Android アプリがデバイスにインストールされない。

  • AGGL-11902:加入制限が Orbic デバイスで機能しない。

  • AGGL-11283:QR コード作成中に検索を実行する際に、加入ユーザーを使用できない。

  • AAPP-13843:MDM プロファイル エラー「プロファイルの復号キーがインストールされていません」が表示される。

  • AGGL-11231:コンソールで加入モードが「登録済みデバイスのみ」の場合でも、Android OS バージョン 12 を Work プロファイル モードで許可されたデバイスとして登録せずに加入できる

  • AAPP-13986:ブックを作成した後、デバイスを公開ブックに割り当てることができない。

  • AAPP-13752:WS1 Tunnel のデバイス トラフィック規則を指定できない。

  • AAPP-13982:[デバイス詳細] 画面の [ブック] タブに内部ブックが未インストールとして表示される。

22.6.0.1 パッチで解決済みの問題

  • AMST-36612:Windows デバイスの加入完了時にコンプライアンスがトリガされる。

  • CRSVC-30899:コンソールからデバイスを削除できない。

  • CRSVC-31183:DB 認証情報の変更時にエンタイトルメント サービス移行ツールがデータベースへの接続に失敗する。

  • MACOS-2941:システム拡張機能ペイロードの一部として RemovableSystemExtension を含めるために、コマンドをキューに登録して、すでに加入済みの macOS デバイスの Intelligent Hub 設定シード プロファイルを更新する。

  • MACOS-3253:macOS DDUI トンネル プロファイルが見つからない。

22.6.0.2 パッチ リリース ノート

  • CMCM-190021:Content に割り当てられたデバイスを表示すると、未定義のエラーが発生する。

  • CMCM-190022:DB サーバの CPU 使用率が 1 日に複数回 100% に急増する。

  • CRSVC-31446:コンソール イベントの日付フィルタが期待どおりに動作しない。

  • MACOS-3262:環境で macOS DDUI が有効になった後、既存の macOS プロファイルを編集できない。

22.6.0.3 パッチで解決済みの問題

  • AGGL-12800:デバイスの同期により、iOS アプリケーションの RemoveApp コマンドがトリガされる。

  • AMST-36835:デバイス コンテキスト ベースのアプリケーションのアンインストールを処理するには、有効なユーザー セッションが必要。

  • AMST-36850:サンプルの応答が返されるまで、サンプルは繰り返しクエリされる。

  • AMST-36865:v2206 SFD パッチが UEM にシードされる。

  • AMST-36875:SFD がデバイスにインストールされていることが分かっている場合に SFD をクエリするアプリ サンプリング。

  • CMEM-186698:PowerShell の失敗:「User credential of the remote PowerShell server contains the special characters.」

  • MACOS-3312:MacOS DDUI ネットワーク アクセス プロファイルに [ログイン ウィンドウ構成として使用] オプションが表示されない。

  • MACOS-3330:列名「DevicePlatformId」が無効なため、DB アップグレードが失敗した原因を特定する。

22.6.0.4 パッチで解決済みの問題

  • CRSVC-31786:GSX テスト接続が SSL エラーで失敗する。

  • AMST-36972:アプリの割り当てを編集できない。

  • FCA-203853:[Angular エクスポート] 画面を読み込めない。

  • MACOS-3313:macOS DDUI SCEP ペイロード - AirWatch CA テンプレートが入力されない。

22.6.0.5 パッチで解決済みの問題

  • INTEL-42182:ETL-AWS RDS で CDC ベースのエクスポートを有効にする機能を設計する。

  • AGGL-12898:ユーザー インターフェイスのロケール言語が日本語、中国語、または韓国語の場合、システム更新プロファイルを保存して公開すると、このプロファイルに記載されている時間が PM から AM に変更される。

22.6.0.6 パッチで解決済みの問題

  • CRSVC-32057:[証明書] リスト表示で [証明書の更新] が期待どおりに動作しない。

  • AMST-36832:Windows ファイアウォール ルールが Win 10 デバイスで意図したとおりに動作しない。

22.6.0.7 パッチで解決済みの問題

  • MACOS-3364:VPN プロセッサでトンネル設定を適切に入力する。

22.6.0.8 パッチで解決済みの問題

  • AMST-36856:Hub の v2206.2 パッチ バージョンが UEM にシードされる。

  • ARES-22978:一意の識別子が空の Apple および Apple OSX デバイスからのサンプルが無効。

  • RUGG-11434:ポリシー エンジンがキュー内のアイテムを処理せずに環境で停止する。

  • AAPP-14586:EAP-TLS オプションが tvOS Wi-Fi プロファイル (DDUI) に保存されない。

  • CRSVC-31978:コンソールでエラーが発生したため、スクリプトを公開できない。

  • CRSVC-32316:署名なしのセキュア チャネル ペイロードの使用量をカウントするためのテレメトリが追加される。

22.6.0.9 パッチで解決済みの問題

  • ARES-23168:SQL のタイムアウトのため、プロファイルを保存して公開できない。

  • ARES-23175:SQL の待ち時間が長くなり、コンソールの処理速度が低下する。

22.6.0.10 パッチで解決済みの問題

  • AGGL-13122:システム サンプルからデバイスの誤ったモデルが更新される問題を修正する - Zebra デバイスが、Smartgroup フィルタでモデル タイプが「不明」として報告される

  • AMST-37237:ベースライン名には大文字を使用することを許可する。

  • CRSVC-32618:パブリック アプリと購入済みアプリの公開フローを最適化する。

  • ENRL-3580:FF の背後にトークン プレビューを追加する。

22.6.0.11 パッチで解決済みの問題

  • AAPP-14774:特定の VPP アプリケーションのデバイス割り当てを有効にできない。

  • AGGL-13160:複数の UEM サーバでアプリケーションの詳細 API に対する 500 内部サーバ エラー応答が発生する。

  • AGGL-13170:SQL 切り詰めエラーが原因で setAvailableProductSet EMM API 呼び出しが失敗する。

  • AMST-37304:22.4.0.12 (2204) へのアップグレード後、新規加入した Windows デバイスにカスタム プロファイルがインストールされない。

  • AMST-37309:何らかの理由でデバイス ID と UDID が一致しない場合、デバイスを登録解除できるべきではない。

  • AMST-37331:Mac デバイスのセキュリティ侵害による状態の変化のため、イベント ログ テーブルがフラッディングする。

  • CMSVC-16561:TagsDeviceStateIntegrationFeatureFlag が DeviceStateInterfaceEnabledFeatureFlag に置き換えられる。

  • CRSVC-32685:ユーザー インターフェイスまたは API を使用して UEM から一部のデバイスを削除できない。

  • CRSVC-32786:GetCoreUsersByLocationGroupIdAsync 呼び出しでエラーが発生したため、UEM を 2206 にアップグレードすると、VPP アプリ自動更新の通知が管理コンソールに送信されなくなる。

  • CRSVC-32845:「/Api/mdm/devices/search」でコンプライアンス フローを改善し、データベース呼び出し回数を削減する

  • FCA-204170:「/api/mdm/devices/search」を 1 回呼び出すだけで、約 3,000 件のデータベース呼び出しが実行され、ストレスがかかる

  • MACOS-3383:macOS DDUI - ネットワーク ペイロードで証明書が正しく参照されない。

  • MACOS-3400:EAP-TLS プロトコルで MacOS DDUI ネットワーク デバイス プロファイルに「ユーザー名」オプションが表示されない。

22.6.0.13 パッチで解決済みの問題

  • AAPP-14823:tvOS DDUI - 5 つを超える認証情報ペイロードを追加できない。

  • AGGL-13119:DDUI プロファイルが設定の保存に失敗する。

  • AMST-37255:v2206 SFD パッチが UEM にシードされる。

  • AMST-37435:登録済みモードのデバイスで、[デバイス詳細] ビューに [センサー] タブが表示される。

22.6.0.14 パッチで解決済みの問題

  • AGGL-13311:Chrome ブラウザ プロファイルの URL ブロックと例外が表示されず、データが失われる。

  • MACOS-3432:macOS DDUI - ネットワーク プロファイルの参照値が解決されない。

  • CMCM-190214:テスト環境で中間 SQL タイムアウト例外が発生する。

  • CMCM-190181:リスト表示または API を介してコンテンツを削除できない(500 エラー)。

  • ARES-23299:1 回の API 呼び出しで、約 600 件のデータベース呼び出しが実行され、データベースに負荷がかかる。

22.6.0.15 パッチで解決済みの問題

  • AGGL-13352:DDUI - Chrome ブラウザ設定プロファイルのフィールドの文字数上限を引き上げるための要求。

  • CRSVC-33269:HMAC 正規コードにデバッグ ログを追加する。

  • MACOS-3372:macOS DDUI - ペイロードの文字制限。

22.6.0.16 パッチで解決済みの問題

  • INTEL-44409:Intelligence の UEM デバイス データに最後にチェックアウトされたユーザー名を表示する。

  • INTEL-44133:UEM と Intelligence の間で Android Hub のバージョンが一致しない。

  • INTEL-44017:アプリケーションの初期エクスポートに管理アプリケーション リスト参加を追加する。

  • AAPP-14825:データベース競合の度合が高い場合に、環境でクエリが長時間実行される。

22.6.0.17 パッチで解決済みの問題

  • AAPP-15041:一部の VPP アプリケーションが「確認保留中」で停止する。

22.6.0.18 パッチで解決済みの問題

  • AMST-37556:セキュリティ サンプルの向上。

  • CRSVC-33615:[コンプライアンス] アクティブなポリシーを非アクティブに設定すると、遵守ポリシー状態の切り替えが正しく機能しない問題を修正する。

22.6.0.19 パッチで解決済みの問題

  • FCA-204360:デバイスおよびコンソール イベントのイベント データ モーダルが読み込まれない。

  • RUGG-11621:2206 にアップグレードすると、[ファイル] または [アクション] からダウンロードしたファイルが空になる。

22.6.0.20 パッチで解決済みの問題

  • UM-7779:AirWatch Purge Expired Sample Data SQL ジョブに失敗する。

  • AMST-37720:(Factory Provisioning) Active Directory の選択が期待どおりに動作しない。

  • FCA-204392:SSP 経由で加入したデバイスに、カスタム デバイス アクティベーション テンプレートが送信されない。

  • FCA-204431:デバイスの組織グループの変更がテナントの制限によって阻止された場合でも、成功メッセージが誤って表示される。

  • AMST-37746:(P2P Branch-Cache) ピアツーピアのダウンロードが機能していない。

22.6.0.21 パッチで解決済みの問題

  • CRSVC-34057:SQL Server Standard Edition で 2209.9 の DB インストーラ スクリプトが失敗する。

  • AGGL-13506:Android の制限 - 「Work プロファイルの位置設定の変更をユーザーに許可する」が機能しない。

既知の問題

Console

  • ENRL-3501:「デバイス加入トークンの詳細の取得」API がタグ値を返さない。

    この API を使用して加入トークンの詳細を取得する場合、詳細に、加入トークン用に作成されたタグは含まれません。

     タグは、デバイス > ライフサイクル > 加入状態 > タグ に表示されます。

  • UM-7577:ユーザーが Oracle Directory を使用している。ユーザーとグループを同期することはできますが、属性の同期は主に識別名属性で失敗します。

    ユーザーが Oracle Directory を使用していて、自動マージが有効になっていない場合、ユーザー属性が同期に失敗し、コンソール内で正しく更新されない可能性があります。

    この問題を修正するには、グループと設定 > すべての設定 > エンタープライズ統合 > ディレクトリ サービス > ユーザー タブ > 詳細設定 で自動マージの構成を有効にしてください。

  • FS-1297:Freestyle Orchestrator ワークフロー識別子バージョンが、判読しやすいバージョン識別子ではなく文字列形式で表示される。

    Intelligent Hub のワークフロー識別子バージョンが、エンド ユーザーが判読しやすい形式ではなく文字列形式で表示されます。これにより、エンド ユーザーのユーザー インターフェイス エクスペリエンスが低下する可能性がありますが、ワークフローの機能には影響しません。

    この問題の回避策はありません。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon