Workspace ONE UEM console には、すべての前提条件を完了し、スマート グループを選択し、ユーザーのカスタム メッセージを構成する移行ツールが用意されています。また、適格性の状態や失敗または成功の理由など、移行されたデバイスのサマリ ページを表示するダッシュボードも用意されています。

前提条件

移行が失敗すること、またはユーザーが必要とするすべてのアプリケーションにアクセスできないことを防ぐために、前提条件を満たす必要があります。前提条件の詳細は、Android (Legacy) から Android Enterprise の Work プロファイルに移行するための前提条件 を参照してください。

手順

  1. [[デバイス] > [ライフサイクル] > [Legacy Android 移行]] の順に選択し、[新しい移行] を選択します。
  2. 前提条件を満たし、[次へ] を選択して、[詳細] タブに移動します。
    詳細 [詳細] タブでは、移行するスマート グループを選択できます。
    名前 移行グループのフレンドリ名を入力します。
    説明 移行グループの詳細な説明を入力します。
    スマート グループ 移行をどのスマート グループが受け取るかを指定します。スマート グループには、Android (Legacy) 展開が含まれる必要があります。

    スマート グループを移行に含める資格がない場合は、エラー メッセージが表示されます。

    メッセージ ユーザーが Android Enterprise へのアップグレードを選択すると、このメッセージで従業員に移行の説明が行われ、手順を進めるように求められます。
  3. [検証] を選択します。[検証] を選択すると、移行の対象となるデバイスの台数が取得されます。
  4. 移行についてすべてのデバイスが検証されたら、[続行] を選択します。有効なスマート グループを選択するまで続行することはできません。
    [サマリ] ページには、デバイスのリスト、移行の適格性、デバイスが対象外の理由などの詳細が表示されます。
  5. [作成] を選択して、移行を作成します。
    選択したスマート グループ内の適格なデバイスに通知を送信して、ユーザーに移行について知らせ、進めるのに必要な操作を実行するように求めます。[Legacy Android 移行] 画面で、進捗を監視できます。このページでは、リスト表示から移行を選択して、その移行の詳細ページを表示できます。
    注: Android (Legacy) から Android Enterprise への移行時には、スケジューラの設定に基づいて即座に先頭バッチ サイズのデバイス (300) に移行コマンドが自動送信されます。最初の 300 デバイスの終了後、残りのデバイスは特定の間隔でコマンドを受け取ります。UEM console の設定は、 [管理者 > スケジューラ] で確認できます。

次のタスク

詳細は、[Migration Details] ページ を参照してください