Chrome ブラウザ設定プロファイルを使用すると、Work Chrome アプリの設定を管理するのに役立ちます。

Chrome は、Google の Web ブラウザです。Chrome には、検索、オムニボックス (1 つのボックスで検索と移動が可能 )、自動入力、保存済みパスワードなど数多くの機能があるほか、Google アカウントにサインインしてすべてのデバイス間で最近使用したタブおよび検索に即座にアクセスする機能もあります。Work Chrome アプリは、Chrome の個人バージョンと同じ機能があります。このプロファイルを構成しても、ユーザーの個人用 Chrome アプリには影響がありません。このプロファイルを個別 VPN や資格情報 + Wi-Fi ペイロードと組み合わせてプッシュすることで、エンドユーザーは認証されて社内サイトやシステムにログインできるようになります。これにより、ユーザーが業務で Work Chrome アプリを必ず使用するようにします。

手順

  1. [リソース] > [プロファイルとベースライン] > [プロファイル] > [追加] > [プロファイルを追加] > [Android]の順に選択します。
  2. 必要に応じて、プロファイルの [全般] を構成します。
  3. [Chrome ブラウザ設定] ペイロードを選択し、必要に応じて設定を構成します。
  4. [保存して公開] を選択します。