Work 管理対象デバイスおよび企業所有の個人利用 (COPE) デバイスの加入時に、アカウントを追加するように求められたときに、ユーザーは特別な DPC 固有識別子トークンを入力します。Workspace ONE UEM のトークンは、Workspace ONE UEM を EMM プロバイダとして自動的に識別する「afw#hub」です。

重要: この加入フローは、Android 6.0 Marshmallow 以降のデバイスでのみサポートされます。

手順

  1. 工場出荷状態リセットのデバイスで [開始] をタップします。
  2. [Wi-Fi] ネットワークを選択し、資格情報を使用してログインし、デバイスを接続します。
  3. Google アカウントを追加するように求められたら、識別子「afw#hub」を入力します。セットアップ ウィザードにより一時的な Google アカウントがデバイスに追加されます。このアカウントは、Google Play から DPC をダウンロードするためにのみに使用され、完了時に削除されます。
    識別子が誤って入力された場合は、再入力するように求められます。
  4. [インストール] をタップして、デバイスへの Workspace ONE Intelligent Hub を構成し始めます。インストールが完了すると、Hub が自動的に開きます。
  5. [認証方法] を選択して加入を続行します。
    1. 自動検出を構成している場合は、[E メール アドレス] を入力します。さらに、リストからグループ ID を選択するか、[サーバの詳細] を選択して、サーバ、グループ ID、およびユーザー資格情報を入力するよう求められる場合があります。
    2. UEM Console で QR コードを作成した場合は、[QR コード] を選択します。
  6. 表示される指示に従い加入プロセスを完了します。
    注: [詳細表示] ページを確認して、デバイスが Work 管理対象モードで正常に加入していることを確認できます。