セキュリティ レベルを上げ、企業アセットをより強固に保護するには、電子証明書の導入が効果的です。そのためには、まず認証局を指定し、次に、Exchange ActiveSync (EAS) ペイロード、Wi-Fi ペイロード、または VPN ペイロードに加えて資格情報ペイロードを構成する必要があります。

各ペイロードには、資格情報ペイロードで定義された認証局を関連付けるための設定項目があります。資格情報プロファイルを構成することにより、ユーザー認証用の社内証明書を管理対象デバイスに展開できます。このプロファイルの設定は、デバイス所有形態タイプによって異なります。[資格情報]プロファイルは、Work プロファイルと Work 管理対象デバイス モードのタイプに対して適用されます。

デバイスには、Workspace ONE UEM が秘密キーを使用して ID 証明書をインストールする前にデバイス PIN コードを構成する必要があります。