管理者は [ファイアウォール] ペイロードを使用して Android デバイスのファイアウォール ルールを構成することができます。各ファイアウォール ルール タイプに対して、複数のルールを追加できます。

このプロファイルは [OEM 設定] が有効になっていて、[全般] プロファイル設定で [ OEM の選択] フィールドが Samsung に設定されている場合に使用できます。
注: ファイアウォールペイロードは、SAFE 2.0 以降のデバイスにのみ適用されます。

手順

  1. [リソース] > [プロファイルとベースライン] > [プロファイル] > [追加] > [プロファイルを追加] > [Android ]の順に選択します。
    [ファイアウォール] プロファイルは、 [OEM 設定] フィールドが有効になり、Samsung が [OEM の選択] フィールドから選択された場合にのみ、 [Android] プロファイルに対して表示されます。[全般] プロファイルの [OEM 設定] フィールドは、Android プロファイルにのみ適用され、Android (Legacy) 構成には適用されません。
  2. プロファイルをデバイスに展開するには、[デバイス] を選択します。
  3. プロファイルの [全般] を構成します。
    [全般] 設定は、プロファイルの展開方法と展開対象となるユーザーを指定するためのものです。
  4. [ファイアウォール] プロファイルを選択します。
  5. 目的のルールの下にある [追加] ボタンを選択し、設定を構成します。
    設定 説明
    許可ルール このオプションを有効にした場合、デバイスは特定のネットワークの場所で送受信を行うことができます。
    拒否ルール このオプションを有効にした場合、デバイスは特定のネットワークの場所で送受信を行うことができません。
    経路変更ルール このオプションを有効にした場合、トラフィックは特定のネットワークの場所から代替ネットワークにリダイレクトされます。許可されたウェブサイトを別の URL にリダイレクトする場合は、リダイレクト先の URL もすべて許可ルール セクションに追加し、アクセスできるようにしてください。
    リダイレクト例外ルール このオプションを有効にした場合、トラフィックはリダイレクトされません。
  6. [保存して公開] を選択します。