Workspace ONE UEM Console を使用して、シンプルなセットアップ プロセスを完了し、UEM console を EMM プロバイダとして Google にバインドすることができます。

前提条件

「Android EMM 登録」ページがブロックされている場合は、内部および外部のエンドポイントと通信するネットワーク アーキテクチャで Google URL が有効になっていることを確認します。詳細は、 Android のネットワーク要件 を参照してください。

手順

  1. [はじめに] > [Workspace ONE] > [Android EMM 登録] の順に進みます。
  2. [構成] を選択すると、「Android EMM 登録」 ページにリダイレクトされます。
  3. [Google に登録する] を選択します。すでに Google の資格情報でサインインしている場合は、Google の [開始] ページが表示されます。
    組織で複数のドメインを使用している場合は、個別のドメインを登録する必要があります。
    AOSP または閉じたネットワーク上でのオペレーティングの詳細は、 Android デバイスのモードの概要を参照してください。
  4. まだサインインしていない場合は [サインイン] を選択して、Google 認証情報を入力して、[開始] を選択します。
  5. [組織名] を入力します。エンタープライズ モビリティ管理 (EMM) プロバイダのフィールドには、VMware Workspace ONE UEM として自動的に入力されます。
  6. [確認] > [登録を完了] を選択します。Workspace ONE コンソールにリダイレクトされます。Google サービス アカウント認証情報が自動的に入力されます。
  7. [保存] > [テスト接続] を選択して、サービス アカウントがセットアップされて正常に接続されていることを確認します。

次のタスク

UEM コンソールで設定が消去されている場合、Google の登録に移動すると、セットアップを完了するように求めるメッセージが表示されます。セットアップを完了するために、 Workspace ONE UEM Console にリダイレクトされます。