Android を使用する会社内のすべてのユーザーは、デバイスに接続するために Google アカウントを作成する必要があります。Android EMM 登録ウィザードの最終ステップでは、ユーザーの作成用に選択するセットアップ方法を決定できます。

Android でユーザーを作成するための次の 2 つのオプションがあります。

  • Workspace ONE UEM が加入時に自動的に Google アカウントを作成できるようにする。
  • Google 管理者コンソールにログインして、または Google Active Directory 同期ツール (GADS) を使用して、手動でユーザーを作成する。

ユーザー名の形式は、username@<your_enterprise_domain>.com です。

手順

  1. 次のいずれかのオプションを有効にして、ユーザーの設定方法を決定します。
    • 加入ユーザーのメール アドレスに基づいた加入中に Google アカウントを作成する。
    • 認証に SAML を使用 - 加入プロセスに SAML を有効にします。
    • Google アカウント認証に SAML を使用する - この方法を使用するには、Google 管理コンソールで [セキュリティ > シングル サインオン] に移動してシングル サインオンを構成します。
    上記いずれかの方法で自動作成ユーザーが有効になっていない場合、Workspace ONE UEM console から Google Active Directory Sync ツール、または Google 管理者コンソールで Google アカウント作成の代替方法の指示があります。
  2. [テスト接続] オプションを使用して、Google と適切に通信しているか確認します。
    • [API アクセスの実行]:Google EMM API が有効で、アプリケーションがインストールできることを検証します。
    • [Directory API アクセス]:[Admin SDK API] が有効で、https://www.googleapis.com/auth/admin.directory.user スコープが Google 管理コンソールで承認されていることを検証します。
  3. [[保存]] を選択します。