Workspace ONE UEM powered by AirWatch の共有デバイス/マルチユーザー デバイス機能を利用すると、個々のエンド ユーザーに対して、セキュリティと認証を確実に導入できます。また共有デバイスでは、特定のエンド ユーザーのみが機密情報にアクセスできるように設定できます。

社内の従業員全員にデバイスを支給した場合、非常にコストがかかる可能性があります。Workspace ONE UEM powered by AirWatch では、デバイスを共有して、1 つの固定された構成をエンド ユーザー全員に適用することも、それぞれのエンド ユーザーに固有の構成設定を適用することも可能です。

共有デバイスを導入する場合、エンド ユーザーにデバイスを展開する前に、まず該当する設定や制限事項でデバイスをプロビジョンする必要があります。展開後、Workspace ONE UEM は共有デバイスにシンプルなログインまたはログアウト プロセスを使用します。これにより、エンド ユーザーが自分のディレクトリ サービスまたは専用のログイン資格情報を入力するだけでログインできるようになります。エンドユーザーのロールにより、コンテンツ、機能、およびアプリケーションなどの企業リソースへのアクセスのレベルが決定されます。このロールにより、ユーザーがログイン後に利用する機能やリソースが自動で構成されます。

ログインまたはログアウト機能は Workspace ONE Intelligent Hub 自体に組み込まれています。組み込みの機能であるため、加入状態に影響が及ばないことが保証され、デバイスが使用中であるかどうかにかかわらず、確実に管理できます。

共有デバイスの機能は、Apple Business Manager と統合された Apple iPad でもネイティブ サポートされています。ビジネス向け共有 iPadsと呼ばれるこの機能では、ログインのためにユーザーの管理対象 Apple ID を使用しており、ログインおよびログアウトのために Workspace ONE Intelligent Hub で実行されることはありません。Apple Business Manager を使用した Shared iPads for Business の構成の詳細と、この機能を実現する手順については、 docs.vmware.com で提供されている『Introduction to Apple Business Manager Guide』の [Shared iPads for Business] を参照してください。

共有デバイスの機能

複数のユーザー間で共有されるデバイスの機能とセキュリティに関しては、以下のような基本機能を利用することができます。これらの機能があることも、コスト効率の高い、エンタープライズ モビリティを最大限活用するためのツールとして、共有デバイスをお勧めする理由の 1 つです。

機能

  • 企業の設定を維持したまま、エンド ユーザーのエクスペリエンスをパーソナライズできます。
  • デバイスにログインすると、そのエンド ユーザーのロールと組織グループ (OG) に基づいて、企業アクセスと特定の設定、アプリケーション、およびコンテンツが構成されます。
  • Workspace ONE Intelligent Hub または Workspace ONE Access に組み込まれているログイン/ログアウト プロセスを使用できます。
  • エンド ユーザーがデバイスからログアウトすると、そのセッションの構成設定がワイプされます。当該のデバイスは、別のエンド ユーザーがログインできるようになります。

セキュリティ

  • デバイスをエンド ユーザーに支給する前に、共有デバイス設定を使用してデバイスをプロビジョニング
  • Workspace ONE UEM への加入状態を維持したまま、デバイスにログイン/ログアウト
  • ログイン中にエンド ユーザーをディレクトリサービスまたは専用の Workspace ONE UEM 資格情報で認証
  • Workspace ONE Access を使用してエンド ユーザーを認証
  • デバイスがログインしていない間もデバイスを管理

共有デバイスをサポートするプラットフォーム

共有デバイス/マルチユーザーデバイス機能をサポートするのは以下のデバイスです。

  • Android 4.3 以降
  • Workspace ONE Intelligent Hub 4.2 以降を搭載した iOS デバイス。
    • 共有 iOS デバイスのログインおよびログアウトの詳細については、『[iOS プラットフォーム ガイド]』(docs.vmware.com で入手可能)の「共有 iOS デバイスのログイン/ログアウト」を参照してください。
  • Workspace ONE Intelligent Hub 2.1 以降を搭載した MacOS デバイス。