登録時に Google から取得した情報を入力します。これには、登録したドメイン、エンタープライズ トークン、作成した Google 管理コンソール メール アドレスが含まれます。

Google 管理コンソール メール アドレスで https://admin.google.com にログインして、 [セキュリティ] → [Android 向けの EMM プロバイダの管理] でエンタープライズ トークンを取得することもできます。

手順

  1. [はじめに] > [Workspace ONE] > [Android EMM 登録] の順に進みます。ウィンドウを閉じている場合は Workspace ONE UEM には自動的にリダイレクトされません。
  2. Android のセットアップ ウィザードにリダイレクトするには、[登録] を選択します。
  3. Android のセットアップ ウィザードから [トークンをアップロード] を選択します。
    これは、エンタープライズ トークンとも呼ばれます。
  4. 次の欄に入力します。
    設定 説明
    ドメイン 会社に関連付けられている Android を有効にするために要求されるドメインです。
    重要: ドメインがすでに EMM の別のプロバイダに登録されている場合は、新しい EMM トークンをアップロードすることはできません。
    エンタープライズ EMM トークン Google 管理コンソールで生成されたトークン。
    Google 管理者 Eメール アドレス これは、ドメイン登録、Google Developers Console、および Google 管理コンソールで使用される管理者アカウントです。
    クライアント ID Google サービス アカウントの作成時に生成されたクライアント ID。この ID は、[Google Developer コンソール設定] から取得します。
    Google サービス アカウントの Eメール アドレス Google サービス アカウントの作成によって生成された E メール。この ID は、[Google Developer コンソール設定] から取得します。
    証明書 ID Google サービス アカウントの生成時に作成された P12 証明書をアップロードします。パスワードが必要です。この ID は、[Google Developer コンソール設定] から取得します。
  5. [次へ] を選択してユーザーを設定します。