デバイスを加入すると、Android デバイスと AirWatch 環境の間の接続が確立されます。Workspace ONE Intelligent Hub を使用することで加入プロセスを簡素化できます。また、デバイスをリアルタイムで管理することも、関連するデバイス情報にアクセスすることもできます。

次の手順を使用して、Workspace ONE Intelligent Hub をインストールし、加入フローに基づいてユーザーを認証します。

  1. Google Play ストアから Workspace ONE Intelligent Hub をダウンロードしてインストールします。

  2. Workspace ONE Intelligent Hub を起動します。

    1. E メール自動検出機能を構成している場合は、Workspace ONE Intelligent Hub から E メール アドレスを入力するように要求されます。リストからグループ ID を選択するよう要求されることもあります。

    2. E メール自動検出機能を構成していない場合は、希望する加入方法を選択します。

  3. E メール アドレスまたは加入 URL を入力します。

  4. ユーザー名パスワード を入力し、続行 をタップします。

  5. 利用規約に同意します。

  6. 暗号化 ボタンをタップし、残りの指示に従って設定を承認します。暗号化設定を受け入れた後、Workspace ONE Intelligent Hub が終了します。Workspace ONE Intelligent Hub に戻って加入プロセスを継続するには、暗号化完了通知をタップします。

    デバイスを暗号化するためのオプションは、デバイスが実行している Android のバージョンによって異なります。Android Marshmallow を搭載しているデバイスは、既定で暗号化されているため、加入時にこのオプションは表示されません。

  7. 設定 をタップして、デバイスに関連付けられる Work プロファイルを構成します。

  8. 「プライバシー ポリシー」 で OK をタップします。加入の残りの画面は、ユーザーの作成方法によって異なります。Workspace ONE UEM Console のエンタープライズ設定はデバイスにプッシュされます。これによって、管理対象の Google Play アカウントに対するデバイスの加入が終了します。

  9. Google アカウントの場合のみ、開始 をタップして、Work プロファイルを作成し、管理対象の Google アカウントをデバイスに接続します。これらの手順は認証方法によって異なります。ユーザー定義 の加入を続行するには:

    1. ユーザーの資格情報を使用してパスワードを作成し、次へ をタップします。

    2. 管理対象の Google アカウントの パスワード を入力し、次へ をタップします。

  10. ディレクトリ サービスの同期を続行するには、次を実行します。

    1. パスワード を入力して 次へ をタップします。

    2. 続行 を選択します。

    3. 終了 を選択します。

  11. SAML 加入フローに従うには、次を実行します。

    1. ユーザー名パスワード を入力し、ログイン をタップします。ユーザーは Workspace ONE Intelligent Hub にリダイレクトされます。

成功すると、デバイスに適した Work プロファイルが構成され、Workspace ONE Intelligent Hub の設定ページが表示されます。デバイスが Work プロファイルの Android 設定に従って使用できるようになりました。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon