Workspace ONE UEM は、アプリケーションを、ネイティブ(内部、パブリック、購入済み)、SaaS、および Web に分類します。タイプに応じて、アプリケーションをアップロードして展開できます。