Web アプリケーションに加えて、Horizon デスクトップおよびアプリケーション、Horizon Cloud デスクトップおよびアプリケーション、Citrix 公開アプリケーションおよびデスクトップ、ThinApp のパッケージ化されたアプリケーションを Workspace ONE UEM Console に統合できます。これらのリソースは、Workspace ONE UEM Console インターフェイスでは仮想アプリケーションと呼ばれ、仮想アプリケーションのコレクション機能を使用して管理されます。

単一の仮想アプリケーションのコレクションまたは任意の種類のリソースの複数のコレクションを作成できますが、単一のコレクションのみを作成できる ThinApp パッケージは例外です。たとえば、50 の Citrix XenApp ファームの導入を統合するために、各コレクションに 5 つのファームがある 10 個の仮想アプリケーションのコレクションを Workspace ONE UEM Console に設定できます。これにより、構成の管理が容易になり、各コレクションが個別に同期されるので同期が高速になります。また、各コレクションに異なるコネクタを使用して、同期の負荷を分散させることもできます。

Workspace ONE UEM Console で、[リソース] > [アプリ] > [仮想アプリ] > [仮想アプリケーションのコレクション]の順に進み、[仮想アプリケーションのコレクション] 画面で、すべてのリソースの統合を集中的に管理することができます。コレクションの作成および編集、すべてのコレクションの同期ステータスの監視、アラートの表示、またこのページからの手動による同期を行うことが可能です。

注:

ThinApp パッケージ アプリケーションとの統合は、Linux Workspace ONE UEM コネクタでのみサポートされます。Windows コネクタではサポートされていません。

仮想アプリケーションのコレクション機能には、次の利点があります。
  • すべてのリソース統合を管理する一元的な場所
    • すべてのタイプのリソースの管理
    • 各コレクションの構成と同期の設定の管理
    • すべてのコレクションの同期ステータスの監視
  • 大規模なリソース統合のために複数のコレクションを設定することで、より小さなデータのセットを同期できます。たとえば、各 Horizon ポッドまたは各 XenApp ファーム用に個別のコレクションを作成できます。
  • 異なるドメインに対して個別のコレクションを設定する機能。ドメインごとに個別のコレクションを使用する場合、複数のドメインの信頼関係を必要としません。

仮想アプリケーションのコレクションの要件

仮想アプリケーションのコレクション機能には、次の要件があります。
  • Workspace ONE UEM サービスのすべてのインスタンスは、バージョン 3.1 以降である必要があります。
  • リソースの同期に使用されるすべてのコネクタは、バージョン 2017.12.1.0 以降である必要があります。

Workspace ONE UEM の構成要件:

  • Workspace ONE UEM インスタンスと Workspace ONE UEM インスタンスの間でディレクトリ統合設定が構成されている。
  • Workspace ONE UEM インスタンスと Workspace ONE UEM インスタンスの間にディレクトリ管理者が存在している。

ロール要件:

  • [仮想アプリケーションのコレクション] ページへの初回アクセス時には、スーパー管理者のロールが必要です。
  • 新規インストールでは、[リソース] > [アプリ] > [仮想アプリ] > [仮想アプリケーションのコレクション ]を初めて選択すると、情報ページが表示され、[開始] をクリックすると、[仮想アプリケーションのコレクション] 画面が表示されます。この初期の開始フローには、スーパー管理者のロールが必要です。
  • 以前のリリースからアップグレードされたインストールでは、既存のリソース構成を仮想アプリケーションのコレクションに移行するために、スーパー管理者のロールが必要です。
  • 以前のリリースからアップグレードされ、リソースが構成されていないインストール環境では、[仮想アプリケーションのコレクション] 画面への初回アクセス時には、スーパー管理者のロールが必要です。このシナリオは、新規インストールのシナリオと似ています。
  • その後は、カタログ サービスで次のアクションを実行できる任意のロールで仮想アプリケーションのコレクションを管理できます。
    • デスクトップ アプリケーションの管理(Horizon、Horizon Cloud、および Citrix 公開仮想アプリケーションのコレクションの作成、編集、または削除)
    • ThinApps の管理 (ThinApps コレクションの作成、編集、または削除)
  • Horizon および Citrix コレクションの [ネットワーク範囲] 画面を保存するには、スーパー管理者のロールが必要です。[ネットワーク範囲] ページは、ユーザーの要求を適切なサーバにダイレクトするためにクライアント アクセスの FQDN を指定するために使用されます。
  • OG のタイプは「カスタマー」である必要があります。

仮想アプリケーションのコレクションへの既存の構成の移行

インストールのシナリオに応じて、仮想アプリケーションのコレクションを直接開始することも、移行パスに従うこともできます。新規インストールでは、Horizon、Horizon Cloud、Citrix、または ThinApp リソースの新しい仮想アプリケーションのコレクションを直接作成できます。Workspace ONE UEM 1903 にアップグレードし、すべてのコネクタがバージョン 2017.12.1.0 以降の場合は、[デスクトップとアプリケーションの管理] ユーザー インターフェイスを使用して引き続き管理されていた既存の構成を仮想アプリケーションのコレクションに移行する必要があります。

  • 新規インストールでは、[リソース] > [アプリ] > [仮想アプリ] > [仮想アプリケーションのコレクション] タブの順に進みます。画面の情報を確認し、[開始] をクリックします。統合するリソースのタイプを選択し、ウィザードの指示に従って新しい仮想アプリケーションのコレクションを作成します。
  • Workspace ONE UEM 1903 にアップグレードする際、すべてのコネクタがバージョン 2017.12.1.0 以降の場合、[リソース] > [アプリ] > [仮想アプリ] > [仮想アプリケーションのコレクション] タブの順に選択します。画面の情報を確認し、[開始] をクリックして移行ウィザードを使用します。

    既存の構成を移行した後で、[新しい仮想アプリケーションのコレクション] ページが有効になり、移行した構成を表示および編集して、新しい構成を作成できます。このページにアクセスするには、[リソース] > [アプリ] > [仮想アプリ] > [仮想アプリケーションのコレクション] タブの順に選択します。

  • 以前のリリースからアップグレードしていて、バージョン 2017.12.1.0 よりも古いスタンドアロンまたは組み込みのコネクタが少なくとも 1 つある場合は、新しい仮想アプリケーションのコレクションを作成することはできません。すべてのコネクタを 2017.12.1.0 以降にアップグレードしてから、移行ウィザードを使用して既存の構成を仮想アプリケーションのコレクションに移行します。
注:
  • 新しい仮想アプリケーションのコレクションを作成するか、既存の構成を仮想アプリケーションのコレクションに移行するには、Workspace ONE UEM サービスのすべてのインスタンスがバージョン 3.1 以降であり、すべてのコネクタがバージョン 2017.12.1.0 以降である必要があります。
  • [仮想アプリケーションのコレクション] ページへの初回アクセス時と、既存のリソースの移行時には、スーパー管理者のロールが必要です。

移行ウィザードを使用した仮想アプリケーションのコレクションへの移行

移行ウィザードを使用して、以前のリリースで使用可能な [デスクトップとアプリケーションの管理] ユーザー インターフェイスから仮想アプリケーションのコレクションに既存のリソース構成を移行します。

すべての既存のリソース構成を同時に移行する必要があります。たとえば、Horizon Cloud と Citrix リソースが構成されている場合は、移行ウィザードで両方を選択します。移行ウィザードは、すべてのリソースを同時に移行するために 1 回のみ使用されます。一度実行すると、使用できなくなります。ホストされた環境では、移行プロセスに時間がかかることがあります。

  • [仮想アプリケーションのコレクション] ページへの初回アクセス時と、移行の実行時には、スーパー管理者のロールが必要です。

仮想アプリケーションのコレクションの作成

  1. Workspace ONE UEM console で、[リソース] > [アプリ] > [仮想アプリ] > [仮想アプリケーションのコレクション] > [新規] の順に進みます。
  2. 情報を確認し、[開始] をクリックします。移行ウィザードが表示され、既存のすべてのリソース構成が表示されます。移行ウィザードは、古いインストールにリソースが構成されている場合にのみ表示されます。
  3. 移行ウィザードで、リソース タイプごとに、以前のインストールで構成に使用されたコネクタ ワーカーを選択します。各リソース タイプのドロップダウン メニューには、そのリソースが構成されていたコネクタのみが表示されます。高可用性を実現するために複数のコネクタでリソースが構成されていた場合は、すべてのコネクタがリストに表示されます。[自動的に同期しています] または [手動で同期しています] ラベルは、そのコネクタ上のリソースに対して同期スケジュールが設定されているか、または手動同期に設定されているかどうかを示します。[自動的に同期しています] というラベルのコネクタを選択します。これは、各リストのデフォルトの選択肢でもあります。既存のすべての構成に対して選択したことを確認します。移行ウィザードは、すべてのリソースを同時に移行するために 1 回のみ使用できます。一度実行すると、使用できなくなります。
  4. [移行] をクリックします。ホストされた環境では、移行プロセスに時間がかかることがあります。
既存のリソース構成が移行されます。構成のタイプごとに仮想アプリケーションのコレクションが作成されます。これらのコレクションは、移行が完了した後に表示される [仮想アプリケーションのコレクション] ページに表示されます。コレクションを表示または編集するには、コレクションの名前をクリックします。[仮想アプリケーションのコレクション] ページにアクセスするには、いつでも [カタログ] > [仮想アプリケーションのコレクション] タブの順に選択します。
仮想アプリケーションのコレクションに関するトラブルシューティング情報については、コネクタ ログ ファイル connector.log とサービス ログ ファイル horizon.log の両方を参照してください。Linux 仮想アプライアンスでは、ログ ファイルは /opt/vmware/horizon/workspace/logs ディレクトリにあります。Windows サーバでは、ログ ファイルは install_dir\IDMConnector_or_VMwareIdentityManager\opt\vmware\horizon\workspace\logs ディレクトリにあります。
  • 新しい各仮想アプリケーションのコレクションには、1 つのコネクタ (移行ウィザードで選択したコネクタ) のみが追加されます。高可用性のためにコネクタ クラスタを設定した場合は、コレクションを編集して他のコネクタを追加します。
  • 移行した構成ごとに 1 つの仮想アプリケーションのコレクションが作成されます。多数のサーバとアプリケーションを含む大規模な統合の場合、管理を容易にし、同期を高速化するために、コレクションを複数のコレクションに分割することを検討してください。仮想アプリケーションのコレクション機能を使用すると、ThinApp の統合を除いて、統合のタイプごとに複数のコレクションを作成できます。
Horizon Cloud や Citrix 公開リソースなどの統合のタイプごとに 1 つまたは複数の仮想アプリケーションのコレクションを作成できます。
仮想アプリケーションのコレクションを作成する前に、次の手順を実行します。
  • Workspace ONE UEM サービスのすべてのインスタンスは、バージョン 3.1 以降である必要があります。
  • リソースの同期に使用されるすべてのコネクタは、バージョン 2017.12.1.0 以降である必要があります。
  • 次の管理者のロールが必要です。
    • 仮想アプリケーションのコレクションの使用を開始するには、スーパー管理者のロールを使用します。
    • Horizon、Horizon Cloud、および Citrix 公開仮想アプリケーションのコレクションを作成、編集、または削除するには、カタログ サービスでデスクトップ アプリケーションの管理アクションを実行できる任意のロールを使用します。
    • ThinApps コレクションを作成、編集、または削除するには、カタログ サービスで ThinApps の管理アクションを実行できる任意のロールを使用します。
    • Horizon および Citrix 公開仮想アプリケーションのコレクションの [ネットワーク範囲] ページを編集および保存するには、スーパー管理者のロールを使用します。
  • ThinApp パッケージ アプリケーションとの統合は、Linux Workspace ONE UEM コネクタでのみサポートされます。Windows コネクタではサポートされていません。
  1. Workspace ONE UEM console で、[リソース] > [アプリ] > [仮想アプリ] > [仮想アプリケーションのコレクション] > [新規] の順に進みます。
  2. ソース タイプを選択します。統合するリソースのタイプを選択できます。ソースタイプとして、Horizon、Horizon Cloud、Citrix 公開アプリケーション、または ThinApp パッケージを選択できます。
    注: ThinApp パッケージ アプリケーションとの統合は、Linux
  3. Workspace ONE UEM connector でのみサポートされます。Windows コネクタではサポートされていません。
  4. 新しいコレクション ウィザードに従って、コレクションを作成します。各タイプの統合の構成情報は異なります。すべてのソース タイプについて、次のようないくつかのフィールドが表示されます。
    オプション 説明
    コネクタ このコレクションの同期に使用するコネクタを選択します。コネクタを選択するには、コネクタに関連付けられているディレクトリを選択します。コネクタのクラスタを設定している場合は、すべてのコネクタインスタンスが [ホスト] リストに表示され、このコレクションのフェイルオーバーの順序で並べ替えることができます。リストを並べ替えるには、行をクリックして、目的の位置にドラッグします。
    注:
    コレクションを作成した後は、そのコレクションに対して別のコネクタを選択することはできません。
    同期頻度 コレクション内のリソースを同期するタイミングと頻度を選択します。同期の頻度の範囲は、時間単位から週単位です。自動同期のスケジュールを設定しない場合は、[手動] を選択します。
    アクティベーション ポリシー このコレクション内のリソースを Workspace ONE ポータルおよびアプリケーションでユーザーが使用できるようにする方法を選択します。承認フローを設定する場合は、[ユーザーが有効化] を選択します。それ以外の場合は、[自動] を選択します。

    [ユーザーが有効化][自動] オプションの両方を使用すると、リソースが [カタログ] 画面に追加されます。ユーザーは、[カタログ] ページのリソースを使用し、それらを [ブックマーク] ページに移動することができます。ただし、任意のアプリケーションの承認フローを設定するには、そのアプリケーションのユーザーによるアクティベーションを選択する必要があります。

    アクティベーション ポリシーは、コレクション内のすべてのリソースのすべてのユーザー資格に適用されます。[ユーザーとグループ] タブのユーザーまたはグループ ページから、リソースごとに個別ユーザーまたはグループのアクティベーション ポリシーを変更できます。

コレクションを作成したら、[仮想アプリケーションのコレクション] ページからコレクションを表示および編集できます。新しいコレクションのリソースはまだ同期されていません。コレクションの同期スケジュールを設定すると、リソースは次回のスケジュールされた時刻に同期されます。リソースを手動で同期するには、[仮想アプリケーションのコレクション] ページでコレクションを選択し、 [同期] をクリックします。

仮想アプリケーションのコレクションの編集

すべてのタイプの統合について、Workspace ONE UEM console の [仮想アプリケーションのコレクション] ページから、すべての仮想アプリケーションのコレクションを編集できます。

仮想アプリケーションのコレクションを編集する前に、次の管理者役割が必要です。

  • Horizon、Horizon Cloud、および Citrix 公開仮想アプリケーションのコレクションを作成、編集、または削除するには、カタログ サービスでデスクトップ アプリケーションの管理アクションを実行できる任意のロールを使用します。
  • ThinApps コレクションを作成、編集、または削除するには、カタログ サービスで ThinApps の管理アクションを実行できる任意のロールを使用します。
  1. Workspace ONE UEM console で、[リソース] > [アプリ] > [仮想アプリ] > [仮想アプリケーションのコレクション] タブの順に進みます。
  2. 編集するコレクションを選択し、[編集] をクリックします。
  3. 仮想アプリケーションのコレクションの編集ウィザードで、コレクションを編集して変更内容を保存します。次の設定を変更できます。
    • コレクションの名前
    • ソース サーバまたはパスおよび関連する設定
    • 同期の頻度やスケジュール設定された同期の時刻などの同期設定
    • その統合のタイプに該当するその他の設定
    コレクションが作成された後にディレクトリを変更することはできません。
    注:
    Horizon 仮想アプリケーションのコレクションでは、以前に追加された Horizon ポッドの FQDN を変更することはできません。ポッドをコレクションから削除して、再度追加します。
ベスト プラクティスとして、編集後にコレクションを同期します。 [リソース] > [アプリ] > [仮想アプリ] > [仮想アプリケーションのコレクション] ページの順に進み、 [同期] をクリックします。

仮想アプリケーションのコレクションの同期

[仮想アプリケーションのコレクション] ページでは、コレクションの自動同期スケジュールまたは手動同期スケジュールを選択したかどうかにかかわらず、仮想アプリケーションのコレクションをいつでも同期できます。コレクションを同期すると、ソースサーバから Workspace ONE UEM にリソースおよび資格が伝達されます。

  1. Workspace ONE UEM console で、[リソース] > [アプリ] > [仮想アプリ] > [仮想アプリケーションのコレクション] タブの順に進みます。
  2. 同期する仮想アプリケーションのコレクションを選択し、[同期] をクリックします。Workspace ONE UEM はソースと Workspace ONE UEM カタログ間のリソースと割り当てを比較し、[同期アクションを計算中] ダイアログ ボックスを表示します。

    リソースと割り当てが一致すると、次のメッセージが表示されます。すべて最新です。同期は必要ありません

    Workspace ONE UEM に伝達する必要がある変更がソースにある場合、[同期アクションを計算中] ダイアログボックスに、同期が必要なアプリケーション、デスクトップ、およびユーザー割り当ての数が表示されます。

  3. [同期アクションを計算中] ダイアログ ボックスで、[保存] をクリックします。同期プロセスが開始されますが、同期が必要なリソースと割り当ての数によっては、完了までに時間がかかることがあります。同期が完了すると、[仮想アプリケーションのコレクション] ページの同期のステータスが 開始済み から 同期完了 に変更されます。

仮想アプリのコレクションの監視

[仮想アプリケーションのコレクション] ページから、すべてのリソースの統合の同期ステータスを監視できます。各仮想アプリケーションのコレクションについて、リソースが前回同期された時刻、同期が成功したかどうか、どのリソースおよび割り当てが同期されたか、同期中にアラートが発生したかどうかを表示できます。

  1. Workspace ONE UEM console で [リソース] > [アプリ] > [仮想アプリ] > [仮想アプリケーションのコレクション] タブの順に進みます。すべてのタイプのリソース統合について、すべてのコレクションがページに表示されます。
  2. 各コレクションの情報を表示します。
    表示 詳細は
    コレクションに設定されている同期スケジュール [同期頻度] 列

    自動同期スケジュールを設定しなかった場合、この列には [手動] が表示されます。手動設定では、ソース サーバから Workspace ONE UEM にリソースまたは資格の変更を伝達するたびに、仮想アプリケーションのコレクションを手動で同期する必要があります。

    Workspace ONE UEM。

    前回の同期試行日時 [最終同期試行日時] 列。
    最後の同期のステータス [同期ステータス] 列には、次のいずれかの状態が表示されます。
    • まだ同期していません

      仮想アプリケーションのコレクションが同期されていません。

    • ドライ ランが正常に完了しました

      [同期] をクリックして仮想アプリケーションのコレクションを手動で同期する場合は、同期を実行する前に、

      Workspace ONE UEM が、同期の必要なアプリケーション、デスクトップ、および割り当ての数を計算し、結果を [同期アクションを計算中] ダイアログ ボックスに表示します。この時点で、ステータスは ドライ ランが正常に完了しました です。[保存] をクリックした後に同期タスクが開始されます。

    • 開始済み

      同期プロセスが開始されました。

    • 同期の開始に失敗しました

      前回の同期が進行中であるため、同期プロセスを開始できません。

    • 同期が完了しました

      同期プロセスが完了しました。

    • 同期の完了に失敗しました

      同期プロセスが完了しませんでした。たとえば、ネットワークの問題によって、コネクタがリソースの同期元のサーバに到達できなかった場合、同期は完了しません。

    • すべてのリソースと資格が同期されていません

      同期プロセスが完了しなかったため、一部のリソースと資格が同期されませんでした。

    前回の同期で追加または削除されたデスクトップ、アプリケーション、および資格
    1. [同期ステータス] 列で [詳細] をクリックします。
    2. 情報アイコンをクリックします。

      [同期アクションの概要] ダイアログ ボックスには、前回の同期で追加、削除、または更新されたアプリケーション、デスクトップ、および割り当ての数が一覧表示されます。

    3. アプリケーション、デスクトップ、または割り当ての名前を表示するには、リンクをクリックします。
    アラート
    1. [同期ステータス] 列で [詳細] をクリックします。
    2. アラート アイコンをクリックします。

      [同期アラート] ダイアログ ボックスに、同期中に発生したアラートが表示されます。たとえば、Workspace ONE UEM に存在しないユーザーの割り当てがある場合、アラートが表示されます。

      注:

      [同期の概要の履歴] は、すべてのコネクタが最新バージョンにアップグレードされている場合にのみ表示されます。

    注:
    アラートは、コレクションまたは同期実行ごとに区別されていません。ディレクトリ同期アラートを含め、すべてのアラートがリストに表示されます。