デバイスの加入時にすぐにカタログを展開しても構わない場合、プロファイルを使用して貴社の AirWatch Catalog をプッシュします。プラットフォームに応じて Web クリップまたはブックマーク ペイロードを構成します。

手順

  1. [デバイス] > [プロファイル] > [リスト表示] の順に進み、[追加] を選択します。
    [Apple macOS] のみ – [ユーザー プロファイル] を選択します。
  2. プロファイルの [全般] 情報を入力し、スマート グループを使用して AirWatch Catalog をデバイスに割り当てます。
    このセクションでプッシュ モードを自動に定義し、AirWatch Catalog がデバイスにプッシュされるよう設定します。
  3. 以下のペイロードのいずれかを選択します。
    • [Web クリップ] (Apple iOS、macOS、Windows デスクトップ用)
    • [ブックマーク] (Android 用)
  4. [ラベル] 欄に Web アプリのタイトルを入力します。
  5. [URL] 欄に次の形式で AirWatch Catalog 用の URL を入力します。https://{Environment}/Catalog/ViewCatalog/{SecureDeviceUdid}/{DevicePlatform}
  6. Apple iOS 6 以降のデバイスで、AirWatch Catalog を全画面表示モードで開くには、[全画面表示] オプションを設定します。
    [App Catalog/Container 内に表示] オプションを構成する必要はありません。このオプションは無効のままにしておきます。
  7. [保存して公開] を選択し、全般セクションで割り当てを設定したスマート グループのデバイスに AirWatch Catalog をプッシュします。