AirWatch と Workspace ONE UEM を統合すると、Workspace ONE のアプリケーション カタログは、ユーザーに資格を付与できるすべてのリソースのリポジトリとして機能します。ユーザーは、アプリケーション用の設定に基づいて、Workspace ONE カタログで管理する企業アプリケーションにアクセスできます。[AirWatch 管理者] の役割を持つ管理者は、レガシー VMware AirWatch Catalog から Workspace ONE カタログへお客様を移行できます。

前提条件

  • Workspace ONE UEM にログインし、Workspace ONE UEM と AirWatch の統合を構成します。詳細については、https://docs.vmware.com/jp/VMware-Identity-Manager/index.html で 「[Guide to Deploying VMware Workspace ONE]」 を参照してください。
  • エンタープライズ キーの値のペアに関して AirWatch アプリケーションを構成します。詳細については、https://docs.vmware.com/jp/VMware-Identity-Manager/index.html で 「エンタープライズ キーの値のペアに関する AirWatch アプリケーションの構成」 を検索してください。
  • AirWatch 管理対象の iOS および Android デバイス向けのモバイル シングル サインオン認証を構成します。詳細については、https://docs.vmware.com/jp/VMware-Identity-Manager/index.html で 「AirWatch 管理対象の iOS デバイス向けのモバイル シングル サインオン認証の実装」 および 「Android デバイス向けのモバイル シングル サインオン認証の実装」 を検索してください。

手順

  1. Workspace ONE を管理アプリケーションとして手動でプッシュします。つまり、アプリ ストアから Workspace ONE をパブリック アプリケーションとして追加します。パブリック アプリケーションの展開についての詳細は、「アプリ ストアからパブリック アプリを追加する」 を参照してください。
  2. [グループと設定] メニューで AirWatch Catalog を無効にします。[グループと設定] メニューで AirWatch Catalog の認証を無効にする方法の詳細については、「グループと設定」 のオプションを使用して AirWatch Catalog を展開するを参照してください。