割り当てと除外を追加すると、1 つのアプリケーションに複数の展開シナリオをスケジュールできます。特定の時刻でのアプリの展開を構成し、それ以上の操作を行わなくても Workspace ONE UEM Console が展開を実行するようにできます。アプリケーションの展開を制御するには、割り当てを 1 つ以上追加して、割り当ての重要度を設定します。具体的には、重要度が最も高い割り当てをリストの先頭に移動し、重要度が最も低い割り当てをリストの末尾に移動します。また、割り当てを受信しないようにグループを除外することもできます。

「柔軟な展開」 機能は、アプリ エリアの [割り当て] セクションにあります。この機能は、割り当てプロセスにおいて便利です。また、 [除外] タブから、グループを除外することで、割り当てを受信しないようにすることもできます。
  • 複数の展開を同時に割り当てることができる。
  • 適切な配布条件とアプリ ポリシーがデバイスに適用されるように、割り当ての順序を設定します。
  • 1 つ以上のスマート グループに対して、配布ポリシーとアプリ ポリシーをカスタマイズします。

手順

  1. [リソース] > [アプリ] > [ネイティブ] > [社内] または [パブリック] の順に進みます。
  2. アプリケーションをアップロードして、[保存して割り当て] を選択するか、アプリケーションを選択して、アクション メニューから [割り当て] を選択します。
  3. [割り当て] タブで、[割り当てを追加] を選択し、次のオプションを入力します。
    1. [配布] タブで、次の情報を入力します:
      プラットフォーム固有の構成が個別に表示されます。
      設定 説明
      名前 割り当て名を入力します。
      説明 割り当ての説明を入力します。
      割り当てグループ スマート グループ名を入力して、割り当てを受け取るデバイスのグループを選択します。
      展開の開始日 [展開の開始日] は、社内アプリケーションでのみ利用可能です。展開を開始する日時を設定します。

      展開を成功させるには、ネットワークのトラフィック パターンを考慮して、帯域幅のある開始日を設定します。

      アプリ配信方法
      • [オンデマンド] - コンテンツがカタログなどの展開エージェントに展開されます。コンテンツをインストールするかどうかの判断、および、コンテンツをインストールするタイミングは、デバイス ユーザーが決定します。

        組織にとってそれほど重要ではないコンテンツにこのオプションの選択をお勧めします。これは、ユーザーの希望時にアプリをダウンロードすることができるので、帯域幅の節約と不必要なトラフィックの制限につながります。

      • [自動] - デバイス加入処理時に、デバイス上にあるカタログなどの展開 Hub にコンテンツが展開されます。デバイス加入処理が完了した後、デバイス ユーザーは、デバイス上のコンテンツをインストールするよう促されます。

        組織とそのモバイル ユーザーにとって最も重要なコンテンツには、このオプションの選択をお勧めします。

      表 1. プラットフォーム固有の設定
      プラットフォーム 設定 説明
      macOS および Windows App Catalog に表示 内部またはパブリック アプリをカタログに表示するかどうかを [表示] または [非表示] で選択します。
      注: [表示] または [非表示] オプションは、Workspace ONE カタログにのみ適用され、レガシーの VMware AirWatch Catalog には適用されません。

      この機能を使用して、ユーザーにアクセスさせたくないアプリケーションを App Catalog で非表示にできます。

      Windows アプリケーション変換 このオプションは、アプリに変換ファイルが関連付けられている場合に表示されます。[配布] セクションで選択したデバイスで使用する変換ファイルを選択します。

      アプリのインストール後に変換ファイルの選択が変更された場合、その更新内容はデバイスに適用されません。アプリがインストールされていない新しく追加されたデバイスのみが、更新された変換を受信します。

    2. [制限] タブで、次の情報を入力します。
      プラットフォーム 設定 説明
      Android と iOS EMM 管理対象のアクセス 柔軟な管理を有効にし、デバイスがアプリにアクセスできるように Workspace ONE UEM でデバイスを管理するように設定します。

      この機能は、Workspace ONE では制御されますが、AirWatch Catalog では制御されません。

      この設定を有効にすると、EMM に加入されているデバイスのみがアプリをインストールでき、アプリ ポリシーを受信します。

      この設定は、レガシー AirWatch Catalog ユーザー以外の Workspace ONE Intelligent Hub ユーザーにのみに影響します。

      iOS 加入解除時に削除 デバイスを Workspace ONE UEM から加入解除するとき、デバイスからアプリを削除するように設定します。

      このオプションを有効にすると、監視対象デバイスではサイレント アプリのインストールが制限されます。

      このオプションを無効にすると、プロビジョニング プロファイルはインストールされているアプリケーションと一緒にプッシュされません。つまり、プロビジョニング プロファイルが更新された場合、新しいプロビジョニング プロファイルは自動的にデバイスに展開されません。このような場合は、新しいプロビジョニング プロファイルとともにアプリケーションの新しいバージョンが必要です。

      iOS アプリのバックアップを防ぐ アプリ データが iCloud にバックアップされないようにします。
      iOS 削除を禁止 この設定を有効にすると、ユーザーはアプリをアンインストールできなくなります。この機能は、iOS 14 以降でサポートされています。
      iOS および Windows ユーザーがインストールしたアプリを MDM 管理対象にする ユーザーが自分の iOS デバイス(監視対象と非監視対象)に既にインストールしたアプリケーションと Windows デスクトップを管理します。MDM 管理はアプリケーションの配信方法に関係なく自動的に実行され、個人用アプリケーションを収集するにはプライバシー設定が必要です。非監視対象の iOS デバイスの場合、アプリはユーザーの承認を得てから MDM 管理対象に変換されます。

      この機能を有効にした場合、デバイスにインストールされているアプリ バージョンをユーザーが削除する必要がなくなります。デバイスにアプリ カタログ バージョンをインストールしなくても、Workspace ONE UEM がアプリケーションを管理します。

    3. [Tunnel] タブで、次の情報を入力します。
      プラットフォーム 設定 説明
      Android Android アプリケーションに使用する [アプリベース VPN プロファイル] を選択し、アプリケーションレベルで VPN を構成します。
      Android Android Legacy アプリケーションに使用する [アプリベース VPN プロファイル] を選択し、アプリケーションレベルで VPN を構成します。
      iOS アプリベース VPN プロファイル アプリケーションに使用する [アプリベース VPN プロファイル] を選択します。
      iOS その他の属性 アプリ属性は、使用するアプリケーションのデバイス固有の詳細情報を提供します。たとえば、個別の組織に関連付けられているドメインのリストを設定する場合に使用します。
    4. [アプリケーション構成] タブで、次の情報を入力します。
      設定 説明
      Android アプリ構成情報をデバイスに送信します。
      iOS

      [XML をアップロード (Apple iOS)] – iOS アプリ用にキーと値のペアを自動入力する XML ファイルをアップロードするには、このオプションを選択します。アプリケーションでサポートされる構成を開発者から XML 形式で入手します。

      注: 生産性向上アプリを構成する際に、追加の構成タブが表示されることがあります。たとえば、 Workspace ONE Notebook アプリケーションを構成している場合、 [アカウント設定] および [アプリ ポリシー] が表示されます。詳細については、生産性向上アプリのドキュメントを参照してください。
  4. [作成] を選択します。
  5. [割り当て] を選択して、アプリケーションに新しいアプリの割り当てを追加します。
  6. 展開のスケジュールと優先度を編集して、アプリケーションに適した柔軟な展開設定を構成します。このウィンドウに表示されるオプションは、プラットフォームに応じて異なります。
    設定 説明
    [コピー] 割り当て設定の複製を選択した場合、省略記号(縦)からコピーをクリックします。
    [削除] 省略記号(縦)により、アプリケーション展開から選択した割り当てを削除できます。
    [優先度]

    設定した割り当てを割り当てのリストに配置することで、割り当ての優先順位をドロップダウン メニューから変更できます。優先度 0 は最も重要な割り当てで、すべての他の展開より優先されます。デバイスは、優先順位が最も高い割り当てグループからすべての制限配布ポリシーとアプリ構成ポリシーを受信します。

    デバイスが複数のスマート グループに属しており、いくつかの 「柔軟な展開」 を使用してこれらのスマート グループをアプリに割り当てる場合、デバイスは 「柔軟な展開」 のスケジュールを [優先度] に応じて受け取ります。「柔軟な展開」 にスマート グループを割り当てる際、1 台のデバイスが複数のスマート グループに属する可能性があることに注意してください。逆に、1 台のデバイスに対して、同じアプリの 「柔軟な展開」 が複数割り当てられることもあります。

    たとえば、デバイス 01 は、スマート グループ「HR」とスマート グループ「トレーニング」に属します。アプリ X について、2 つの 「柔軟な展開」 を構成し、割り当てを行いました。この 2 つの展開には、両方のスマート グループが含まれています。この場合、デバイス 01 には、アプリ X の割り当てが 2 つあることになります。

    • 優先度 0 = スマート グループ「HR」、「オンデマンド」で 10 日以内に展開。
    • 優先度 1 = スマート グループ「トレーニング」、「自動」で今すぐ展開。

    デバイス 01 には優先度 0 が割り当てられ、同デバイスは、その優先度の評価により 10 日以内にアプリを取得します。デバイス 01 に、優先度 1 は割り当てられません。

    [割り当て名] 割り当て名を表示します。
    [説明] 割り当ての説明を表示します。
    [スマートグループ] 割り当てられたスマート グループを表示します。
    [アプリ配信方法] アプリケーションをデバイスにプッシュする方法を表示します。[自動] では、ユーザーが操作しなくても AirWatch Catalog によってすぐにプッシュされます。[オンデマンド] では、ユーザーがカタログからインストールを開始するとデバイスにプッシュされます。
    [EMM 管理対象のアクセス] アプリで柔軟な管理が有効になっているかどうかが表示されます。

    この設定を有効にすると、EMM で管理されている場合にのみ、エンドユーザーは Workspace ONE SDK を使用してアプリケーションにアクセスできます。[ユーザー インストール済み] フラグが有効になっている場合は、サービスの中断を防ぐために、管理を引き継ぐ必要があります。

  7. [除外] タブを選択し、このアプリケーションの受信から除外するスマート グループ、組織グループ、およびユーザー グループを入力します。
    • システムは、アプリケーション レベルでアプリケーションの割り当てからの除外を適用します。
    • 除外を追加するときは、組織グループ (OG) 階層を考慮してください。メイン OG での除外は、サブ OG のデバイスには適用されません。サブ OG での除外は、メイン OG のデバイスには適用されません。希望する OG で除外を追加します。
  8. [保存して公開] を選択します。