アプリケーションをデプロイした後、Workspace ONE UEM Console から割り当てとインストールを確認できます。アプリケーションのバージョンを管理し、新しい更新されたアプリケーションを展開することもできます。アクセス ポリシーを使用して、SaaS アプリケーションへのアクセスを管理します。