Workspace ONE のエクスペリエンスを活用するには、Workspace ONE UEMWorkspace ONE UEM を統合します。これを統合アプリ カタログとして使用し、多様なアプリケーションを配布することができます。

Workspace ONE の基礎

内部アプリケーションの管理アクセス オプションの構成に関する詳細については、「Adding an Assignment to an Internal Application」 を参照してください。

Workspace ONE カタログおよび Workspace ONE UEM 専用モード

Workspace ONE カタログを構成すると、Workspace ONE UEM から Workspace ONE UEM にリソースを取得できます。Workspace ONE UEMWorkspace ONE UEM を統合してから、[取得] オプションを設定します。ディレクトリのアクティブ化、認証の設定、アクセス ポリシーの設定などの Workspace ONE UEM の他の機能をセットアップする必要はありません。

この機能については、https://docs.vmware.com/jp/VMware-Workspace-ONE/index.html で 「[Using Workspace ONE UEM-Only Mode for Access to Workspace ONE Catalog]」 のトピックを参照してください。