[バージョン追加] 機能を使用し、内部アプリ バージョンを更新して新機能や修正を組み込んだり、ベータ版をテストしたり、企業ポリシー順守を強化したりすることができます。バージョン管理には、テストや順守強化において多くのメリットがあります。ベータ版をテスト用にプッシュして、以前のバージョンへの「ロールバック」を Apple iOS デバイスに許可することができます。また、アプリケーションの許可済みまたは順守バージョンをデバイスにプッシュすることもできます。

注: システムは、 [バージョン追加] オプションを使用しなくてもアプリケーションの異なるバージョンを認識することができます。ただし、EXE、ZIP ファイルは、UEM console がパッケージを解釈できないため、例外になる場合があります。アプリケーションの異なるバージョンを、新しいアプリケーションとして追加しても、システムは [以前のバージョンを回収] チェック ボックスを [詳細] タブに表示します。

アプリケーションの新しいバージョンを追加すると、[詳細] タブに次のように表示されます。

  • [アップロードされた UEM のバージョン] - この識別子は、コンソールにアップロードしている UEM のバージョンです。
  • [割り当てのコピー元] - この識別子はアップロードされたバージョンの直前のバージョンです。アップロードされたバージョンはこのバージョンから割り当てを継承します。
  • [最新バージョン] – この識別子は、コンソール内で番号が最も大きいバージョンで、割り当てられたグループに加入されたデバイスに展開されます。

バージョン管理の例 – ベータ テスト

テスト アプリケーションの複数のバージョンを展開します。アプリケーションのベータ版をアップロードし、ベータ版ユーザーに展開します。同時に、通常のユーザーには、ベータ版ではないバージョンを提供します。ベータ版のテスト終了後に、ベータ版ではない既存のバージョンをテスト済みのバージョンと置き換えます。

アプリ バージョン値のソーシング

Workspace ONE UEM が AppVersion フィールドに表示するアプリケーション バージョンを取得する方法はプラットフォームにより異なります。アプリケーションの重複するバージョンをアップロードすることはできません。

表 1. ファイル バージョン値の場所(プラットフォーム別)
プラットフォーム パラメータ 場所
Android versionName はアプリ バージョンを表示し、versionCode はバージョン管理を行えるかどうかを制御します .apk パッケージ

iOS

macOS

CFBundleVersion

CFBuildShortVersionString

info.plist
Windows デスクトップ Version="X.X.X.X" AppManifest.xml
Windows Phone Version="X.X.X.X" WMAppManifest.xml

アプリ バージョンと増加

アプリ バージョン番号に関係なく、アプリケーションの複数のバージョンをアップロードできますが、ほとんどのプラットフォームでは、アプリ バージョンによってアプリケーションの展開が制御されます。アップロードされた UEM バージョンは、アプリ バージョン値に応じて Workspace ONE UEM によって管理されます。

表 2. アプリ バージョンの増分動作
プラットフォーム アプリ バージョン
Android バージョンのダウングレードはサポートされないため、versionCode は増加する必要があります。

Workspace ONE UEM は、低い versionCode 値のアプリケーションを受理できます。ただし、割り当ての管理はアプリ バージョンの順序に基づいて行われます。

たとえば、アプリ バージョン 3.1 のあるアプリケーションが展開されており、それより古いアプリ バージョン 1.1 がコンソールに保持されている場合に、アプリ バージョン 2.1 をアップロードすると、 Workspace ONE UEM でバージョン管理のために次の動作が実行されます。
  • バージョン 1.1([割り当てのコピー元])から 2.1(アップロードされた UEM バージョン)に割り当てを移行します。
  • デバイスに 2.1 と 3.1 が割り当てられている(かつ両方ともアクティブである)場合は、デバイスが受理できる最高のバージョンである 3.1(最新バージョン)のインストール コマンドが Workspace ONE UEM から送信されます。
  • 2.1 をアップロードするときに [以前のバージョンを回収] を選択すると、3.1(最新バージョン)ではなく 1.1([割り当てのコピー元])がコンソールで回収されます。

iOS

macOS

バージョンのダウングレードがサポートされているため、BundleVersion あるいは BuildShortVersionString は増加または減少できます。
注: macOS は、アプリの低いバージョンへのダウングレードをサポートしていません。

アプリケーションの低いバージョンをアップロードし、利用可能なバージョンとしてプッシュすることができます。

Windows デスクトップ バージョンのダウングレードはサポートされていないため、最初の 3 桁で示されるアプリ バージョン="X.X.X" を大きくする必要があります。
Workspace ONE UEM は、バージョン値が低いアプリケーションを受理できます。ただし、割り当ての管理はアプリ バージョンの順序に基づいて行われます。
  • 以前のバージョンからアップロードしている UEM のバージョンに割り当てが移行されます。
  • デバイスにアップロードされた UEM のバージョンと最新バージョンが割り当てられている(かつ両方ともアクティブである)場合は、デバイスが受理できる最高のバージョンである最新のファイル バージョンのインストール コマンドが Workspace ONE UEM から送信されます。
  • 新しいファイル バージョンをアップロードするときに [以前のバージョンを回収] を選択すると、最新バージョンではなく以前のバージョンが Console で回収されます。
Windows Phone バージョンのダウングレードはサポートされていないため、最初の 4 桁で示されるバージョン ="X.X.X.X" は大きくする必要があります。
Workspace ONE UEM は、バージョン値が低いアプリケーションを受理できます。ただし、割り当ての管理はアプリ バージョンの順序に基づいて行われます。
  • 以前のバージョンからアップロードしている UEM のバージョンに割り当てが移行されます。
  • デバイスに [アップロードされた UEM のバージョン] と最新バージョンが割り当てられている(かつ両方ともアクティブである)場合は、デバイスが受理できる最高のバージョンである最新のファイル バージョンのインストール コマンドが Workspace ONE UEM から送信されます。
  • 新しいファイル バージョンをアップロードするときに [以前のバージョンを回収] を選択すると、最新バージョンではなく以前のバージョンが Console で回収されます。

複数のバージョンを展開して、アプリケーションをテストできます。アプリケーションのベータ版をアップロードし、ベータ版ユーザーに展開します。同時に、通常のユーザーには、ベータ版ではないバージョンを提供します。ベータ版のテスト終了後に、ベータ版ではない既存のバージョンをテスト済みのバージョンと置き換えます。

社内アプリケーションのバージョン管理

バージョン管理によって、ファイルの変更履歴を管理できます。Workspace ONE UEM は内部アプリケーションのバージョン管理において 2 つの異なるバージョン値を使用します。アプリ バージョン番号は、アプリケーションの開発者によって設定されたコーディング バージョンです。Workspace ONE UEM console によって設定されたアプリケーションの UEM バージョン番号。これはアプリ バージョン番号から取得され、割り当てが適切に継承されるように、コンソール内のすべてのバージョンの順序を決定するために使用されます。

内部アプリケーションの複数のバージョンの維持

[バージョンを追加][以前のバージョンを回収] を使用して、社内アプリケーションのバージョンを管理できます。Workspace ONE UEM は、デバイス上の内部アプリを置き換えることはできますが、デバイスに複数のバージョンを展開することはありません。Console では、複数のアクティブなバージョンを保持して管理することができます。回収されたバージョンの置き換えは、[アプリ バージョン] の値に基づいて行われます。UEM console でアプリケーションの複数のバージョンを保持したい場合は、[詳細] タブの [以前のバージョンを回収] チェック ボックスを選択しないでください。このチェック ボックスは、アプリケーションのバージョンを追加する際に表示されます。[以前のバージョンを回収する] を選択せずにアプリ バージョンを追加した場合は、[アプリ バージョン] が高いものが Workspace ONE UEM によってデバイスに割り当てられます。アプリ バージョンを回収せずに [非アクティブ化] して、デバイス割り当てから削除することができます。

次の手順に従って、Workspace ONE UEM console で社内アプリケーションの複数のバージョンを管理します。

  1. [リソース] > [アプリ] > [ネイティブ] の順に進み、[社内] タブを選択します。
  2. アプリケーションをクリックし、[詳細] 表示に移動し、[バージョン追加] を選択します。
  3. 更新されたファイルをアップロードします。
  4. [詳細] タブの [以前のバージョンを回収] チェック ボックスを構成します。
    設定 説明
    [以前のバージョンを回収] を有効にする Workspace ONE UEM は、[アプリ バージョン] の低いものの割り当てを解除し、[アプリ バージョン] が高いものをデバイスに割り当てます。バージョンが低いものは Workspace ONE UEM Console では展開できません。

    Apple iOS は例外です。これらのデバイスは、Workspace ONE UEM Console で以前のバージョンが回収される際に、[アプリ バージョン] が低いものを受け取ることができます。

    [以前のバージョンを回収] を無効にする Workspace ONE UEM は、[アプリ バージョン] の低いものの割り当てを解除し、[アプリ バージョン] が高いものをデバイスに割り当てます。バージョンが低いものは、まだ [アクティブ] であれば、Workspace ONE UEM Console で展開できます
  5. 柔軟な展開機能を使用するには [保存して割り当て] を選択します。

回収と非アクティブ化を使用したバージョンのロールバック

Workspace ONE UEM[以前のバージョンを回収] オプションを使用して、Apple iOS アプリケーションを、アクティブにマークされた以前のバージョンにロールバックします。ロールバック バージョンは、[バージョン] 値によって決まります。Workspace ONE UEM は、以前のアプリ バージョン番号ではなく、以前の [バージョン] 番号のアプリケーション バージョンをプッシュします。

回収と非アクティブ化を使用してバージョンをロールバックすることができます。

  • アプリケーションの [回収] は、他のアクティブなバージョンの存在や、アクティブなバージョンのプッシュ モードに応じて、結果が異なります。
  • アプリケーションを [非アクティブ化] すると、Workspace ONE UEM によって、指定した組織グループとそのすべてのサブ組織グループに割り当てられたデバイスからそのアプリケーションが削除されます。

    そのアプリのより低いバージョンがアクティブになっている場合は、それがデバイスにプッシュされます。上位レベルの組織グループに、より高い値のバージョンがある場合は、そのバージョンはデバイスで利用できます。