柔軟な展開の新しい割り当てがないか Workspace ONE UEM が確認する頻度、アプリケーションのバッチを Workspace ONE UEM がリリースする頻度、Workspace ONE UEM がコンパイルしてデバイスに展開するアプリケーションのバッチ サイズを制御したり、社内アプリケーションのバッチ プロセスをバイパスできます。

柔軟な展開の確認頻度の制御

Workspace ONE UEM が 「柔軟な展開」 の新しい割り当てを確認する頻度を制御します。スケジューラ タスクとパフォーマンス チューニングをシステム管理者として使用して、バッチを編集します。

  1. グループと設定 > すべての設定 > 管理者 > スケジューラ の順に選択します。
  2. スケジュールされたアプリケーションの公開 を探し、編集を選択します。
  3. 「繰り返しのタイプ」 セクションのフィールド値を指定し、設定を保存します。

柔軟なバッチ展開の頻度の制御

Workspace ONE UEM がアプリケーションのバッチをリリースする頻度を制御できます。

  1. グループと設定 > すべての設定 > 管理者 > スケジューラ の順に選択します。
  2. スケジュールされたアプリケーションのバッチ リリース を探し、編集を選択します。
  3. 「繰り返しのタイプ」 セクションのフィールド値を指定し、設定を保存します。

柔軟な展開のバッチ サイズの制御

Workspace ONE UEM がコンパイルしてデバイスに展開するアプリケーションのサイズを制御できます。スケジューラ タスクとパフォーマンス チューニングをシステム管理者として使用して、バッチを編集します。

  1. グループと設定 > すべての設定 > インストール > パフォーマンス チューニング の順に選択します。
  2. 内部アプリケーション展開のバッチ サイズ を編集します。

柔軟な展開でバッチをバイパスする

バッチ プロセスをバイパスし、アプリのすべてのインストール コマンドをリリースすることができます。スケジューラ タスクとパフォーマンス チューニングをシステム管理者として使用して、バッチを編集します。

  1. リソース > アプリケーション > ネイティブ > 社内 の順に選択し、アプリケーションを選択します。
  2. アクション メニューで さらに > 管理 > バッチをバイパスする の順に選択します。
check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon