Workspace ONE UEM ではアプリケーションは内部、パブリック、Web アプリケーションに分類され、アプリケーションはタイプに基づいてアップロードできます。このトピックでは、各アプリケーション タイプについてサポートされているプラットフォームと展開について説明します。

表 1. アプリケーション タイプとサポートされている Windows のプラットフォーム
アプリ タイプ 対応プラットフォーム
内部 Windows デスクトップ
  • APPX
注: APPX ファイル(x86、x64、または ARM)をアップロードします。ただし、APPX は、同じアーキテクチャを使用しているデバイスにのみインストールされます。たとえば、ARM を使用している場合、 Workspace ONE UEM は x64 および x86 アーキテクチャのインストール コマンドをキューに格納しません。x64 または x86 アーキテクチャを使用しているデバイスにアプリケーションをプッシュすることはありません。
  • EXE:Windows 10 用 Win32 アプリケーションの EXE パッケージをアップロードします。
  • MSI:MSI ファイルは、Windows インストーラとも呼ばれ、ソフトウェアのインストール、保守、削除に必要なすべてが含まれるパッケージです。
Windows Phone
  • APPX
注: 単一の APPX ファイル(x86、x64、または ARM)をアップロードします。
パブリック (無料と有料) ビジネス向け Microsoft ストアにより、アプリケーションを一括で取得し、管理と配布を行うことができます。Windows 10 以降のデバイス管理に Workspace ONE UEM を使用する場合、この 2 つのシステムを統合することができます。統合後、ビジネス向け Microsoft ストアからアプリケーションを取得および配布し、更新済みのバージョンを Workspace ONE UEM で管理します。

ビジネス向け Microsoft ストアからインポートしたパブリック アプリケーションを割り当てて、「柔軟な展開」機能を備えたデバイスに適用することができます。また貴社のライセンス管理戦略に基づき、オンライン ライセンスおよびオフライン ライセンスを割り当てることもできます。詳細は、ビジネス向け Microsoft ストアでアプリケーションを管理する を参照してください。

Web リンク

Workspace ONE UEM console は、Web リンク アプリケーションをプッシュおよび管理するために Windows デスクトップをサポートします。Web クリップ プロファイルを使用した場合、エンド ユーザーのデバイスに URL をプッシュし、エンド ユーザーが重要な Web サイトにアクセスしやすくすることができます。

Web リンク アプリを追加するには以下の 2 つの方法があります。

  • [アプリとブック] セクション(Workspace ONE UEM console の)からアプリケーションとして追加する。

  • UEM console の [デバイス] セクションから Web クリップ デバイス プロファイルとして追加する。