承認された Windows デスクトップ社内アプリケーションを、サイド ローディング キーを使用して自動的に配布するように、Workspace ONE UEM Console を設定できます。Windows 10 以降の場合、このプロセスを実行する必要はありません。

前提条件

内部アプリを Windows デスクトップ デバイスに配布する前に、Microsoft 社から以下の 2 つのアイテムを取得してください。
  • サイドローディング キー (Windows 10 以降の場合は不要)

    Workspace ONE UEM は、Windows 10 デバイスでのアプリのサイドローディングを許可するようにプロパティを設定します。このステップはデバイスが Workspace ONE UEM システムに加入した後に起こります。

  • コード署名証明書

Windows デスクトップ アプリのサイドローディングキーやコード署名証明書については、Windows デベロッパー センターを参照してください。

重要: これらの設定は、アプリケーション配布を Workspace ONE UEM Console で準備した後に加入したデバイスに影響します。デバイス加入後にサイドローディング キーを変更する場合、すべてのデバイスは、内部アプリにアクセスするために再加入する必要があります。
重要: ボリュームライセンス ポータル (例: https://www.Microsoft.com/licensing/servicecenter/default.aspx) で提供されるキーは、デバイスのアクティブ化の数が限定されている場合があります。使用できるキーがあることを確認してください。詳細については、Microsoft デベロッパー ネットワーク サイトを参照してください。

手順

  1. [グループと設定] > [すべての設定] > [デバイスとユーザー] > [Windows] > [Windows デスクトップ] > [企業アプリ] の順に進みます。
  2. 次のフィールド値を指定します。
    設定 説明
    企業アプリケーション マネージャを有効にする Workspace ONE UEM が Windows デスクトップ デバイスに、承認された内部アプリをプッシュできるようにします。
    サイドローディング キー Windows デベロッパー センターから取得したキーを入力します。

    例: ADQ2Z-6TP3W-4QGHK-PSDAW-8WKYR

  3. [[保存]] を選択します。
    このプロセスにより、サイド ローディング キーが Workspace ONE UEM Console にアップロードされ、内部アプリは自動的に企業デバイスにインストールされるようになります。