Azure AD アイデンティティ サービスとの統合を構成するには、Azure 管理者アカウントを使用してストアにサインアップし、VMware Workspace ONE UEM 管理ツールをアクティブ化します。

次の手順に従って、Azure AD アイデンティティ サービスとの統合を構成します。

手順

  1. Workspace ONE UEM に対する Azure 管理者アカウントを作成します。
    Microsoft Azure 内の貴社の既定ディレクトリで、グローバル管理者ロールを持つ管理者アカウントを構成します。このアカウントを使用して、ビジネス向け Microsoft ストアからアプリを取得します。ビジネス向け Microsoft ストア用の管理者アカウントを作成する際、Azure Premium アカウントは不要です。
    1. Azure で、Azure Active Directory に移動します。
    2. [Users and groups] を選択し、[+ New user] を選択します。
    3. [Directory role][Global administrator] に構成します。
    4. ビジネス向け Microsoft ストアにログインするための一時パスワードを作成します。
  2. ビジネス向け Microsoft ストアで Workspace ONE UEM をアクティブ化し、アプリを取得します。
    Azure 管理者アカウント資格情報を使用して、ビジネス向け Microsoft ストアで Workspace ONE UEM 管理ツールをアクティブ化します。オフライン ライセンスを使用している場合、オフライン ライセンス アプリを取得できます。
    1. 貴社の Azure 管理者アカウントを使用して、ビジネス向け Microsoft ストアにログインします。
    2. [Manage] > [Settings] > [Distribute] > [Management tools] の順に進み、Workspace ONE UEM by VMware をアクティブ化します。
    3. オフライン ライセンスの場合は、[Manage] > [Settings] > [Shop] > [Shopping experience] の順に進み、[Show offline licensed apps to people shopping in the store] を有効にします。
    4. ビジネス向け Windows ストアで、貴社インベントリにアプリを追加します。貴社のライセンス管理戦略に基づき、オフライン ライセンスまたはオンライン ライセンスを使用してアプリを追加できます。