Apple の VPP (Volume Purchase Program) が使用できないようなシナリオにおいて、Workspace ONE UEM に有料のパブリック iOS アプリをアップロードして配布することができます。また iOS デバイスの場合、App Store の機能(例:App Store のアイコン、パブリック アプリのインストール)に対するさらなる制限事項を構成することもできます。Workspace ONE UEM は複数の OS バージョンを配布することができますが、iOS 9 以降の管理の場合はユーザー側の追加操作が不要になります。可能な限り Apple VPP のご利用をお勧めします。VPP は有料のパブリック アプリを効率的に管理し、複数の管理オプションを提供します。

有料のパブリック アプリの配布手順を比較する

有料のパブリック iOS アプリをデバイスにプッシュする際の iOS のプロセスは簡素化されています。Workspace ONE UEM は、以前にデバイスにインストール済みのアプリでも管理することができます。エンド ユーザーがアプリを削除する必要はありません。

注: iOS 8 とそれ以前の OS を搭載しているデバイスの場合、ユーザーがインストールしたアプリを Workspace ONE UEM が管理することはできません。
サポート対象の任意の iOS バージョンを有料のパブリック アプリとして追加します iOS 9 以降のバージョンを有料のパブリック アプリとして追加します
Workspace ONE UEM Console で、有料パブリック iOS アプリ プロセスを有効にします。 Workspace ONE UEM Console で、有料パブリック iOS アプリ プロセスを有効にします。
パブリック アプリを Workspace ONE UEM Console に追加します。SDK 機能やアプリベース VPN といった任意の管理パラメータを追加します。 Workspace ONE UEM Console にパブリック アプリを追加し、[展開] タブで [ユーザーがインストールした場合、アプリを MDM 管理対象にする] を有効にします。

SDK 機能やアプリベース VPN といった任意の管理パラメータを追加します。

ユーザーがアプリを購入します。 ユーザーがアプリを購入します。

購入後 Apple は自動的にアプリをインストールします。

ユーザーは Apple がインストールしたアプリを削除します。 該当なし
ユーザーが AirWatch Catalog を開き、Workspace ONE UEM からのインストールを開始し、アプリの管理バージョンを受信します。 ユーザーが AirWatch Catalog を開き、Workspace ONE UEM からのインストールを開始し、アプリの管理バージョンを受信します。

UEM console Console での有料パブリック iOS アプリの構成

UEM console で有料パブリック iOS アプリの展開を構成できます。次の手順に従って、UEM console で有料パブリック iOS アプリの展開を構成します。

  1. [グループと設定] > [すべての設定] > [アプリ] > [Workspace ONE] > [有料パブリック アプリケーション] の順に進みます。
  2. [有効] を選択し、設定を保存します。

組織グループに基づいた有料パブリック アプリの割り当て

VPP 展開と有料パブリック iOS アプリを組織グループ別に管理できます。また、該当するデバイスが加入する組織グループの、有料パブリックの状態オプションを有効にすることもできます。

同一の有料パブリック iOS アプリを、サービス トークン (sToken) が含まれる VPP が構成済みの組織グループに展開しないようにしてください。組織グループに VPP が構成されている場合は、sToken からのライセンスを使用します。これにより、アプリケーションをより良く管理、制御できるようになります。

直近の組織グループからアプリケーション割り当てを受けるデバイス。組織グループの階層構造と、有料パブリック iOS アプリを有効にするかに配慮してください。アプリをインストールしたいデバイスとは無関係な組織グループにアプリを割り当てると、インストールが失敗したり、あるいはアプリが別のデバイスにインストールされる可能性があります。

表 1. 組織グループに応じた有料パブリック アプリの割り当ての例
組織グループ 有料パブリック状態 加入デバイス 結果
有効 いいえ デバイスは管理対象の有料パブリック アプリを受け取ることは [なく]、システムはアプリをインストールするため、デバイスをストアにリダイレクトします。
無効 はい

UEM Console への有料パブリック アプリのアップロード

有料パブリック iOS アプリを App Store から UEM console にアップロードし、カタログで利用できるようにすることが可能です。

  1. [リソース] > [アプリケーション] > [ネイティブ] > [パブリック] の順に進み、[アプリケーションを追加] を選択します。
  2. [管理元] を選択し、アプリのアップロード元となる組織グループを表示します。
  3. [プラットフォーム] を選択します。
  4. [名前] テキスト ボックスにキーワードを入力し、アプリ ストアでアプリを検索します。
  5. [次へ] を選択し、アプリ ストア検索結果ページで該当するアプリを [選択] します。
  6. [詳細] タブのフィールド値を指定します。このタブのデータの入力は必須ではありませんが、アプリに対するストア URL、対応モデル、関連カテゴリなどの情報を指定できます。
  7. [利用規約] タブで、アプリに対する [必要とする利用規約] を割り当てます。これは必須ではありません。
  8. [保存して割り当て] を選択します。エンド ユーザーがこのアプリを利用できるようになります。
  9. アプリケーションの割り当ての柔軟な展開ルールを構成します。オンデマンドのプッシュ モードのみを使用できます。ユーザーにインストールを開始させることで、アプリケーションを自動インストールする場合に比べ、システムの帯域幅効率を高めます。オンデマンドのプッシュ モードを使用することで、ユーザーは、アプリを購入して以前のバージョンをデバイスから削除することができます。

デバイスの制限を通じて App Store から有料のパブリック アプリケーションをダウンロードすることを防止する

デバイスの制限を構成して、エンド ユーザーがアクセスできるアプリケーション、ハードウェア、および機能を制御できます。これらの制限を使用して、生産性を向上し、エンド ユーザーとデバイスを保護できます。Workspace ONE UEM は、ネイティブ iOS の制限事項と、App Store へのアクセスを制御する社内で開発された制限をサポートしています。App Store を非表示にするには、UEM console で [ホーム画面で App Store アイコンを許可] 制限事項を構成します。この制限事項を適用した場合、App Store が無効化され、App Store アイコンがホーム画面から削除されます。エンドユーザーは、MDM を使用することにより、引き続きアプリケーションをインストールまたは更新できます。この場合、アプリケーションの制御はすべて管理者が行います。

[ホーム画面で App Store アイコンを許可] 制限事項は、iOS 9 以降の監視デバイスでのみ使用可能です。一般に、監視対象デバイスでは、所有するデバイスをより詳細に制御し、制限を設定できます。アプリ ストアを制御して、そこで使用できるパブリック アプリケーションへのデバイス ユーザーのアクセスを制限または許可します。

  1. [デバイス] > [プロファイルとリソース] > [プロファイル] > [追加] の順に進みます。
  2. [Apple iOS] を選択します。
  3. プロファイルの [全般] 設定を構成します。
  4. リストから [制限事項] ペイロードを選択します。1 つの制限事項ペイロードに対して、複数の制限事項を選択することもできます。
    表 2. App Store の制限方法の説明
    制限事項 構成 説明
    [ホーム画面で App Store を許可]

    この制限は、最新のテクノロジーを使用し、複数のシステムを通じてアプリケーションをプッシュすることがあるため、iOS 9 以降のすべての監視対象デバイスでサポートされています。

    無効化 デバイスへの Apple App Store のインストールを制限し、デバイス ユーザーが App Store から無料パブリック アプリをインストールできないようにします。

    代わりに Workspace ONE UEM、iTunes または Apple Configurator を使用して無料パブリック アプリをプッシュすることができます。

    有効化 Apple App Store をデバイスに許可し、デバイス ユーザーは任意の無料パブリック アプリを App Store からインストールできます。
    [パブリック アプリのインストールを許可] この制限は、すべての iOS 4~12 デバイスおよび iOS 13 以降の監視対象デバイスでサポートされています。 無効化 デバイスユーザーの Apple App Store の使用を制限します。
    有効化 Apple App Store をデバイスに許可し、デバイス ユーザーは任意の無料パブリック アプリを App Store からインストールできます。
  5. [保存して公開] を選択し、プロファイルをデバイスにプッシュします。

App Store から割り当てられたパブリック アプリのみをインストールするようにデバイスを制限する

エンド ユーザーがパブリック アプリをどこからインストールできるかを制御するには、Apple iOS デバイス上で [制限モード] を有効化します。加入後、エンド ユーザーはカタログに展開された無料パブリック アプリを利用できますが、App Store から無料パブリック アプリをダウンロードすることはできません。エンド ユーザーがパブリック アプリをどこからインストールできるかを制御するには、[iOS 向けパブリック アプリ制限モード] を有効化します。[制限モード] では、貴社により承認された割り当て済みアプリのみをインストールできるようにすることで、デバイスを制限します。この設定を有効にすると Apple iOS デバイスに制限プロファイルが送信されます。この制限プロファイルが存在する場合、App Store をブロックするために [パブリック アプリのインストールを許可] で付加的な制限プロファイルを構成する必要はありません。

この制限は、[デバイス] > [プロファイルとリソース] > [プロファイル] の順に選択して確認できる iOS の制限事項 [ホーム画面で App Store を許可] と同じです。Workspace ONE UEM は、[制限モード] オプションをデバイスに展開し、エンド ユーザーを App Store からブロックします。Workspace ONE UEM はパブリック アプリケーションを展開できます。これにより、組織が承認することを確実にします。

  1. [グループと設定] > [すべての設定] > [アプリ] > [Workspace ONE] > [アプリ制限] の順に進みます。
  2. [iOS 向けパブリック アプリ制限モード] を選択します。
  3. [保存 ]をクリックします。