このセクションでは、Microsoft Exchange および IBM Lotus Notes サーバを使用して構成している場合に利用可能な Workspace ONE Boxer の機能について情報を提供しています。

Microsoft Exchange の Workspace ONE Boxer 比較マトリックス

以下の機能マトリックスでは、Microsoft Exchange で構成した場合に Workspace ONE Boxer でサポートされる、iOS と Android バージョンの違いを比較します。

機能 iOS Android
リモート管理アクション
E メール アカウントを構成
すべての企業データと設定をワイプ
パスコードを消去 x x
展開方法
VMware AirWatch Container
VMware Workspace ONE
Workspace ONE Intelligent Hub
スタンドアロン加入 (E メール アクセスのみ)
アプリケーションのパスコード ポリシー
Active Directory ユーザー名とパスワードを要求 x x
長さの下限を設定
英数字パスコード
特殊文字を要求
パスコード タイムアウト期間を設定
パスコードの有効期間を設定
パスコード履歴を強制
試行回数の上限を設定
TouchID/指紋認証の統合
パスコードを忘れた場合のリセット
Workspace ONE アプリ間でパスコードを共有
データ漏洩対策
転送時 AES 256 ビット SSL 暗号化
保存時 AES 256 ビット暗号化
複数アカウントの追加を有効または無効にする
侵害状態デバイスを検出
コピーと貼り付けを有効または無効にする
スクリーンショットを有効または無効にする x
添付ファイルのダウンロードを有効または無効にする
添付ファイルを開くことができるアプリを制限
拒否リストに追加されたドメインへの送信を禁止 x x
許可リストに追加されたドメインへの送信を制限 x x
VMware Browser でリンクを強制的に開く
Caller ID を有効または無効にする
リモート IT ポリシー
メール同期のために遡る既定日数を設定
カレンダー同期のために遡る日数を設定
SSL エラーを無視 x x
カレンダーへのアクセスを有効または無効にする x x
連絡先へのアクセスを有効または無効にする x x
証明書を使用してアカウントを認証
資格情報を使用してアカウントを認証
資格情報と証明書を使用してアカウントを認証
HTML E メールを有効または無効にする x x
既定の Eメール署名を構成
署名編集を有効または無効にする x x
添付ファイルの最大サイズを設定 x x
アプリケーションの設定
複数のアカウントを追加
メール同期のために遡る既定日数を構成
カレンダー同期のために遡る既定日数を構成
スワイプ ジェスチャを構成
カスタムのクイック返信を構成
ローカル カレンダーの表示を有効または無効にする
ローカルの連絡先の表示を有効または無効にする
スレッド表示を有効または無効にする
「元に戻す」期間を構成
Wi-Fi 経由の添付ファイルの自動ダウンロードを構成 x
週の開始日を構成
E メール機能
複数アカウントの統合受信トレイ
ステータス (空き時間) を送信
E メールのクイック返信
イベント招待に返信
E メールの予測移動
カスタム ボックス (暗証番号個別または統合サブフォルダ)
イベント招待にイベント競合を表示
フラグ付き/スター付きでフィルタ処理
未読メールでフィルタ処理
既読/未読/フラグ付きとしてマーク
Eメールの一括操作
会話 (スレッド) 別に Eメールを表示
宛先/件名で検索
Eメールのサブフォルダを表示
Eメールのサブフォルダを自動同期
グローバルアドレスリストの連絡先を検索
Eメールを下書きに保存
すべてを選択
送信者からのメッセージをすべて選択 x
不在時の自動返信を構成
カレンダー機能
タイトル/主催者で検索 x
カレンダーの招待を承諾/辞退/仮承諾
イベントを作成してイベント招待を送信
イベント主催者/出席者に返信
カレンダーイベントを転送
ワンクリック会議通話
月または日単位でイベントを表示
カレンダー アジェンダを表示
会議をプライベートとしてマーク
ローカル デバイス カレンダーを表示
会議に自分の空き状況を構成 (別名表示)
定期的なイベントのスケジュールを編集
一連のカレンダー イベントに個別に返信
イベント招待にコメントを付けて返信
表示するカレンダーを構成
連絡先機能
グローバルアドレスリストから連絡先を検索
連絡先に電話およびメッセージを送信
Caller ID 連絡先を同期
最近の連絡先を表示 x
よく使う連絡先を管理
リッチ連絡先を作成/編集/削除
GAL の連絡先写真を表示
Information Rights Management
権限管理された Eメールメッセージを開封
作成した Eメールメッセージに権限管理を追加
コピーと貼り付けを制限 (解凍は許可)
印刷を制限
転送を制限
返信を制限
全員への返信を制限
返信/転送時に権限管理の削除を禁止
返信/転送時に受信者の変更を禁止
プログラムによるアクセスを禁止 x x
Eメールメッセージのコンテンツの有効期限を適用 x x
メッセージのコンテンツの編集を制限 (返信/転送時)
権限管理で保護された添付ファイルをプレビュー x x
通知とウィジェット
E メール通知をプッシュ (iOS では E メール通知サービスが必須)
カレンダーイベントの通知を表示
E メール ウィジェットを有効または無効にする x
カレンダー ウィジェットを有効または無効にする x
通知設定を構成
S/MIME 機能
S/MIME 署名済みメッセージを送信
S/MIME 暗号化メッセージを送信
暗号化証明書を GAL から自動的に取得
Eメールメッセージの S/MIME オプションを構成
S/MIME 暗号化メッセージを復号
S/MIME 署名済みメッセージの有効性を表示
添付ファイル機能
添付ファイル プレビューを標準搭載
ローカルに保存された添付ファイルを表示
ファイルへのリンクをコンテンツソリューションから追加
ドキュメント プロバイダからのファイルを追加
ローカルの添付ファイルを添付
トラブルシューティングと診断
アプリケーションからログを送信
デバイスの MDM と Eメール接続状態を表示
サーバプロトコルのサポート
Microsoft Exchange ActiveSync
IMAP (個人アカウントのみ)
相互運用性
Microsoft Exchange 2016
Microsoft Exchange 2013
Microsoft Exchange 2010
Microsoft Exchange 2007 x x
Microsoft Exchange 2003 x x
Microsoft Office 365
モダン認証を使用した Microsoft Office 365
IBM SmartCloud x x
IBM Lotus Notes 9.0 x x
Google アプリ x x

IBM Notes Traveler の Workspace ONE Boxer 比較マトリックス

この機能マトリックスでは、IBM Notes Traveler (Lotus Notes Traveler) で構成した場合に Workspace ONE Boxer でサポートされる、iOS と Android バージョンの違いを比較します。

機能 iOS Android
リモート管理アクション
E メール アカウントを構成
すべての企業データと設定をワイプ
パスコードを消去 x x
展開方法
VMware AirWatch Container
VMware Workspace ONE
Workspace ONE Intelligent Hub
スタンドアロン加入 (E メール アクセスのみ)
アプリケーションのパスコード ポリシー
Active Directory ユーザー名とパスワードを要求 x x
長さの下限を設定
英数字パスコード
特殊文字を要求
パスコード タイムアウト期間を設定
パスコードの有効期間を設定
パスコード履歴を強制
試行回数の上限を設定
TouchID/指紋認証の統合
パスコードを忘れた場合のリセット
AirWatch アプリでパスコードを共有
データ漏洩対策
転送時 AES 256 ビット SSL 暗号化
保存時 AES 256 ビット暗号化
複数アカウントの追加を有効または無効にする
侵害状態デバイスを検出
コピーと貼り付けを有効または無効にする
スクリーンショットを有効または無効にする x
添付ファイルのダウンロードを有効または無効にする
添付ファイルを開くことができるアプリを制限
拒否リストに追加されたドメインへの送信を禁止 x x
許可リストに追加されたドメインへの送信を制限 x x
VMware Browser でリンクを強制的に開く
Caller ID を有効または無効にする
リモート IT ポリシー
メール同期のために遡る既定日数を設定
カレンダー同期のために遡る日数を設定
SSL エラーを無視 x x
カレンダーへのアクセスを有効または無効にする x x
連絡先へのアクセスを有効または無効にする x x
証明書を使用してアカウントを認証 x x
資格情報を使用してアカウントを認証
資格情報と証明書を使用してアカウントを認証 x x
HTML E メールを有効または無効にする x x
既定の Eメール署名を構成
署名編集を有効または無効にする x x
添付ファイルの最大サイズを設定 x x
アプリケーションの設定
複数のアカウントを追加
メール同期のために遡る既定日数を構成
カレンダー同期のために遡る既定日数を構成
スワイプ ジェスチャを構成
カスタムのクイック返信を構成
ローカル カレンダーの表示を有効または無効にする
ローカルの連絡先の表示を有効または無効にする
スレッド表示を有効または無効にする
「元に戻す」期間を構成
Wi-Fi 経由の添付ファイルの自動ダウンロードを構成 x
週の開始日を構成
E メール機能
複数アカウントの統合受信トレイ
ステータス (空き時間) を送信
E メールのクイック返信
イベント招待に返信
E メールの予測移動
カスタム ボックス (暗証番号個別または統合サブフォルダ)
イベント招待にイベント競合を表示
フラグ付き/スター付きでフィルタ処理
未読メールでフィルタ処理
既読/未読/フラグ付きとしてマーク
Eメールの一括操作
会話 (スレッド) 別に Eメールを表示
宛先/件名で検索
Eメールのサブフォルダを表示
Eメールのサブフォルダを自動同期
グローバルアドレスリストの連絡先を検索
Eメールを下書きに保存
すべてを選択
送信者からのメッセージをすべて選択
不在時の自動返信を構成
カレンダー機能
タイトル/主催者で検索 x
カレンダーの招待を承諾/辞退/仮承諾
イベントを作成してイベント招待を送信
イベント主催者/出席者に返信
カレンダーイベントを転送 x x
ワンクリック会議通話
月または日単位でイベントを表示
カレンダー アジェンダを表示
会議をプライベートとしてマーク
ローカル デバイス カレンダーを表示
会議に自分の空き状況を構成 (別名表示)
定期的なイベントのスケジュールを編集
一連のカレンダー イベントに個別に返信
イベント招待にコメントを付けて返信
表示するカレンダーを構成
連絡先機能
グローバルアドレスリストから連絡先を検索
連絡先に電話およびメッセージを送信
Caller ID 連絡先を同期
最近の連絡先を表示 x
よく使う連絡先を管理
リッチ連絡先を作成/編集/削除
GAL の連絡先写真を表示
Information Rights Management
権限管理された E メールのサポート x x
通知とウィジェット
E メール通知をプッシュ (iOS では E メール通知サービスが必須) x
カレンダーイベントの通知を表示
E メール ウィジェットを有効または無効にする x
カレンダー ウィジェットを有効または無効にする x
通知設定を構成
S/MIME 機能
S/MIME 署名済みメッセージのサポート x x
添付ファイル機能
添付ファイル プレビューを標準搭載
ローカルに保存された添付ファイルを表示
ファイルへのリンクをコンテンツソリューションから追加
ドキュメント プロバイダからのファイルを追加
ローカルの添付ファイルを添付
トラブルシューティングと診断
アプリケーションからログを送信
デバイスの MDM と Eメール接続状態を表示
サーバプロトコルのサポート
Microsoft Exchange ActiveSync
IMAP (個人アカウントのみ)
相互運用性
Microsoft Exchange 2016
Microsoft Exchange 2013
Microsoft Exchange 2010
Microsoft Exchange 2007 x x
Microsoft Exchange 2003 x x
Microsoft Office 365
IBM SmartCloud x x
IBM Lotus Notes 9.0.1.x
IBM Lotus Notes 8.5.3
Google G Suite
check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon