Workspace ONE Boxer は、企業が所有するデバイスと個人所有のデバイス (BYOD) 間でエンタープライズ メール、カレンダー、連絡先へのアクセスを提供するエンタープライズ E メール クライアントです。Boxer は、利用者のモバイル生産性向上に照準を合わせ、AES 256 ビット暗号化によるエンタープライズ レベルのセキュリティを提供します。このアプリケーションは、ビジネス データを個人データから分離します。

Workspace ONE Boxer を使用する利点

Workspace ONE Boxer により、ユーザーはスワイプ ジェスチャ、連絡先アバター、スマート フォルダやアカウント カラーなどのカスタマイズ機能を使用して、アプリをカスタマイズできます。単一のアプリで、ネイティブ設計パターンに従って、iOS および Android デバイスの直感的なユーザー エクスペリエンスを提供します。

このガイドの対象ユーザー

このガイドは、展開の一環として Workspace ONE Boxer を構成しようとしている管理者向けのガイドです。Workspace ONE Boxer のセットアップでは、さまざまな E メール設定やオプションを構成することで、エンド ユーザーに対する提供機能を指定します。

Workspace ONE Boxer の展開のための要件

Workspace ONE Boxer アプリケーションを展開して使用するには、Workspace ONE UEM console、オペレーティング システム、および E メール サーバに関連する前提条件を満たす必要があります。

コンソールの要件

  • Workspace ONE UEM console 9.4 以降。

アンカー アプリ

Android iOS
VMware Workspace ONE Intelligent Hub 19.04 以降。 VMware Workspace ONE Intelligent Hub 19.04 以降。
AirWatch Container v3.0.1 以降

サポートするデバイス

Android iOS
Android 5.1 以降 iOS 11 以降

サポートされているファイル タイプ

ファイル形式
iOS
DOC JPEG JPG MOV
PDF VCF DOCX XML
PPT EXCEL MP3 SLX
TXT HTML MP4 EML
BMP PNG GIF
Android
DOC TXT CSV BMP
DOCX ASC PPT DIB
DOT JPG PPS WBMP
XLS JPEG PPSX TIF
XLSX GIF POTX EMF
XLTX TIFF PDF PCX
MP3 HTP PNG

サポートされている E メール インフラストラクチャ

  • Boxer 統合では、次の E メール インフラストラクチャがサポートされています。
    • iOS – G Suite、2010、2013、2016、Office 365、IBM Notes Traveler バージョン 9.0.1。
    • Android – G Suite、2010、2013、2016、Office 365、IBM Notes Traveler バージョン 9.0.1。
  • Symantec、GoDaddy、Verisign などの信頼されたパブリック SSL 証明書が必要です。

Workspace ONE Boxer で使用するコンポーネント

Workspace ONE Boxer を Workspace ONE UEM 展開の他のコンポーネントと統合すると、エンタープライズ E メール システムのコントロールが向上します。

Email Notification Service

E メール通知サービス (ENS) により、Apple プッシュ通知のサポートが Exchange に追加されます。iOS では、サードパーティのアプリは、Apple 社の「App のバックグラウンド更新」または Apple プッシュ通知サービス (APNs) テクノロジーを使用して通知を受信できます。App のバックグラウンド更新は、デフォルトで使用されます。この方法を使用して、各アプリが不定期の通知を提供できるためです。ただし、iOS ではすべてのアプリとシステム自体のニーズのバランスを取るようになっています。

迅速で安定した通知を実現するために、Apple 社は APNs も提供しています。APNs により、リモート サーバからユーザーにそのアプリケーションに関する通知を送信できるようになりますが、Exchange ではこのような APNs がネイティブにサポートされていません。ENS により APNs のサポートが環境に追加されると、エンドユーザーの E メール受信トレイに、新しいアイテムに関する通知を迅速に安定して届けることができます。

リアルタイムの E メール通知を提供するには、Email Notification Service (ENS2) を導入します。Email Notification Service 2 (ENS2) は、iOS と Android の両方の VMware Workspace ONE Boxer に対応する新着 E メール通知のためのソリューションの初回リライト版です。このサービスは、Exchange または Office365 バックエンドで E メール イベントを監視し、Apple または Google のプッシュ通知サービスを介してエンドユーザー デバイスに更新を送信する機能を備えています。このサービスは、Exchange または Office365 バックエンドで E メール イベントを監視し、Apple または Google のプッシュ通知サービスを介してエンドユーザー デバイスに更新を送信する機能を備えています。更新は、新しい E メール バナーや iOS 上ではアプリのバッジ カウンタとして届きます。これにより、より堅牢なセキュリティ モデル、高可用性、クラウド展開オプションが提供されます。

Android ではバッジ カウントがサポートされていないので、バッジ カウントを変更するには、Android ユーザーが Boxer 通知をクリアする必要があります。

Email Notification Service の導入の詳細については、Workspace ONE UEM オンライン ヘルプ トピック「Introduction to Email Notification Service 2」を参照してください。

**注:**Boxer は、カレンダー イベント アラートをローカルで作成してトリガします。ENS には依存しません。

Workspace ONE UEM モバイル E メール管理モデル(オプション)

Secure Email Gateway (SEG) または PowerShell のいずれか一方の Workspace ONE UEM E メール展開モデルを構成します。MEM 展開モデルを選択する方法については、Workspace ONE UEM オンライン ヘルプ トピック「Protect Email Infrastructure」を参照してください。

**注:**Boxer では、Office 365 の共有グループに参加するように招待する E メールを表示できません。これは、Microsoft Exchange が、Exchange ActiveSync (EAS) プロトコルを使用した参加要求 E メールの配信を Boxer に対して行わないためです。Microsoft EAS プロトコルではユーザーの応答(承認または拒否)をサーバに返すことができないので、Exchange はこのような E メールを Boxer に配信しません。

参加要求 E メールは、EWS プロトコルを使用した E メール クライアントで表示できます。これは、これらの E メールのプッシュ通知を受信するだけで、E メールに直接アクセスできないことを意味します。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon