このトピックでは、Workspace ONE Boxer の機能についてお客様と管理者から寄せられる最も一般的な質問について説明します。

メールボックスの委任に関する FAQ

質問: サポートされている Exchange のバージョンは何ですか。

Exchange バージョン 2013、2016、2019、および Office 365 です。

質問: 委任の数に制限はありますか。

はい。委任先が追加できる委任元は 5 つのみです。

質問: 委任機能にはどのプロトコルが使用されますか。

委任機能には Exchange Web サービス プロトコルが使用されます。Exchange Server で EWS を有効にする必要があります。

質問: ActiveSync は、メールボックスの委任をサポートしますか。

ActiveSync プロトコルの技術的な制約により、ActiveSync はこの機能をサポートしません。

質問: この機能は、Secure Email Gateway (SEG) をサポートしますか。

はい、この機能は Secure Email Gateway (SEG) をサポートします。

複数の管理アカウントに関するよくある質問

質問: すべての管理対象アカウントを構成して使用する必要がありますか。

いいえ。複数のアカウントにサインインする必要はありません。1 つ以上の管理対象アカウントにログインしている場合、Boxer を使用できます。特定のアカウントからのサインアウトを選択することもできます。

質問: 管理対象アカウントからログアウトする方法を教えてください。

管理対象アカウントからログアウトするには、[Boxer 設定] > [アカウントを選択] > [アカウントを削除] の順に選択します。

質問: 特定のメール アカウントの通知を無効にする方法を教えてください。

通知を無効にするには、[Boxer 設定] > [アカウントを選択] > [通知設定] を選択し、メール通知設定を選択解除します。

質問: アプリケーションのパスコードと SSO が同時に有効になっている場合はどうなりますか。

Boxer は、SSO に SDK を使用します。SSO と Boxer パスコードが有効になっている場合、SSO 設定が使用されます。

一般的なよくある質問

質問: 閉じられたネットワークまたは制限付きネットワークの場合は、https://discovery.awmdm.com エンドポイントにアクセスする必要がありますか。

はい。ナレッジベースの記事 https://kb.vmware.com/s/article/2960709?lang=en_US を参照してください。

質問: https://discovery.awmdm.com エンドポイントにアクセスできない場合、影響を受けるサービスについて教えてください。

証明書のピン留めに影響が出るため、SST/TLS ネットワーク トラフィックの調査ができません。

質問: https://discovery.awmdm.com エンドポイントにアクセスすることで Boxer の通信は影響を受けますか。このシナリオで、Android 9 および Android 10 デバイスのみが影響を受ける理由を教えてください。

証明書のピン留めに影響が出るため、SST/TLS ネットワーク トラフィックの調査ができません。Android 9 または 10 では、SSL/TLS のセキュリティが強化されている場合があります。https://discovery.awmdm.com に接続するコードは、AW SDK に含まれています。

Azure Information Protection (AIP) 秘密度ラベルに関する FAQ

このトピックでは、Workspace ONE Boxer の AIP 機能についてお客様と管理者から寄せられる最も一般的な質問について説明します。

質問: ラベルの作成および管理はどこで行えますか。

ラベルの作成は以下で行えます。

  • Azure AIP - 現在、Microsoft Information Protection (MIP) SDK は、Azure で構成されたラベルのみをサポートしています。Azure AIP は 2021 年 4 月に廃止されます。廃止後、MIP SDK は、Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターからラベルの取得を開始できます。
  • Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センター - 2021 年 4 月以降は、Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターでのみラベルの作成および管理を行えます。問題を回避するために、お客様は Azure から Office 365 にラベルを移行することが間もなく必要になります。

質問: AIP 機能では、どのバージョンの Exchange を使用できますか。

AIP 機能では、Office 365 のみを使用できます。

質問: AIP は、どのモードの認証をサポートしますか。

AIP 機能は、先進認証のみをサポートします。

質問: AIP では、どのモードの暗号化がサポートされていますか。

AIP は、Azure クラウド キーを使用した暗号化のみをサポートします。サーバに追加の暗号化を提供できます。

質問: AIP 機能を使用するためのサポートされる最小の Boxer バージョンは何ですか。

5.19 の iOS および Android Boxer です。

質問: AIP を使用するためのサポートされる最小の OS バージョンは何ですか。

AIP は、すべてのバージョンの iOS およびバージョン 7.0 の Android をサポートします。

質問: ラベルが表示されないのはなぜですか。

ラベルが表示されない場合の考えられる理由は、以下のとおりです。

  • ラベルが Azure で構成されておらず、リストが空になっています。
  • Azure で認証されていません。
  • AIP 秘密度ラベル アプリケーションを VMware から使用するための同意を、Microsoft アカウントで提供しませんでした。
  • 管理者がキー PolicySensitivityLabelsEmailClassification を有効にしていません。

質問: E メールにアクセスできないのはなぜですか。

E メールにアクセスできない場合の考えられる理由は、以下のとおりです。

  • ラベルの [ユーザー権限] の設定で許可されているユーザー グループまたは組織に属していません。

  • コンテンツを表示する権限がありません。

  • アクセス時間が期限切れになりました。

    **注:**コンテンツへのアクセスは、ラベルの ファイル コンテンツの有効期限 の設定によって管理されます。適切なエラー メッセージとアクション項目が Azure の設定で構成されていれば、それらを Boxer に表示できます。

質問: ラベルを変更できないのはなぜですか。

ラベルを変更する権限がないためです。FAQ

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon