Workspace UEM Mobile Application Management 機能を使用して、Smartfolio を管理対象アプリケーションとして簡単に展開します。Smartfolio アプリケーションをエンドユーザー デバイスに展開するには、Workspace ONE UEM console でいくつかの手順を完了する必要があります。展開後、エンドユーザーは加入済みデバイスにアプリをダウンロードできます。

VMware Workspace ONE Intelligent Hub を介して加入されたエンドユーザーのデバイスは、デフォルトで MDM 管理対象になります。これらのデバイスは、スマート グループの管理対象外モードを有効にすることで、MDM 管理なしで加入させることもできます。Smartfolio アプリへのアクセスは、管理対象モードまたは管理対象外モードのいずれかで加入されているデバイスで行えます。

パブリック アプリケーションの展開の詳細については、『Workspace ONE UEM Mobile Application Management』ドキュメントを参照してください。

デバイスの管理対象外モードの有効化については、『Workspace ONE Hub Services』ドキュメントの「Enable Unmanaged Enrollment for iOS Devices」を参照してください。