カスタム SDK プロファイルで構成キーを追加することで、Smartfolio アプリの既定のランディング タブを変更できます。

手順

  1. [グループと設定] > [すべての設定] の順に進みます。
  2. 既存のカスタム プロファイルがある場合は、[アプリ] > [設定とポリシー] > [プロファイル] > [カスタム プロファイル] > [カスタム設定] の順に進みます。
  3. カスタム プロファイルを追加する場合は、[アプリ] > [設定とポリシー] > [プロファイル] > [プロファイルを追加] > [SDK プロファイル] > [iOS] > [カスタム設定] の順に進みます。
  4. カスタム設定から、[構成] を選択し、必要に応じて構成キーを入力します。
    {
      “CustomAppSettings”: {
        “com_vmware_folio”: {
          “DefaultBottomBarTab”: 1
        }
      }
    }
  5. [[保存]] を選択します。