Workspace ONE UEM powered by AirWatch では、Windows アプリケーションをエンタープライズ ネットワークに展開する別の方法として、ピアツーピア配布システムを提供しています。ピアツーピア配布では、ブランチ オフィス構造を使用する展開で複数のデバイスに大容量のアプリケーションをダウンロードする時間が短縮されます。Workspace ONE UEM では、2 種類のピアツーピア オプションを提供しています。Workspace ONE ピアツーピア配布を使用するか、または Adaptiva と連携したピアツーピア配布を使用することができます。

既定のソフトウェア配布プロセスのデメリット

既定のソフトウェア配布プロセスでは、Workspace ONE UEM Console はセキュアなファイル ストレージ システム、またはコンテンツ配信ネットワーク (CDN) から Windows アプリケーションを展開します。Windows アプリケーションは、容量が大きくデバイスへのダウンロードに時間がかかります。また、Windows アプリケーションのダウンロードにより、通信チャネルのトラフィックが増加します。複数のデバイスは通信チャネルを使用して、CDN またはファイル ストレージから大容量のアプリケーションを同時に取得します。この連続したトラフィックにより、他のクリティカルなアプリケーションに必要な可用性が低下する場合があります。

ピアツーピア ソフトウェア配布を使用するメリット

ピアツーピア配布システムは、次のような特定の性質を持つ環境にメリットをもたらします。

  • 遠隔地にある帯域幅の狭いオフィス。
  • コンテンツ配信ネットワーク (CDN) およびデバイス サービス サーバに対するアクセス遅延が大きいオフィス。
  • 支社制度を使用する企業。
  • 多数のデバイスを保有している複数の支社を持つ企業。