プロビジョニング パッケージを作成した後に、Windows のリスト表示からテンプレートとパッケージを管理できます。このページでは、既存のパッケージを作成、編集、および削除できます。

プロビジョニング パッケージを作成する

プロビジョニング パッケージを作成して、Dell デバイスを構成します。パッケージを作成するには、[新規] を選択します。詳細は、Windows 10 デバイス用のプロビジョニング パッケージの作成 を参照してください。

プロビジョニング パッケージ テンプレート

プロビジョニング パッケージを作成した後で、パッケージをエクスポートするかテンプレートとして保存するかを選択できます。テンプレートは、プロビジョニング パッケージ用に保存された設定です。テンプレートを保存すると、構成した設定は保存されますが、テンプレートではパッケージをエクスポートするまで、PPKG ファイルは生成されません。テンプレートを使用して、パッケージをエクスポートせずに保存および編集できます。

Workspace ONE UEM は、スケジューラ内のパージ ジョブに基づいて、ストレージから PPKG ファイルをパージします。パージ ジョブが開始されると、PPKG ファイルは削除されますが、テンプレートは保存され、再びパッケージをエクスポートできます。

Windows のリスト表示では、テンプレートは下書きステータスで表示されます。アクティブなエクスポートでは、エクスポートのステータス(キューに保存済み、処理中など)が表示されます。

プロビジョニング パッケージの編集

既存のプロビジョニング パッケージを編集できます。編集するパッケージを選択し、[編集] を選択します。編集ページから、プロビジョニング パッケージの任意の設定を編集できます。また、[保存してエクスポート] を選択して、保存済みのテンプレートをエクスポートすることもできます。

プロビジョニング パッケージの削除

プロビジョニング パッケージとテンプレートは必要に応じて削除できます。削除するには、パッケージまたはテンプレートを選択し、[削除] を選択します。パッケージを削除すると、保存されている PPKG ファイルも削除されます。