プロビジョニング パッケージを作成する前に、工場出荷時のプロビジョニング の要件を満たす必要があります。下記のコンポーネント バージョンに基づき、お客様の展開タイプにおいて Workspace ONE UEM で有効にするか必要になるプロビジョニング コンポーネントを確認してください。

展開タイプ別の 工場出荷時のプロビジョニング の要件

次の表に、展開のタイプごとに 工場出荷時のプロビジョニング の要件を示します。 工場出荷時のプロビジョニング を使用する前に、これらの要件を検討してください。
  • 工場出荷時のプロビジョニング v2.2 以前
    • Workspace ONE UEM v1902~2007
    • Windows 用 Workspace ONE Intelligent Hub v19.02~20.07
    • Workspace ONE UEM バージョン 1902~2007 でリリースされた Win32 アプリのソフトウェア配布
    • Workspace ONE UEM 展開 ソフトウェア配布 ファイル ストレージ コンテンツ配信ネットワーク (CDN)
      SaaS 共有 デフォルトで有効 N/A デフォルトで有効
      SaaS 専用バージョン 1902~2007 デフォルトで有効 N/A デフォルトで有効
      オンプレミス バージョン 1902~2007 デフォルトで有効 必須 デフォルトで無効、オプション
  • 工場出荷時のプロビジョニング v3.0 以降
    • Workspace ONE UEM v2008 以降
    • Windows 用 Workspace ONE Intelligent Hub v20.08 以降
    • Workspace ONE UEM v2008 以降でリリースされた Win32 アプリのソフトウェア配布
    • Workspace ONE UEM 展開 ソフトウェア配布 ファイル ストレージ コンテンツ配信ネットワーク (CDN)
      SaaS 共有 デフォルトで有効 N/A デフォルトで有効
      SaaS 専用バージョン 2008 以降 デフォルトで有効 N/A デフォルトで有効
      オンプレミス バージョン 2008 以降 デフォルトで有効 必須 デフォルトで無効、オプション
注: ソフトウェア配布を有効にする前にアップロードされたアプリケーションは、再度アップロードする必要があります。