アプリケーションを構成したら、1 つまたは複数の割り当てを追加します。複数の割り当てを追加する場合は、重要度が最も高いものをリストの上に、最も低いものを下に移動して、割り当ての重要度に優先順位をつけます。

  1. [リソース] > [アプリ] > [ネイティブ] > [社内] または [パブリック] の順に選択します。
  2. アプリケーションをアップロードし、[保存して割り当て] を選択するか、アプリケーションを選択して、アクション メニューから[ 割り当て] を選択します。
  3. [割り当てを追加] を選択し、次のオプションを指定します。
    設定 説明
    割り当てグループを選択 スマート グループ名を入力し、割り当てを受け取るデバイスのグループを選択します。
    アプリ配信方法
    • [オンデマンド] – コンテンツがカタログなどの展開 Hub に展開されます。コンテンツをインストールするかどうかの判断、および、コンテンツをインストールするタイミングは、デバイス ユーザーが決定します。

      組織にとってそれほど重要ではないコンテンツにこのオプションの選択をお勧めします。これは、ユーザーの希望時にアプリをダウンロードすることができるので、帯域幅の節約と不必要なトラフィックの制限につながります。

    • [自動] - デバイス加入処理時に、デバイス上にあるカタログなどの展開 Hub にコンテンツが展開されます。デバイス加入後に、ユーザーが操作しなくても、Workspace ONE Intelligent Hub によってアプリが自動的にインストールされます。

      組織とそのモバイル ユーザーにとって最も重要なアプリである場合は、このオプションの選択をお勧めします。

    展開の開始日

    内部アプリ

    展開を開始する日時を設定します。

    [優先度] の設定により、どの展開を最初にプッシュするかが決まります。Workspace ONE UEM[有効日] の構成に従って展開をプッシュします。

    貴社ネットワークのトラフィックパターンを考慮に入れ、開始日には帯域幅を十分に確保できるようにしてください。

  4. [追加] を選択します。
  5. 割り当てが複数個ある場合、[上に移動] および [下に移動] を使用して、割り当ての順序を決定します。重要な割り当てをリストの一番上に移動します。この構成は [優先度] として表示されます。1 つのデバイスに複数の競合する展開が割り当てられている場合、[優先度] 設定が優先されます。
  6. [保存して公開] を選択します。

macOS ソフトウェア配布の更新の管理

macOS アプリケーションまたはソフトウェアを展開したら、展開したアプリケーションまたはソフトウェアを Workspace ONE UEM console で管理できます。新しいバージョンのファイルを UEM Console にアップロードすることで、更新を管理できます。

  1. [リソース] > [アプリ] > [ネイティブ] の順に選択します。
  2. 更新するアプリケーションを選択します。
  3. [詳細] 画面の右上にある [バージョン追加] を選択します。
  4. 新しいバージョンのインストーラと .pkginfo ファイルをアップロードします。
  5. 必要に応じて追加の変更を行い、[保存] を選択します。
  6. [保存して割り当て] を選択します。