[ユーザーがインストールしたアプリを MDM 管理対象にする] を Win32 アプリケーションに対して有効にすると、システムによってコマンドが処理されて、Win32 アプリケーションの管理が代行されます。Win32 アプリの管理代行には、一定の要件があります。

ユーザーがインストールした Win32 アプリケーションの考慮事項

[ユーザーがインストールしたアプリを MDM 管理対象にする] を Win32 アプリケーションに対して有効にすると、システムによってコマンドが処理されて、Win32 アプリケーションの管理が代行されます。Win32 アプリの管理代行には、一定の要件があります。

この機能は、以下の要件を満たすデバイスで動作します。

  • オプションを有効にした後に加入した、または割り当てられたデバイスで、過去に Win32 アプリをインストールしたことがない
  • オプションを有効にした後に加入した、または割り当てられたデバイスで、過去に Win32 アプリを 「ユーザーによるインストール」 の状態でインストールしたことがある

以下の条件に該当するデバイスでは、この機能によって管理代行プロセスはサポートされません。

  • オプションを有効にする前に加入した、または割り当てられたデバイスで、Win32 アプリを 「ユーザーによるインストール」 の状態でインストールしている
  • 従業員所有のデバイス。ユーザーが個人所有のデバイスを業務に利用している場合、それらのデバイスで Win32 アプリの管理を代行することはできません。

ユーザーがインストールした Win32 アプリケーション ワークフロー

[ユーザーがインストールしたアプリを MDM 管理対象にする] を Win32 アプリケーションに対して有効にすると、システムによってコマンドが処理されて、Win32 アプリケーションの管理が代行されます。

[ユーザーがインストールしたアプリを MDM 管理対象にする] が有効である場合は、インストール コマンドによって管理代行プロセスが開始されます。

注:

管理者がオプションを無効にした状態でユーザーがアプリをインストールした場合、システムは、そのアプリを 「ユーザーによるインストール」 としてマークします。

  1. Workspace ONE UEM が、公開後にすべての加入済みデバイスにインストール コマンドを送信します。
  2. デバイスが応答し、アプリのインストール コマンドが承諾されたことを確認します。
  3. システムが、Win32 アプリケーションに対する [ユーザーがインストールしたアプリを MDM 管理対象にする] が有効になっていて、管理者が管理を代行しているかどうかを確認します。
  4. システムがデバイス上でアプリを検索します。アプリケーションがすでにインストールされている場合は、システムによって、インストーラがアプリ管理キャッシュにダウンロードされます。この手順は、アプリの更新やアプリの削除などの管理タスクに必要です。
  5. アプリケーションがインストールされていない場合、構成された展開オプションに従ってシステムがアプリケーションをインストールします。
  6. デバイスは、アプリの状態を 「管理対象」 としてコンソールに報告します。