ソフトウェア配布を使用して Win32 アプリを展開するには、サポートされるファイル タイプ、OS、およびプラットフォームを使用します。

対応プラットフォーム

Win32 アプリケーションを展開するためのサポート対象プラットフォームは Windows デスクトップです。

サポートされているファイル タイプ

  • MSI
  • EXE
  • ZIP
    注: ZIP ファイルを使用する場合は、4 GB 以上のアプリケーション パッケージを 7-Zip を使用して圧縮します。Windows のネイティブ ZIP 圧縮によって圧縮されている、4 GB 以上のアプリケーション パッケージが含まれている ZIP パッケージは、 Workspace ONE UEM で圧縮解除されません。

CDN とファイル ストレージ システム

アプリケーションを展開するためにコンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用することはベスト プラクティスと考えられます。この方法には、ネットワーク内のデバイスやリモート デバイスにコンテンツを送信できる利点があります。また、ダウンロード時間を短縮し、Workspace ONE UEM サーバ上の帯域幅を削減することもできます。ただし、シナリオによっては、CDN が使用できないこともあります。そのような場合は、ファイル ストレージ システムを使用します。

ソフトウェア パッケージの展開を有効にする - SaaS 環境

ソフトウェア配布方式による Win32 アプリの展開を認識するように Workspace ONE UEM を構成します。

[ソフトウェア パッケージの展開] オプションを表示するため、Workspace ONE UEM で、環境に対して CDN を有効にします。[グループと設定] > [すべての設定] > [デバイスとユーザー] > [Windows] > [Windows デスクトップ] > [アプリ展開] の順に進み、[ソフトウェアパッケージの展開] を有効にします。

注: ご使用の環境で Workspace ONE UEM の IP アドレスがホワイトリスト化されている場合、CDN は動作しません。

ソフトウェア パッケージの展開を有効にする - オンプレミス環境

すべてのオンプレミス環境のお客様用の Workspace ONE UEM Console では、ソフトウェア配布がデフォルトで有効になります。お客様はデフォルトで、データベース内のアプリケーション用に最大 5 GB のストレージを利用できます。サイズの大きな Win32 アプリケーションを格納する場合は、ファイル ストレージ システムを使用できます。

アプリケーションを展開するためにコンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用することはベスト プラクティスと考えられます。このオプションは、他のサーバーの帯域幅を削減できるという利点があります。