ソフトウェア配布を使用して Win32 アプリを展開するには、サポートされるファイル タイプ、OS、およびプラットフォームを使用します。

対応プラットフォーム

Win32 アプリケーションを展開するためのサポート対象プラットフォームは Windows デスクトップです。

サポートされているファイル タイプ

  • MSI
  • EXE
  • ZIP
    注: ZIP ファイルを使用する場合は、4 GB 以上のアプリケーション パッケージを 7-Zip を使用して圧縮します。Windows のネイティブ ZIP 圧縮によって圧縮されている、4 GB 以上のアプリケーション パッケージが含まれている ZIP パッケージは、 Workspace ONE UEM で圧縮解除されません。

CDN とファイル ストレージ システム

アプリケーションを展開するためにコンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用することはベスト プラクティスと考えられます。この方法には、ネットワーク内のデバイスやリモート デバイスにコンテンツを送信できる利点があります。また、ダウンロード時間を短縮し、Workspace ONE UEM サーバ上の帯域幅を削減することもできます。ただし、シナリオによっては、CDN が使用できないこともあります。そのような場合は、ファイル ストレージ システムを使用します。

ソフトウェア パッケージの展開を有効にする - SaaS 環境

ソフトウェア配布方式による Win32 アプリの展開を認識するように Workspace ONE UEM を構成します。

[ソフトウェア パッケージの展開] オプションを表示するため、Workspace ONE UEM で、環境に対して CDN を有効にします。[グループと設定] > [すべての設定] > [デバイスとユーザー] > [Windows] > [Windows デスクトップ] > [アプリ展開] の順に進み、[ソフトウェアパッケージの展開] を有効にします。

注: ご使用の環境で Workspace ONE UEM の IP アドレスがホワイトリスト化されている場合、CDN は動作しません。

ソフトウェア パッケージの展開を有効にする - オンプレミス環境

すべてのオンプレミス環境のお客様用の Workspace ONE UEM Console では、ソフトウェア配布がデフォルトで有効になります。お客様はデフォルトで、データベース内のアプリケーション用に最大 5 GB のストレージを利用できます。サイズの大きな Win32 アプリケーションを格納する場合は、ファイル ストレージ システムを使用できます。

アプリケーションを展開するためにコンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用することはベスト プラクティスと考えられます。このオプションは、他のサーバーの帯域幅を削減できるという利点があります。

Win32 アプリケーション用ファイル ストレージ

Workspace ONE UEM powered by AirWatch の一部の機能では、処理とダウンロードのために専用のファイル ストレージ サービスを使用できます。これにより、データベースへの全体的な負荷が減り、パフォーマンスが向上します。手動でのファイル ストレージの構成はオンプレミスのお客様のみご利用いただけます。この機能は、SaaS 環境のお客様の場合は自動的に構成されます。これには、特定のレポート、社内アプリケーション展開、および Workspace ONE UEM の管理対象のコンテンツも含まれます。これらの機能のいずれかでファイル ストレージを有効にすると、他の機能にも自動的に適用されます。ファイル ストレージをセットアップすると、すべてのレポート、すべての内部アプリ、およびすべての管理コンテンツがそのストレージに保存されます。

コンソール バージョン 9.0.2 では、3 つの新しいレポートが追加されました。これらは既存のレポートと同じ外観ですが、バックエンドのフレームワークが改訂されています。この新しいフレームワークでは、レポートがより高い信頼性で生成され、ダウンロード時間が短縮されます。これらの利点を活かすためには、ファイル ストレージをセットアップする必要があります。

新しいレポートの詳細については、Workspace ONE UEM レポートの概要を参照してください。

ファイル ストレージを有効にすると、UEM Console でアップロードするすべての内部アプリケーション パッケージは、ファイル ストレージの場所に保存されます。

ファイル ストレージは、Win32 アプリケーション(IPA、PAK、APPX、MSI、EXE など)および macOS アプリケーション(DMG、PKG、MPKG など)を UEM console の [リソース] エリアから展開するために必要です。この機能は、ソフトウェア配布と呼ばれます。

Win32 のソフトウェア配布の詳細については、「Win32 アプリの配布」を参照してください。

macOS のソフトウェア配布の詳細については、「Software Distribution and Management」を参照してください。

管理コンテンツは、専用のファイル ストレージの場所に保存することで Workspace ONE UEM データベースから分離することができます。大量の管理コンテンツをアップロードすると、データベースのパフォーマンスに問題が生じる可能性があります。その場合、オンプレミスでご利用のお客様であれば、統合されたローカル ファイル ストレージ ソリューションに管理コンテンツを移動することで、データベースの領域を解放することができます。

管理コンテンツの詳細については、AirWatch 管理コンテンツ リポジトリを参照してください。

社内 Win32 アプリケーション用ファイル ストレージの構成

次の手順を実行し、内部アプリ用ファイル ストレージを構成します。この手順は、ソフトウェア配布を使用して Win32 アプリを展開している場合に実行する必要がありますが、構成後はすべての内部アプリケーションに適用されます。

データベースの容量を占めている管理コンテンツを持っているお客様に、Workspace ONE UEM では、専用のファイル ストレージを提供しています。ファイル ストレージをセットアップするには、場所とストレージ容量を決定し、ネットワーク要件を構成し、権限借用アカウントを作成する必要があります。開始する前に、次の前提条件を確認してください。

サーバからファイル ストレージに接続できることを確認します。

  1. すべての Console および DS ボックスからファイル パスに到達でき、ファイル ストレージの構成時に UEM console で定義したのと同じ権限借用資格情報を使用していることを確認します。
  2. DFS 共有を使用しており、FQDN を使用して FS パスが構成されている場合は、すべての Console および DS ノードからルートにアクセスできることが必要です。たとえば、ファイル ストレージで構成されているファイル パスが //india.vmware.com/MDM/FileStorage/ の場合は、DS がルート //india.vmware.com/ にアクセスできることを確認します。
内部ネットワークのサーバに共有フォルダを作成します。
  1. ファイル ストレージは、内部ネットワーク上の他の Workspace ONE UEM アプリケーション サーバと別のサーバにも同じサーバにも置くことができます。コンソール サーバやデバイス サービス サーバなどの、アクセスが必要なコンポーネントからアクセスできることだけが必要条件です。
  2. デバイス サービス サーバ、コンソール サーバ、共有フォルダをホスティングするサーバが同一のドメイン内にない場合は、サービス アカウントの構成時に <ドメイン\ユーザー名> の形式でドメインを指定する必要があります。認証の失敗を回避するために、ドメインの信頼を確立することもできます。
ネットワーク要件を構成します。
  1. Samba/SMB を使用している場合 – TCP:445、137、139。UDP:137、138
  2. NFS を使用している場合 – TCP および UDP:111 および 2049。

十分なディスク容量を割り当てます。

ストレージの具体的な要件は、ファイル ストレージをどのような目的で使用するかによって異なります。ファイル ストレージの場所には、使用する予定の内部アプリケーション、管理コンテンツ、またはレポートを保管できる十分な容量が必要です。以下の考慮事項について検討してください。

  1. 内部アプリケーションまたはコンテンツのキャッシュを有効にする場合のベスト プラクティスは、デバイス サービス サーバのサイズを、公開する必要があるすべてのアプリケーション/コンテンツの累積サイズの 120% にすることです。
  2. レポートを保存する場合、ストレージ要件はデバイスの数、毎日のレポートの数、およびレポートを削除する頻度に依存します。25 万台までのデバイスで毎日 200 件のレポートを実行する展開サイズの場合、開始時点で 50 GB 以上を割り当てる必要があります。これらの値は、貴社における展開を観察して得られる実際の量に基づいて調整してください。キャッシュを有効にする場合は、このサイズ設定をコンソール サーバにも適用します。
適切な権限を持つサービス アカウントを作成します。
  1. 共有ストレージ ディレクトリのドメインにアカウントを作成します。
  2. このローカル ユーザーには、ファイル共有パスに使用されるファイル共有に対する読み取り、書き込み、変更の権限を付与します。
  3. <domain\username> の形式でドメイン アカウントを指定して、Workspace ONE UEM でファイル ストレージのなりすましユーザーを構成します。
  4. 共有ストレージ ディレクトリがドメイン上にない場合は、ファイル ストレージ、コンソール、およびデバイス サービス サーバに使用されているサーバ上で、同一のローカル ユーザーとパスワードを作成します。この場合、<ユーザー名> の形式でローカル ユーザー アカウントを指定します。

グローバル組織グループでファイル ストレージを構成します。

  1. UEM コンソールで、ファイル ストレージ設定をグローバル組織グループのレベルで構成します。ファイル ストレージを有効にすると、ファイルを格納する外部リポジトリを構成できます。無効に設定すると、ファイルはデータベース内にバイナリ ラージ オブジェクトとして保存されます。
  1. 「グローバル」組織グループ レベルで、[グループと設定] > [すべての設定] > [インストール] > [ファイルパス] の順に進み、ページ下部までスクロールします。
  2. [[ファイル ストレージ有効化]] スライダを選択し、設定を構成します。
    設定 説明
    ファイル ストレージ パス 「\\{サーバ名}\{フォルダ名}」の形式で、ファイルを格納するパスを入力します。フォルダ名は、サーバ上に作成する共有フォルダの名前です。
    ファイル ストレージ キャッシュ有効化

    有効にすると、ダウンロードするファイルのローカル コピーが、キャッシュ コピーとしてデバイス サービス サーバに保存されます。その後、同じファイルのダウンロードは、ファイル ストレージからではなくデバイス サービス サーバから取得されます。

    有効にすると、ファイルは、最初のアクセス時に DS サーバ上でローカルにキャッシュされます。後続の要求は、ファイル ストレージの場所からストリーミングされるのではなく、DS サーバにキャッシュされたファイルを使用して提供されます。

    キャッシュを有効にする場合は、サーバに必要な容量に対応できるか検討してください。

    CDN と統合している場合、アプリおよびファイルは CDN プロバイダを通じて配信され、デバイス サービス サーバにローカル コピーは保存されません。詳細は、「VMware Workspace ONE UEM CDN Integration Guide」 (https://resources.air-watch.com/view/8cr52j4hm6xfvt4v2wgg/en) を参照してください。

    ファイルストレージのなりすまし有効化 適切な権限を付与されたサービス アカウントを追加するには、これを有効に設定します。
    ファイル ストレージのなりすましユーザー名 共有ストレージ ディレクトリへの読み取り権限と書き込み権限を取得するために有効なサービス アカウントのユーザー名を入力します。
    パスワード 共有ストレージ ディレクトリへの読み取り権限と書き込み権限を取得するために有効なサービス アカウントのパスワードを入力します。
  3. [接続のテスト] ボタンを選択し、構成をテストします。