Workspace ONE UEM powered by AirWatch から、MDM 展開のあらゆる側面を閲覧し管理することができます。弊社の管理者コンソールは、一元化された Web ベースのリソースで、ここから新しいデバイスとユーザーを貴社の展開に素早く簡単に追加し、プロファイルを管理し、システム設定を構成することができます。

セキュリティ設定と各種のインターフェイス機能(例:「はじめに」ウィザード、メニュー アイコン、フィードバックの送信、グローバル検索)について詳しく理解してください。

Workspace ONE UEM から収集された分析などの情報の VMware での取り扱いについては、https://www.vmware.com/help/privacy.html の VMware プライバシー ポリシーを参照してください。

サポートするブラウザ

Workspace ONE Unified Endpoint Management (UEM) コンソールでは、次の Web ブラウザの最新版の安定したビルドをサポートします。

  • Chrome
  • Firefox
  • Safari
  • Internet Explorer 11
  • Microsoft Edge

上記のウェブ ブラウザに関しては、包括的なプラットフォーム テストを実施し、動作確認を行っています。以前のバージョンのブラウザまたは認証されていないブラウザで UEM Console を実行すると、軽微な問題が発生する可能性があります。

注: UEM Console へのアクセスに IE を使用している場合、 [コントロール パネル] > [設定] > [インターネット オプション] > [セキュリティ] の順に進み、 [フォント ダウンロード] オプションを含むセキュリティ レベルまたはカスタム セキュリティ レベルが [有効にする] に設定されていることを確認してください。
表 1. 対応プラットフォーム
  • Android 4.0 以降
  • Tizen 2.3+
  • Apple iOS 7.0 以降
  • Windows デスクトップ (8/8.1/RT/10)
  • Apple macOS 10.9+
  • Windows 7(Windows 7 以上)
  • Chrome OS (最新バージョン)
  • Windows 高耐久性デバイス (Mobile 5/6 および Windows CE 4/5/6)
  • QNX 6.5+

これ以外のデバイスまたはオペレーティング システムに関しては、サポートが限定される場合があります。Workspace ONE への直接加入は iOS と Android デバイスのみでサポートされます。詳細については、『[Workspace ONE UEM Managing Devices]』ドキュメントの「[Workspace ONE への直接加入]」のトピックを参照してください。

詳細については、オンライン ヘルプ docs.vmware.com を検索するか、VMware のサポートに連絡して、各プラットフォームのガイドを参照してください。