iOS デバイスを管理するには、まず、Apple プッシュ通知サービス (APNs) 証明書を取得する必要があります。APNs 証明書は、Workspace ONE UEM powered by AirWatch が Apple デバイスと安全に通信し、UEM Console に情報をレポートできるようにします。

Apple Developer Enterprise Program では、APNs 証明書の有効期間は 1 年間です。その後も継続使用する場合は、更新手続きを行う必要があります。有効期限が近づくと、UEM コンソールからリマインダが送信されます。Apple Developer ポータルで証明書を更新すると、現在の証明書は失効します。これにより、新しい証明書をアップロードするまでデバイスを管理できなくなります。証明書が更新されたらすぐにアップロードできるように計画してください。また、本番環境とテスト環境を別々に構築している場合、環境ごとに別々の証明書を使用することを検討してください。

この図は、Apple の APNs サーバに通知を送信する UEM Console サーバを示しています。これにより、UEM Console サーバに応答するデバイスに通知を送信します。

APNs 証明書の有効期限

貴社の MDM 用の APNs 証明書の有効期限が迫っている際には、コンソールのヘッダーバーの通知ボタンでお知らせします。このように通知が届くことによって、ユーザーは適切に対処することができます。

詳細については、「Admin Console Notifications」を参照してください。