「割り当てグループ」とは、Workspace ONE UEM powered by AirWatch で管理グループ構造の分類として使用される包括的な用語です。組織グループ、スマート グループ、およびユーザー グループのそれぞれが、一連の機能を持っており、互いに区別されます。

それらのグループに共通している機能は、コンテンツをユーザー デバイスに手早く割り当てる際に使用することができるという点です。割り当てグループを使用することで、管理者は、これら 3 つのグループ構造を 1 か所で管理できるようになります。

[グループと設定] > [グループ] > [割り当てグループ] の順に進みます。

この割り当てグループ リスト表示のスクリーンショットは、3 種類のグループの一般的なリストと [スマート グループを追加] ボタンを示しています。

リスト表示を使用して、複数の組織グループ、スマート グループ、およびユーザー グループを、1 つ以上のプロファイル、パブリック アプリケーション、およびポリシーに割り当てることができます。

割り当てグループのリスト表示

割り当てグループ リスト表示には、コンテンツをデバイスに割り当てる機能をもつ、組織グループ、スマート グループ、ユーザー グループという 3 つのリストが含まれています。このリストから、貴社に関係のあるグループだけを抽出することができます。

[グループと設定] > [グループ] > [割り当てグループ] の順に進んで、割り当てグループのリスト表示を表示します。表示される割り当てグループは、管理者が現在属している OG によって管理されているものだけです。

割り当てグループ リスト表示:列で並べ替え

カラムのヘッダをクリックして、カラムごとにグループ リストを並べ替えることができます。

割り当てグループ リスト表示:グループのフィルタリング

[[グループ タイプ]](スマート グループ、組織グループ、およびユーザー グループ)を基準にしてグループにフィルタを適用することができます。また、[割り当て] の値 (「割り当て」、「除外」、「すべて」、「なし」) を基準にしてグループにフィルタを適用することもできます。

割り当てグループ リスト表示:リンクの選択

割り当てグループ リスト画面の以下の 4 つのカラムは重要な機能をもっています。

  • [グループ] カラムには、各 [スマート グループ] へのリンクが表示されています。このリンクを選択して、スマート グループを編集することができます。
  • [割り当て] カラムで 0 以外の値を選択した場合、「割り当てを表示」 画面が表示されます。割り当てられている組織グループとユーザー グループも表示されます。この画面から、プロファイル、パブリック アプリケーションと順守ポリシーへの割り当てを閲覧して確認することができます。詳細は、「割り当てを表示」を参照してください。
  • [除外] カラムで 0 以外の値を選択した場合、「割り当てを表示」 画面が表示されます。除外された組織グループとユーザー グループも表示されます。「割り当てを表示」 画面で、プロファイル、パブリック アプリケーション、および順守ポリシーに対する除外情報を閲覧および確認することができます。
  • [デバイス] カラムの数値を選択した場合、「デバイス リスト表示」 画面が表示されます。「デバイス リスト表示」 画面には、選択された組織グループ、スマート グループ、またはユーザー グループに属するすべてのデバイスが一覧表示されます。

1 つ以上の割り当てグループを割り当てる

複数のグループをデバイス プロファイル、パブリック アプリケーション、および順守ポリシーに割り当てることができます。組織グループ、スマート グループ、ユーザー グループといった異なるユーザー タイプから成る複数のグループを一度に割り当てることもできます。

パブリック アプリケーションを割り当てるには、さまざまなユーザーのグループにさまざまなアプリのポリシーを構成することができます。詳細については、docs.vmware.com にある「[VMware Workspace ONE UEM Mobile Application Management ガイド]」で、「[「柔軟な展開」機能を利用してアプリを割り当てる]」を参照してください。

  1. [グループと設定] > [グループ] > [割り当てグループ] の順に進みます。
  2. 1 つ以上のグループをリストから選択し、カラム ヘッダの上に表示される [割り当て] を選択します。

    この割り当てグループのスクリーンショットは、1 つ以上のグループを選択したときに表示される [割り当て] ボタンを示しています。

  3. [割り当て] 画面には、選択した [組織グループ][スマート グループ][ユーザー グループ] が表示されます。
  4. それらのグループを割り当てたい [プロファイル][パブリック アプリケーション][順守ポリシー] を検索します。10 件のプロファイル、10 個のアプリケーション、および単一の順守ポリシーを選択することができます。

    1 つのセッションで複数のものを選択できますが、タイプは 1 つに限られます。たとえば、1 つのコマンドで複数のグループを最大 10 件のプロファイルに割り当てることができます。ただし、1 つのコマンドで複数のグループを 10 件のプロファイルと 10 個のアプリケーション、[および]単一の順守ポリシーに割り当てることはできません。複数のタイプに複数の割り当てを行いたい場合は、タイプ (プロファイル、アプリケーション、およびポリシー) ごとに別々に割り当てを行う必要があります。

  5. [次へ] をクリックすると [デバイス割り当て表示] 画面が開きます。グループ割り当てを確認します。
  6. [[保存して公開]] を選択し、割り当てを確定します。