多数のユーザーを Workspace ONE UEM に追加する場合、ユーザーとユーザー グループをバッチ作成することや、ユーザーとユーザー グループをディレクトリ サービスからバッチ インポートすることができます。

バッチ インポートの実行とは、コンマ区切り値形式で提供されるテンプレートを作成することです。貴社独自のデータを入力し、完全なテンプレートをアップロードします。
注: ダウンロード可能なテンプレート ファイルは、 Workspace ONE UEM Console から提供され、必要なバッチ インポートのタイプに固有であり、各タイプ内に用意されます。下のリンクから選択すると、該当するダウンロードを利用するために必要な Workspace ONE UEM Console 内の特定のナビゲーション パスが表示されます。

外部 LDAP および AD ユーザー ディレクトリ内の変更

ユーザー、ユーザー グループのバッチ リストをアップロードした後は、貴社の外部 LDAP および AD ユーザー ディレクトリにおける変更内容は、Workspace ONE UEM に反映されません。これらのユーザーとユーザー グループの変更は、手動で更新するか、または新しいバッチとしてアップロードしてください。

ユーザーおよびデバイスをバッチ インポートする

複数のユーザーとデバイスを Console にバッチ インポートできます。[バッチの状態] ページにアクセスして、バッチ ジョブの状態を確認することもできます。[アカウント] > [ユーザー] > [バッチの状態] の順に進みます。

[バッチの状態] 画面には、要求したすべてのバッチ インポート ジョブのリスト(ジョブの状態を含む)が表示されます。

ユーザーまたはデバイスのバッチ インポートを開始するには、次の手順を実行します。

  1. [アカウント] > [ユーザー] > [バッチの状態] または [デバイス] > [ライフサイクル] > [加入状態] > [追加] の順に進み、[バッチ インポート] を選択します。
  2. [バッチ名][バッチの説明] などの基本情報を入力します。
  3. 該当するバッチ タイプを [バッチ タイプ] ドロップダウン メニューから選択します。
  4. 実行するバッチ インポート処理の種類に最も適したテンプレートを選択し、ダウンロードします。以下から選択します。
    • [拒否リスト デバイス] – IMEI、シリアル番号、または UDID を使用して、既知の非順守デバイスのリストをインポートします。拒否リスト デバイスを加入させることはできません。拒否リスト デバイスを加入させようとすると、自動的にブロックされます。
    • [許可リスト デバイス] – IMEI、シリアル番号、または UDID を使用して、承認済みデバイスをインポートします。既知の信頼済みデバイスのリストをインポートするには、このテンプレートを使用します。デバイスに関連付けられている所有形態とグループ ID は、加入時に自動適用されます。
    • [[ユーザーまたはデバイス (あるいはその両方)]] - CSV テンプレートの種類として、[[シンプル]] または [[高度]] を選択します。「シンプル」 テンプレートには、使用頻度の高いカラムだけがあります。「高度」 テンプレートには、すべてのカラムがあります。
    • [組織グループの変更] – ユーザーを別の組織グループに移動します。
  5. CSV ファイルを開きます。ユーザーが加入組織グループに属しているかどうかを確認します。

    この CSV ファイルには [[ユーザーを追加/編集]] 画面に表示されるフィールドに対応するカラムがあります。CSV テンプレートを開くと、テンプレートの各カラムにサンプル データが追加されています。サンプル データには、必要なデータとそのデータを表すために必要な形式が示されます。サンプル データによって示された形式から外れないようにしてください。

    注: CSV ファイル(コンマ区切り値)は、拡張子が「TXT」から「CSV」に変更された単なるテキスト ファイルです。表形式データ(テキストと数字)を書式なしテキストで格納します。ファイルの各行は、データ レコードです。各レコードは、カンマで区切られた 1 つまたは複数のフィールドで構成されます。任意のテキスト エディタで開いて編集できます。また、Microsoft Excel で開いて編集することもできます。
  6. [グループと設定] > [すべての設定] > [デバイスとユーザー] > [全般] > [加入] の順に進み、[グループ化] タブを選択します。

    ディレクトリベースの加入の場合、各ユーザーの [セキュリティ タイプ][ディレクトリ] に設定します。

    [結果:][グループ ID 割り当てモード][既定] が選択されている場合、ユーザーは加入組織グループに属しています。

  7. 貴社組織のユーザーのデータを入力します。デバイス情報がある場合は、デバイス情報も入力します。ファイルを保存します。
  8. 「バッチ インポート」 画面に戻り、[ファイルを選択] を選択し、データを入力した CSV ファイルを探してアップロードします。
  9. [[保存]] を選択します。

ユーザー グループをバッチ インポートする

時間を節約するため、複数の LDAP (Lightweight Directory Access Protocol) または AD (Active Directory) ユーザー グループを Workspace ONE UEM Console にバッチ インポートできます。利用できるテンプレートを完成させて、アップロードすることで、個々のユーザーの場合と同じ方法でユーザー グループをバッチ インポートできます。

  1. [アカウント] > [ユーザー グループ] > [リスト表示] の順に進み、[追加] を選択します。
  2. [バッチインポート] を選択します。
  3. Workspace ONE UEM Console で、[[バッチ名]][[バッチの説明]] などの基本情報を入力します。
  4. [バッチ ファイル (.csv)] の下で [ファイルを選択] ボタンを選択して、作成済みの CSV ファイルを指定してアップロードします。
  5. または、[このバッチ タイプ用のテンプレートをダウンロードする] のリンクをクリックして CSV (コンマ区切り値) 形式ファイルを保存し、新しいインポート ファイルの準備に利用します。
    • CSV ファイルを開きます。このファイルには、[ユーザー グループを追加] 画面に表示される各フィールドに対応するカラムがあります。アスタリスクのついた項目は必須です。データを入力する必要があります。ファイルを保存します。
    • CSV ファイル内の末尾のカラム見出しは "GroupID/Manage(Edit and Delete)/Manage(Users and Enrollment)/UG assignment/Admin Inheritance" です。このカラム見出しは、[ユーザー グループの編集] 画面の [権限] タブのフィールドに対応しており、また、このタブのロジックに従っています。詳細については、ユーザー グループ権限の編集 を参照してください。
  6. [インポート] を選択します。
  7. バッチ インポートが正常に完了しなかった場合は、[アカウント] > [バッチの状態] の順に進み、エラーを閲覧してトラブルシューティングを行います。特定のバッチ インポート エラーを表示するには、[エラー] リンクをクリックします。

ベーシック ユーザーをバッチ インポートで編集する

バッチ インポート機能を用いて、ユーザーを、ユーザー単位ではなくグループ単位で編集し移動させることもできます。この手順を実行するには、ユーザーが Workspace ONE UEM に存在している必要があります。CSV ファイル内の次のカラム値を編集し、バッチ インポート機能を利用してこのファイルをアップロードします。

バッチ インポート処理の一部としてアップロードする CSV ファイルの特定の列を変更することで、一度に 1 つではなく、グループ単位でユーザーの編集および移動を行えます。このような列の操作は、基本的なユーザー認証と、認証プロキシの 2 種類のユーザー認証にのみ適用されます。

  • パスワード (ベーシックのみ)
  • ミドルネーム
  • メール アドレス
  • 電話番号
  • 携帯電話番号
  • 部門
  • Eメール ユーザー名
  • Eメール パスワード
  • 承認された組織グループ (対応するグループ ID とその下位のみ)
  • 加入ユーザー カテゴリ (ユーザーからアクセス可能なカテゴリを設定してください。そうでない場合、0 に設定されます)
  • 加入ユーザー ロール (ユーザーからアクセス可能な役割を設定してください。そうでない場合、組織グループの既定役割が設定されます)

このようなユーザー基本情報編集は、ベーシック ユーザー認証 および 認証プロキシ にのみ適用されます。

バッチ インポートを使用してユーザーを組織グループ間で移動する

バッチ インポートは、異なる組織グループに複数のユーザーを移動する場合に使用できます。

  1. バッチ インポート画面から、Workspace ONE UEM Console で使用するバッチ名、バッチの説明を含む基本情報を入力します。
  2. テンプレート リストで [組織グループの変更] を選択し、CSV ファイルを、アクセス可能な場所に保存します。
  3. ユーザーの現在の組織グループの [グループ ID]、移動するユーザーの [ユーザー名]、および、移動先組織グループの [ターゲット グループ ID] を入力します。
  4. バッチ インポート画面に戻り、[ファイルを選択] をクリックし、保存した CSV ファイルをアップロードして [開く] をクリックします。
  5. [[保存]] を選択します。