セルフ サービス ポータルの [マイ デバイス] 画面から、デバイスの詳細情報にアクセスしたり、多様な操作を Workspace ONE UEM powered by AirWatch で実行したりすることができます。

閲覧可能なタブと実行可能な操作は、デバイス プラットフォームにより異なる場合があります。該当するプラット フォーム ガイドを参照してください。この文書の入手方法については、docs.vmware.com を参照してください。

SSP の言語を選択する

セルフサービス ポータルは、ブラウザの既定言語を使用して表示するように設定されています。ログイン画面の [言語を選択] ドロップダウン メニューで既定設定を上書きすることもできます。

SSP にログインする

エンド ユーザーは、Workspace ONE UEM に加入する際に使用したものと同一の資格情報([グループ ID][ユーザー名][パスワード])を使用してログインします。

SSP のパスワードを変更する

[アカウント] 画面を使用して、Workspace ONE UEM アカウントに関連付けられているパスワードを変更します。このパスワードは、デバイスの加入および SSP へのログインに使用されます。

セルフサービス ポータル画面の右上にある [アカウント] ボタンを選択して、パスワードを変更します。[ユーザー アカウント] 画面で、[現在のパスワード] 項目の横に表示される [変更] ボタンを選択します。

注:

デバイスのエンド ユーザーが SSP にログインして、有効期限が切れる前に共有デバイス パスコードを変更した場合は、エンド ユーザーを管理している組織グループの有効期限ではなく、共有デバイスに関連付けられている組織グループの有効期限がこの新しいパスコードで使用されます。

たとえば、最上位に「Parent」があり、その下に「Child」がある組織グループ構造があるとします。エンド ユーザー アカウントは「Parent」で管理されており、「Parent」のパスコードの有効期限は 90 日後であるとします。また、共有デバイスは「Child」で管理されており、「Child」のパスコードの有効期限は 30 日後であるとします。このシナリオで、エンド ユーザーがセルフ サービス ポータルにログインし、有効期限が切れる前に共有デバイス パスコードを変更すると、新しいパスコードの有効期限が 90 日後 (Parent) から 30 日後 (Child) に変更されます。

回避策としては、ユーザーを管理している組織グループで共有デバイス パスコードを構成するようにします。

管理者が Workspace ONE UEM Console[ユーザーを追加/編集] 画面でエンド ユーザーの共有デバイス パスコードを変更した場合は、エンド ユーザーを管理している組織グループの有効期限が正しく使用されます。

SSP でデバイスを選択する

SSP にログインすると、アカウントに関連付けられたすべてのデバイスが [マイ デバイス] 画面に表示されます。個々の加入デバイスは、[セルフサービス ポータル] 画面上部の各タブに表示されます。閲覧/管理したいデバイスを表示しているタブを選択します。

デバイス状態は、タブのデバイス名の下に表示されます。デバイス状態には、[検出済み][加入済み][加入保留中][加入解除]、そして [企業情報ワイプ保留中] があります。

デバイスを SSP に追加する

セルフサービス ポータルから直接デバイスを追加することができます。

  1. [マイ デバイス] 画面の [デバイスを追加] を選択します。
  2. 必須項目の [フレンドリ名][プラットフォーム][デバイス所有形態]、および[メッセージ タイプ]を入力します。
  3. [保存] をクリックして新しいデバイスを SSP アカウントに追加します。
    注: 新しく追加されたデバイスの状態は、完全に加入が行われるまで 「加入保留中」 と設定されます。

SSP でのデバイス情報

ユーザーが SSP にログインすると、主要なデバイスがメイン ビューアに表示されます。メインの画面には、[加入日][最終検出日]、デバイス [状態] といった基本情報が表示されます。

[詳細に進む] ボタンを選択すると、選択したユーザー アカウントの下に選択したデバイスの関連情報を含むタブが表示されます。

  • [概要] – 順守、プロファイル、アプリ、コンテンツ、フレンドリ名、アセット番号、UDID 番号、Wi-Fi MAC アドレスの概要情報を表示します。
    • デバイスのフレンドリ名は、[概要]タブの画面で [フレンドリ名] テキスト ボックスの右側にある編集アイコンを選択して直接編集することができます。
    注: [デバイスの概要] のユーザー ロールリソースにより、SSP の [概要] タブで表示される項目が変わります。 [デバイスアプリ][デバイス順守] または [デバイスプロファイル] などで無効に設定されたリソースの影響で、ユーザーの画面から一部の情報が非表示になっている場合は、対応する [概要] タブ上の対応する情報も通常は非表示になります。ユーザー ロールと管理者ロールのリソースを制限する手順の詳細については、 新しいユーザー ロールの作成 および 管理者ロールを作成する を参照してください。
  • [順守] – デバイスに適用された順守ポリシーの名前とレベルを含む、デバイスの順守状態に関する情報を表示します。
  • [プロファイル] – ユーザー アカウントの加入デバイスに送信されたすべての MDM プロファイルを表示します (自動プロファイルを含む)。このタブには各プロファイルの状態も表示されます。
  • [アプリ] – 選択したデバイスにインストールされているすべてのアプリケーションを表示し、アプリケーションの基本情報を提供します。
  • [セキュリティ] – ユーザー アカウントで加入した特定のデバイスに関する一般的なセキュリティ情報を表示します。