[ユーザー グループ リスト表示] ページには、ユーザー グループの閲覧/融合/削除、不明ユーザーの追加、ユーザー グループの同期など、ユーザー グループの一般的なメンテナンスや維持にとって便利なツールがあります。

[アカウント] > [ユーザー グループ] > [リスト表示] の順に進みます。

この画面から、最も重要な基準に基づいてユーザー グループのリストを素早くカスタマイズすることができます。新しいユーザー グループを個別にまたは一括で追加することもできます。

操作 説明

フィルタ

以下のフィルタを使用し、必要なユーザー グループのみ表示します。

  • ユーザー グループの種類
  • 同期状態
  • 融合状態
追加  

ユーザー グループを追加します。

ディレクトリベースのユーザー グループまたはカスタム ユーザー グループのいずれかを 1 つ追加します。

バッチ インポート

新しいデバイス プロファイルを CSV ファイルを使用して一括インポートします。一意の名前および説明を入力して、一度に複数のユーザー グループを整理できます。
カラムの並べ替えとサイズ変更 「リスト表示」 の中で並べ替えができるカラムは、「グループ名」、「最終同期日」、「ユーザー」 および 「融合状態」 です。幅を変更できるカラムは、「グループ名」と「最終同期日」です。
詳細表示 「詳細表示」 でユーザー グループ基本情報を表示するには、[グループ名] カラムのリンクを選択します。ユーザー グループ基本情報の内容は、グループ名、グループ タイプ、外部タイプ、マネージャ、およびユーザー数です。[詳細表示] の [グループ化] タブで、[すべての設定] > [デバイスとユーザー] > [全般] > [加入] と進むと、グループ マッピング設定へのリンクが表示されます
エクスポート () フィルタ適用なしまたはフィルタ適用済みの [リスト表示] 全体の XLSX または CSV(コンマ区切り値)ファイルを保存します。どちらのファイル形式も MS Excel で表示して分析できます。

[ユーザー グループ リスト表示] のユーザーの左側には、選択チェック ボックスと [編集] アイコンがあります。[編集] アイコン( 編集アイコンは灰色の鉛筆のようになります)を選択し、ユーザー グループに基本的な変更を加えることができます。ユーザー グループに対して一括アクションを実行するには、1 つ以上のグループを選択します。選択したユーザー グループに対するアクション ボタンが表示されます。

ユーザー グループのその他のアクション

必要な数のチェック ボックスを選択し、必要なユーザー グループをすべて選択できます。そうすることにより利用可能なアクション ボタンが変わります。それらのアクションは、複数のユーザーとそれぞれのデバイスに適用されます。

操作 説明
[同期] 最近追加されたユーザー グループのユーザーを一時テーブルにコピーし、自動的に行われるようスケジュールされた Workspace ONE UEM および Workspace ONE Express による Active Directory 同期が実行される前に手動で同期します。
注: ユーザー属性の同期プロセスは、重複するユーザーが検出されても続行されます。このような同期失敗が発生すると、トラブルシューティング用に、DuplicateUserSyncFailure と呼ばれるコンソール イベント ログにエントリが作成されます。この、および他のコンソール イベント ログ エントリを確認するには、 [モニタ] > [レポートおよび分析] > [イベント] > [コンソール イベント] の順に進みます。
[ユーザーを表示する] [ユーザー グループ メンバー] 画面が表示されます。この画面で、選択したユーザー グループ内のすべてのメンバーのユーザー名を確認できます。
[その他のアクション]  

[閲覧と融合]

一時的なユーザー グループに最近追加されたユーザーの追加または削除と閲覧を行います。この表に表示されるユーザー グループ ユーザーは、Workspace ONE UEM および Workspace ONE Express での自動のユーザー グループ同期が行われるまで待機します。

[不明ユーザーを追加]

一時的なユーザー グループの表を Active Directory の表と組み合わせ、ユーザー グループに新しいユーザーを正式に追加します。

[削除]

ユーザー グループを削除します。