Workspace ONE UEM で iOS デバイスを管理できるようにするには、まず APNs 証明書を生成して、iOS デバイスと Workspace ONE UEM Console 間の安全な通信を有効にして維持する必要があります。

[はじめに] ウィザードの手順を実行するか、次の手順に従って新しい APNs 証明書を手動で生成できます。

手順

  1. [グループと設定] > [すべての設定] > [デバイスとユーザー] > [Apple] > [MDM 用の APNs] の順に進みます。
  2. [新しい証明書を生成] ボタンを選択します。
    手順 1 の [署名を要求] に移動します。
  3. リンク「MDM_APNsRequest.plist」を選択して、PLIST ファイルを保存する場所を選択します。このファイルは、次の手順で Apple にアップロードする必要があります。
  4. [説明] リンクには、Apple Push Certificates Portal から証明書の要求をアップロードする方法が説明されています。この画面には [Apple のサイトを開く] ボタンがあり、クリックすると、Apple Push Certificates Portal をブラウザの新しいタブで開きます。
  5. 以下の 2 つのアイテムが必要になります。
    1. Workspace ONE UEM 証明書要求。これはデバイスに保存した PLIST ファイルです。
    2. 会社の MDM 専用にする必要がある会社の Apple ID。提供されたリンク(ここをクリックします)を選択して、Apple ID の作成を続行します。これにより、ブラウザで新しいタブが開きます。
  6. [[次へ]] をクリックして次の画面に進みます。[Apple ID] を入力し、[Apple 社発行の Workspace ONE UEM MDM 証明書](PEM ファイル)をアップロードします。
  7. [[保存]] を選択します。

結果

APNs 証明書が生成されました。

次のタスク

既存のハイパーテキスト転送プロトコルのメジャー リビジョンである HTTP/2 プロトコルを使用した APN 証明書の接続を確認します。詳細は、 HTTP/2 経由の APNs 接続の確認 を参照してください。