スケジューラ タスクを構成するには、個々のタスクの頻度を編集するか、タスクを無効にします。各タスクの内容については、次の表を参照してください。

スケジューラ タスク 説明
Hub パッケージ プロセス リポジトリ WinMo Hub パッケージのパッケージ リポジトリ ディレクトリを監視し、データベースにプルします。
Android Work Google デバイス ID 検証ジョブ Android に加入すると、サーバは Google で生成された デバイス ID を待機し、アプリケーションの割り当てを開始してプッシュできるようにします。この ID の取得には数分の遅延が発生します。また、このスケジューラは、新しい加入済みデバイスで更新されている ID の有無を確認し、更新されている ID が存在する場合はアプリケーションの同期プロセスを開始します。
アプリのエンド ユーザー使用許諾契約書の更新通知 アプリのエンド ユーザー使用許諾契約書 (EULA) の承認が保留されており、通知を送信するすべてのデバイスのアカウント。最終通知が送信されると、アプリがデバイスから削除されます。
有効期限のプロファイルを自動更新 証明書認証局で構成された更新猶予期間内に期限切れになった証明書を確認して更新します。
Googleパスワードを自動変更 Google Sync との連携用にパスワードのプロビジョニングとパージングを行います。
BitLocker リカバリ キーのローテション ジョブ プロファイルで構成された値に基づいて BitLocker の管理者リカバリ キーを変更します。
コマンド公開バッチジョブ
Console 通知 管理者の通知リストに新しい通知が追加されているかどうかを確認します(例:APN の期限切れ通知)。これらの通知は管理者コンソールに表示され、管理者に E メールで送信されます。
更新をトラッキングする、デバイス ベースの VPP アプリ デバイス ベースのライセンスと自動更新が有効になっている組織グループの VPP アプリケーションを確認します。これにより、VPP 自動更新スケジューラ ジョブによって使用されるリストでアプリケーションが追加または削除されます。
デバイス登録プログラム更新 Apple からの同期コマンドを開始し、特定の組織グループの DEP トークンにおいて追加および削除されたデバイスを送信して、レコードを更新します。
メール パスワード削除 Workspace ONE UEM データベースから E メール用に生成された Google パスワードを削除します。
ファイル暗号化移行 [すべての設定] > [管理者] > [ストレージ] の設定に基づいて、ファイル ストレージに格納されているコンテンツを暗号化または復号化します。
アプリケーションのオンデマンド インストール VPP 招待の承諾時に Apple VPP アプリケーションのインストールがトリガされ、また失敗した対象となる Apple VPP アプリケーションのインストールがトリガされます。
リスト表示のエクスポート 管理者からデバイスまたはユーザー リスト表示のエクスポートが要求されているかどうかを確認します。エクスポートが要求されている場合は、バックグラウンド ジョブを非同期で実行するようにスケジュール設定します。バックグラウンド ジョブが完了すると、リスト表示のエクスポートをダウンロードできます。
MDM アプリケーション リスト サンプル 「MDM アプリ」としてマークされているアプリケーションのステータスをすべてのデバイスから収集します。IOS アプリとデバイスにのみ適用されます。スケジューラはデフォルトでオフになっており、機能をリクエストした場合のみ有効になります。
MDMライセンスカウント更新 デバイスの加入数をチェックし、ライセンス数を更新します。製品の使用状況の追跡に使用されます。
ベンダーとのピアツーピア ライセンス調整 有効期限が近づいているすべてのピア配布サーバ ライセンスを特定し、Adaptiva クラウド ライセンス サービスとの通信によりライセンスを更新し、更新されたライセンス キーをピア配布サーバに配布します。
ピア配布ソフトウェア通知ジョブ 最新バージョンがインストールされていないすべてのピア配布サーバを特定し、管理者に通知して更新を求めます。
プロファイル公開一括ジョブ

プロファイルは CA の公開を行い、Tunnel プロファイルはプロファイル公開一括ジョブによりバッチで保留ステータスとなっているインストール プロファイル コマンドをキューに追加します。

UEM Console で構成された設定(オンプレミス環境の場合は、[設定] > [インストール] > [パフォーマンス チューニング])に基づいてバッチとバッチ サイズを選択します。

削除用パージマーク済 このジョブは、削除対象としてマークされているリポジトリ配下のリポジトリ/フォルダ/ファイルを削除します。
フィードバックサービスをクエリ Apple のフィードバック サービスで、失敗した APN コマンドの状態と原因を確認します。
デバイスコマンドをキューにもう一度入れる Windows デバイスにのみ適用可能です。アプリケーションのインストールに失敗したデバイスを特定し、インストールを再試行します。再試行回数と次回の試行までの間隔は、パフォーマンス チューニング設定の [アプリ インストール再試行失敗回数の上限] と [アプリケーションインストール失敗の再試行間隔] の値によって特定されます。
順守エンジンを起動

スケジューラ ジョブは、次のような状況でコンプライアンスを評価します。

  • 順守ポリシーは加入後に作成されます。
  • 後続の変更は、順守ポリシーに対して加えられます。
  • スマート グループに加えられた変更
  • デバイスによる組織グループの移動
  • アプリ グループに加えられた変更
  • 特定のテレコム ベース順守ポリシーが有効状態
  • Apple テンプレートが使用されている
S/MIME 証明書のクリーンアップ 保持期間が過ぎたすべての SMIME 証明書を確認して削除します。
スケジュールされたアプリケーションのバッチ リリース [スケジュールされたアプリケーションの公開] ジョブによって作成および保持される内部アプリケーションのインストール コマンドのリリースに使用されます。キューに登録されたアプリケーション バッチを選択します(ラウンドロビン)。パフォーマンス チューニング セクションの構成済み [バッチ サイズ] テキスト ボックスを使用してデバイス リストを計算します。バッチのインストール コマンドをリリースします。
スケジュールされたアプリケーションの公開 有効な新しい割り当てに基づいた内部アプリケーションのインストールと削除のトリガに使用されます。インストール コマンドの保留バッチを作成します。即時リリースの削除コマンドを作成します。
アプリをアプリ スキャン ベンダーに送信 デバイス全体にインストールされているアプリケーションの固有のリストを、構成済みのアプリケーション スキャン ベンダーに送信します。
VPP 招待状とアプリを送信する ユーザー ベースの VPP アプリが割り当てられているユーザーを確認し、E メールまたはデバイス通知を送信して Volume Purchase Program のユーザー ベースのライセンスに参加するようにユーザーまたはデバイスを招待します。
サーバ処理タスク タイム スケジュール プロファイルを処理します。ジョブは構成された間隔で実行され、タイム スケジュール プロファイルに対して構成された期間に従って、プロファイルのインストールまたは削除のアクションを実行します。
代理加入コマンド データ処理ジョブ [デバイス リスト表示] ページからの一括コマンド処理のスケジュール設定に使用されます。
Chrome OS デバイスを同期 Google から新しい Chrome OS の加入を取得し、Workspace ONE UEM で対応するデバイス レコードを作成します。
ディレクトリ グループを同期する ディレクトリをクエリして、同期されたディレクトリ グループのすべてのメンバーを取得します。UserGroupEnrollmentUserMapSync テーブルのグループに属しているユーザーを格納します。UserGroupEnrollmentUserMapSync テーブル内の識別名 (DN) やその他一意の属性を用いて、これらのユーザーを Mobilemanagement.EnrollmentUser テーブルと比較します。グループで [不明ユーザーを追加] が有効になっており、その DN を持つユーザーが存在しない場合、ユーザーの ExternalID でユーザーの詳細が AD から取得され、Mobilemanagement.EnrollmentUser テーブルに格納されます。
ディレクトリユーザー属性および管理者属性を同期する ディレクトリをクエリして、ExternalID に基づいてユーザー属性を同期します。
外部コンテンツを同期する MCM コンソールで管理者ユーザー認証情報が設定されているすべてのリポジトリの管理リポジトリ メタデータを同期します。
MEM デバイスリソース ID ジョブを同期 Google デバイス レコードを Workspace ONE UEM と同期して、新しい加入やモバイル メール構成の承認を行います。
テレコム割り当てプラン/ロールアップ使用量 管理者がテレコム追跡を有効にしているデバイスの使用量制限を計算します。レポートの実行、ダッシュボードの表示、テレコムの正確なリスト表示に必要です。
一時セッション キーのクリーンアップ ダウンロード済みの構成ファイルで管理者指定のパスフレーズを暗号化するために使用される一時的な暗号化キーをクリアします。このキーはデータベースから削除され、48 時間のキー ローテーション ウィンドウを過ぎると構成ファイルからパスフレーズを取得できなくなります。
VPP 自動更新 iTunes を確認して、[更新をトラッキングする、デバイス ベースの VPP アプリ] ジョブで作成されたリストから VPP アプリケーションの最新バージョンを取得します。各アプリケーションの確認は 24 時間ごとに行われます。利用可能な更新がある場合、ジョブは割り当てられたデバイスに対して更新コマンドを開始します。
VPP ライセンスを取り消し ライセンスが関連付けられていても、対応する割り当て済みアプリケーションがないユーザーを確認します。次に、ユーザーからライセンスの取り消しコマンドを発行してライセンスとの関連付けを解除し、ライセンスを再利用できるようにします。
ワークフローサービス App Store の制限とともに使用します。この制限を有効にした場合、一度に 1 つのアプリケーション ワークフローのみ有効です。アプリケーションのインストールに問題がある場合は、15 分後に削除され、次のインストールが開始されます。
パージ ジョブ

孤立したアプリケーション BLOB をファイル ストレージから削除し、また CDN が構成されている場合は CDN の発信元サーバを削除します。

期限切れの SDK アプリケーション ログ ファイルをデータベースから削除します。アプリケーション ログ ファイルは、デフォルトで 14 日ごとに期限切れになります。

ファイル ストレージが構成されている場合は、アプリケーション バイナリ BLOB をデータベースからファイル ストレージに移動します。

ファイル ストレージが構成されている場合は、有効期限が切れていない SDK アプリケーション ログ ファイルをデータベースからファイル ストレージに移動します。

グローバル組織グループのデータは、BLOB 削除に対して加えられた変更の影響を受けることはありません。スケジューラはデフォルトで 24 時間ごとにトリガされ、データベースからの 2 GB のデータ処理または 2 時間の積極的なタスクの実行が可能です。